サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お知らせ

本ブログを訪問いただき、ありがとうございます。

最近更新が滞りがちですが、記事にしたいネタは多々あるわけでして・・・。

ぼちぼちと埋めていきつつ、新しい話題があれば順次更新していきたいと思いますので、時折のぞいていただければ幸いです。

←ちなみに、Twitterは比較的更新頻度が高いので、見ていただければ幸いです。


引き続き、よろしくお願いします。

2020年8月14日 (金)

お盆の時期に想うこと

久々の更新になりました…。

今年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、いつもと全く違う生活を余儀なくされている。
まさか夏の盛りにマスクをつける生活が続くとは思わなかったし、趣味的側面で言えば、私自身、1月末以来旅をしていないという、受験生時代以来の事態になっているのをはじめ、毎年合唱団に応募してた「市民の『第九』コンサート」も中止。

現状について言い出せばきりがないが、今回はかねてお盆の時期に書きたかったことを綴る。

私も4度目の年男を迎えたので、それなりに黄泉の国へ逝った人を、身内も含め何人も見送ってきた。
お盆の時期に限らず、故人を知る人が集まれば思い出話に花が咲き、これが結構楽しいものである。
一方で、それとは別に、時折ふと頭によみがえる友人知人が4人いる。

それは、不慮の死を迎えた人と、自ら死を選んだ人だ。

このうち、後者の2人については、かつてこのブログでも触れている。

★Aさんのこと
突然のショックと悲しみ(2010.10.18)
http://miyap.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d2e3.html

★B君のこと
同級生の訃報(2011.8.11)
http://miyap.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-e4aa.html

青空の下で(2011.8.15)
http://miyap.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-d919.html


Aさんは、私より6歳下だが、2001年に同期入社した人のうちの1人。
最初の職場が同じところだった(私は事務職、Aさんは専門職だったので部署は違うが)こともあって、妹のように見ていたところがあった。お酒が好きな人で、独身時代のお酒に関するエピソードは面白く、結構強烈に覚えているし、他にもいくつか印象に残る出来事がある。
あまり具体的には書けないが、「色んな経験をしてそうだから相談に乗って欲しい」と言われ、採るべき道について飲みながら話したこともあった。
最後に会ったのはAさんが産休に入る直前で、「育休が明けたら、また飲もう」と言って別れたのが今生の別れになってしまった。

あとは上記の記事を読んでいただきたいが、当時は書かなかったことがひとつある。
それは、私が同じ世界へ逝って出会ったときには、まずはひっぱたいてやりたい、と思っていることだ。
私もかつて同じような心境に追い込まれたことがあるので、相当辛いことがあったんだろうなということは、少しは実感として分かるところもある。
それでも、この思いは変わらない。


B君については、上記2つの記事に尽きる。
1つ付け加えるなら、通夜でお坊さんが説いたことは、仲間内で今でも実践していることである。
空に向かって「まだ話題にしてやってるんだぞ、ありがたく思え!」という言葉を投げつけたい。
間違いなく、我々が死ぬまで話題にし続けるだろう。


あと2人のうち1人は、上記2人と同じく自ら死を選んだ人。
その人(Cさん)は、かつての上司だった人で、15年ほど前にこの世の人でなくなった。
私が部下だったのは2年弱だが、割と良くしていただき、またどこかで一緒に仕事ができればと思っていた人だった。
訃報は、Cさんが異動されて数か月後のこと。
当時「なぜだ…!」という思いで告別式に参列し、怒りに近い感情で、棺に入ったご遺体を見たこと、そして、お父様があいさつの中で述べられた「彼には生きる力がなかった、ということだと思う」との一言を今でもよく覚えている。


