サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お知らせ

本ブログを訪問いただき、ありがとうございます。

最近更新が滞りがちですが、記事にしたいネタは多々あるわけでして・・・。

ぼちぼちと埋めていきつつ、新しい話題があれば順次更新していきたいと思いますので、時折のぞいていただければ幸いです。

ちなみに、Twitterは比較的更新頻度が高いので、見ていただければ幸いです。
@miyap720314

引き続き、よろしくお願いします。

2023年11月26日 (日)

市民の「第九」コンサート2023 ファイナル演奏会

今夕はNiterra日本特殊陶業市民会館で「市民の『第九』コンサート」を鑑賞してきました。

20231126_153757


このコンサートには、1996年以来23回合唱者として舞台に立ってきましたが、今年は転勤のため叶いませんでした。

タイトルのとおり、長年続いてきたこのコンサートは今年で最後となりました。
コンサートの終了は3月に来た合唱団募集の案内で予告されており、参加したい気持ちは強かったものの、転勤では練習にも参加できないので、残念ながらあきらめざるを得ず。
その代わり、絶対に会場へ聴きに行くぞと、スケジュールを空けた次第です。

第九はフィナーレにふさわしい良い仕上がりだったと思います。聴けてよかったと思いますが、やっぱり舞台に立ちたかったな、というのも正直な思いです。



さて、何事もいつか終わりは来るものですが、「市民の『第九』」は、市民参加型の文化的な一大イベントだっただけに、維持できなかったのは極めて残念です。

11月23日に中日新聞の記事が出ており、要因にスタッフの高齢化が挙げられていましたが、一番は名古屋市の文化行政の貧困さというか、熱のなさではないかと思います。名古屋市の方にこのコンサートの意義を理解している人がいなくなってしまった、ということでしょう。同じく中日新聞の記事には、名古屋市の支出がピーク時の400万円から、今年は80万円(要するに5分の1)になったとも載っていましたし。


せめてもの救いを探すならば、コロナ禍で2020年・2021年と2年連続して中止(2020年は募集はしたものの早々に中止決定、2021年は練習は始まったものの、夏場にコロナ禍の波が来て中断し、そのまま中止)となってもそのまま終わらず、去年今年と2回開催できたことでしょうか。これは関係者の努力というか、意地が実ったのだと思っています。


私が初参加したのは1996年で、それ以来30年近くになります。2度ほど仕事が忙しいなどの理由で練習に参加できなさそうになかった年は断念しましたが、我ながらよく続けてこられたなと。間違いなく私の人生を彩ってきたものでした。

悔しさもありますが、これまで運営にあたった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

20231126_193415


<市民の「第九」コンサート2023 ファイナル演奏会>

★当日配布のプログラムより


【プログラム】

フランソワ=アドリアン・ボワエルデュー作曲
喜歌劇「バグダッドの太守」序曲

ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」


【演奏】

指揮:下野竜也

管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

独唱:ソプラノ 金原聡子

   メゾソプラノ 大田亮子

   テノール 錦織 健

   バス 伊藤貴之 

合唱:市民の「第九」コンサート2023特別合唱団

2023年1月 7日 (土)

名鉄の硬券入場券を集める

昨年(2022年)は、新橋-横浜に日本の鉄道が開業してから150年を迎えるということで、各鉄道会社は様々な記念イベントを実施してきている。

名古屋鉄道(名鉄)の記念イベントは、名鉄が管理する、無人駅を含めた272駅の硬券入場券を昨年10月14日の鉄道記念日から今年3月31日まで発売するというもの。※「名鉄が管理する駅」なので、JR東海が管理する豊橋・弥富、名古屋市交通局が管理する赤池は対象外。

890846734b1a8c49cfcd87815ff4c5e1adce1920

全駅の入場券を集める猛者も結構いるらしいが、私はそこまでのことをする気はないものの、私的に思い出のある駅については集めてみようかと、三連休の初日に、「迎春1DAYフリーきっぷ」を使っていくつかの駅をまわってきた次第。

20230107_205448

 

以下、集めてきた入場券を、それぞれの駅を選んだ理由(のようなもの)とともに紹介してみたい。

 

<人生に欠かせない存在の駅など>

20230107_205058

○柴田駅(常滑線/入場券発売駅:大江)

自宅の最寄り駅。子どものころから親しんだ駅で、現在は高架で無人駅だが、かつては地上駅で日中は駅員がいた。

今も昔も、私の旅の起点となっている。

 

○東名古屋港駅(築港線/入場券発売駅:大江)

自宅に程近い駅ながら、日中は列車が走らない、鉄道で行くには遠い駅。

ゆえに、数えるほどしか訪れていないが、常に存在が印象にある駅である。

 

○中部国際空港駅(空港線)

私的には名古屋空港より利便性が増したこともあって、飛行機での旅を便利にしてくれた駅。

 

○名鉄名古屋駅(名古屋本線)

言わずと知れた名鉄の中心駅。各方面への列車がひっきりなしに発着する難解な駅としてしばしばテレビ番組でも取り上げられるが、私にとっては新名古屋駅と称していた子どもの頃から慣れ親しんだ駅で、全く難解ではない。

肉声での案内とともに、この駅の名物がテレビ式の行先表示。

今でこそ液晶ディスプレイだが、かつてはブラウン管で表示されており、子どもの頃はこれが見たくて駅に通ったものである。

 

○金山駅(名古屋本線)

以前は金山橋駅を名乗り、現在の駅より南側にあって、地下鉄との乗り継ぎには外を歩かねばならなかった。金山総合駅完成で、JR東海道線にも新たに駅ができ、名鉄駅も移転して利便性が格段に向上した。

この駅も名鉄名古屋同様、金山橋時代から慣れ親しんだ駅であり、通勤・通学の乗りかえ駅として、利用頻度は名古屋駅以上である。

 

<思い出の駅>

20230107_205212

○植大駅(河和線/入場券発売駅:阿久比)・知多半田駅(河和線)

植大駅近くに伯母の家があり、子どもの頃はよく泊まりに行った。伯母と一緒に近所の店に買い物に行ったり、喫茶店に行ったり(ちなみに、喫茶店では必ずピザを注文していたことが店の人の印象に強く残っていたらしいことを、後年伯母から聞いた)したことも思い出に残っているが、むろん、電車に乗っていくことが楽しみだったことは言うまでもない。

駅のたたずまいはあまり変わらないものの、近くにあった都築紡績の工場がなくなって、跡地にアピタ阿久比店・ユナイテッドシネマ阿久比ができ、周辺の環境は激変した。

知多半田駅も、伯父の家が徒歩圏内にあるが、こちらは長年一人暮らししていた祖母が晩年に伯父宅に住むようになってから、電車で行く頻度が増したように思う。

駅付近は再開発により風景が大きく変わり、かつての面影はほとんどなくなった。

 

○浄水駅(豊田線)

私の父は福岡県大牟田市の出身で、愛知県内に在住する親類はいないが、母は北設楽郡稲武町(現豊田市)の出身であり、母方の親類は上述の植大・知多半田の伯母伯父はじめ、全員が愛知県内に住んでいる。

その中で、名古屋市内に住んでいた伯母には、特にかわいがってもらった。(思い出はこのブログでも少し触れている。「さようなら、中日ビル。」参照)

この伯母が亡くなる直前に入院していた病院の最寄り駅が浄水駅で、仕事帰りに何度か豊田線に乗ってお見舞いに行っている。

入院期間が短かったため、来た回数はわずかだが、このような次第で印象に残っている駅である。

 

○豊川稲荷駅(豊川線)

小学校入学前から小学校1年・2年の頃、休みになると父や母にせがんでは、名鉄に乗ってあちこちへ連れて行ってもらった。小学校3年生になるとひとりで出かけるようになったが、毎年1月には豊川稲荷に家族で行くのが恒例だった。両親は商売をやっているわけでもないのに、なぜ「商売の神様」である豊川稲荷へ行くかと言えば、当時名鉄が走らせていた初詣特急に乗りたかったから。

当時の名鉄は初詣や海水浴シーズンに合わせて臨時特急を大増発しており、実に楽しい時代だった。私の鉄道趣味史を語る上で欠かせない存在である。

 

○玉ノ井駅(尾西線:入場券発売駅:名鉄一宮)

小学校入学前から乗ってきた名鉄全線を完乗したのは6年生のときで、完乗駅としたのが玉ノ井駅だった。特にこの駅にしたいと決めていたわけではなく、たまたま最後まで残ったのがここだったという感じだったように思う。