最後の1人、Dさんは、宿直勤務中に強盗に襲われて亡くなった。
もう20年以上前になるが、犯人は検挙されておらず、いまだに自分の中で区切りがつかないところがある。
Dさんは6歳上で、鉄道趣味のサークルで知り合った方(ちなみに、このサークルはB君はじめ、私にとって多くの友人知人との出会いの場となった)で、名古屋在住の方。
それで私的には勝手に比較的近い存在に感じ、憧れのお兄さん的な感じで見ていたところがあった。その縁で、サークルの同人誌に追悼文を書く役を引き受けることにもなっている。

Dさんの訃報は、亡くなり方もあって、かなりショックだった。推測するに、正義感が強かった方なので、おそらく強盗と果敢に戦ったのではないだろうか。逃げ出していれば、ひょっとしたら助かっていたかもしれないが、それはDさんは絶対選ばなかっただろうなと思う。
事件現場は今は跡形もなく、全く別の建物が建っている。当時も今も時折この近くを通ることがあるが、そのたびにDさんのことが頭をよぎる。


このようなことを、今でもふとした拍子に時々思い出す。
これも、自分なりに「忘れないことが最大の供養になっている」と思い、改めて亡くなった方へ哀悼の意を表したい。

(ということを、一度書いておきたかった訳でして。今年ようやくできました…。)

2020年1月 1日 (水)

2020年のスタート

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元日の午前中は、いつものように近所の神社に初詣。

曇っていますが、風がない分あまり寒さを感じません。
そのせいかどうか、例年より参拝者が多い感じがしました。

三が日は、自宅でのんびり過ごすつもりです。

20200101_111557


2019年11月24日 (日)

「市民の『第九』コンサート2019」

20191124_141958

今日、「市民の『第九』コンサート2019」の本番を迎えました。
舞台に立つのも22回を数えます。 

今年の指揮者は大勝秀也さん。
市民の第九の指揮は今回で4回目で、指導が的確で分かりやすい方。
合唱指導の先生の言葉を借りれば、「あまり細かく指示するような指揮をしないけど、気づけばみんなが指揮者の手のひらに乗せられて導かれている」演奏となりました。
 
今年は初めて、ステージに椅子(といっても木製で、箱馬のようなもの)が置かれ、合唱団は最初からステージに上がって、第1楽章から演奏を聴くことに。
(ソリスト<独唱者>は、いつもどおり第3楽章の前に入っています。)


例年は第1楽章の演奏時はリハーサル室で最後の発声練習をしている頃。
やはりステージで最初から生の演奏を聴くことは、合唱するまでに気分も高まります。
また、聴衆も途中で数分間合唱団が入場する時間で雰囲気が切られることがないので、これはいい試みと思います。

ただし、板の上に直接座るのでお尻が痛くなることもまた確かで、これは改善の余地あり。

ということで、今年の合唱は、結構いい出来ではなかったかと、手前味噌ではありますが評価しています。


終了後は、例年のように観に来てくれた友人たちと打ち上げて、2軒はしご。これが終わるといよいよ年末か、という気になります。
来年以降も、参加できる限りは続けていきたいと思っています。

20191124_14202520191124_142038

 

市民の「第九」コンサート2019
【プログラム】(当日配布のパンフより抜粋)

ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

<演奏>
指揮:大勝秀也
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
独唱:ソプラノ 盛 かおる
     メゾ・ソプラノ 大田亮子
     テノール  錦織 健
     バリトン 初鹿野 剛
合唱:市民の「第九」コンサート2019特別合唱団

2019年6月 3日 (月)

市民の「第九」コンサート、今年もスタート

 

20190603_180536

今夜は「市民の『第九』コンサート」合唱団の結団式&第1回練習でした。 

11月末の本番に向けて、今年もこれから半年の練習が始まります。 

 

練習ではまだまだ声は出ず、しばらくは昨年の本番以来歌ってない勘を徐々に取り戻していくことになりそう。 

 

結団式には河村名古屋市長が出席。 

それはいいことなんですが、「激励」と称する話の中身は、ほとんどが第九と関係ないもの。
毎度どっかで聞いたようなしょうもない、どこまで本当か分からない内容。
はっきり言って与太話で辟易しました…。 

«さようなら、中日ビル。