今振り返ると、今はなき岐阜市内線とか、揖斐・谷汲・美濃町線には、本当に玉ノ井以前に乗っていたのか?と思わないではないのだが、当時これらの線があるという知識はあったので、一応記憶は正しかったということにしておく(ちなみに、この時点で存在していた名鉄線には、これ以降すべて再乗していることを申し添える)。

 

○豊田市駅(三河線)

小学生から高校生のころまで、豊田市駅から出る稲武ゆきの名鉄バスに乗って、祖母の家までよく遊びに行った。母と2人で行ったこともあるが、大半がひとりであり、電車とバスを乗り継いで往復するのが楽しみだった。

祖父は私が2歳の時に亡くなっており、長く祖母がひとりで住んでいた。お盆の時期には親戚一同が集まるというのが恒例で、それ以外にも、年末年始やゴールデンウィークなど、孫の中でもかなりの頻度で通ったのではないかと思う。祖母には大変良くしてもらったし、親戚で集まって従兄弟たちと遊んだり、親戚の色々な話を聞いたりと、楽しい思い出は尽きない。

稲武まで行く名鉄バスは、現在は豊田市が運営するバスに転換され、祖母とともに記憶の中の存在となっている。

 

○黒笹駅(豊田線/入場券発売駅:浄水)

大学の最寄りだった駅。入学当時は駅周辺には何もなく、駅前広場も未整備だった。周辺が発展したのは卒業してからである。

豊田線を走る電車も、入学当初は4両編成であり、沿線に高校・大学が多かったことからかなりの混雑だった。そのうち6両編成になり、運行頻度も20分から15分になった。ちなみに当時、桜通線は中村区役所(現:太閤通)-今池までであり、野並まで延伸したのは大学4年の年度末だった(当時のアルバイト先のひとつが今池にあり、今なら御器所乗り換えの最短経路で行けるものの、当時は伏見まで大回りして乗り換えていた)。

大学はその後、都心回帰の流れを受けて名古屋市中村区に移転してしまったので、当時の痕跡は何も残っていない。

2023年1月 1日 (日)

2023年は穏やかにスタート

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

名古屋の元日は晴天で寒さも緩め。

元日午前中の我が家の恒例行事は、近所の神社まで歩いて初詣に行くこと。

今年はお神酒と昆布のふるまいが復活していたので、ありがたくいただいてきました。

20230101_111536

 

三が日は自宅でのんびり過ごし、英気を養うつもりです。

2022年12月25日 (日)

3年ぶりの「市民の『第九』コンサート」

20221225_143706

3年ぶりに「市民の『第九』コンサート」が開催され、舞台上で合唱団の一員として歌うことができました。

コロナ禍で一昨年は合唱団募集はされたものの練習開始前に中止、昨年は6月から練習は始まったものの、夏場の感染拡大を受け、8月に中止が決定。

今年は練習開始が7月、本番が12月と、例年より1か月遅れ、合唱団の人数も約半数の200人となり、何とか無事に開催されました。

第1楽章から舞台で演奏を聴いていましたが、第1楽章が始まった時は何とも言えぬ感動というか、久しぶりの感覚にいろいろな思いがよぎります。「この時を待っていたんだ」という思いが一番強かったかな、と思います。

マスクをしたまま歌うという、これも初めての経験で、客席に声が届くようにと、指揮者の川瀬賢太郎さんの情熱に導かれて、例年以上に気合を入れて歌ったつもりです。

 

コンサートに関わったすべての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。とにかく、開催できてよかった。

20221225_221019

 

終演後は、観に来てくれた友人たちと忘年会で、アフターコンサートも楽しみました。

 

会場の日本特殊陶業市民会館も、クリスマスのイルミネーション。いつものコンサート後には観られない光景で、これもいい思い出になりそうです。

20221225_182107

 

<市民の「第九」コンサート2022>

★当日配布のプログラムより

 

【プログラム】

ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン作曲

交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

 

【演奏】

指揮:川瀬賢太郎

管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

独唱:ソプラノ 岩田千里

   メゾ・ソプラノ 相可佐代子

   テノール 安 賜勲 Johannes

   バリトン 森 寿美

合唱:市民の「第九」コンサート2022特別合唱団

«2022年、戦没者追悼式の日に思う