サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 古畑任三郎ファイナル »

2006年1月 3日 (火)

紅白歌合戦

昨年の紅白歌合戦。

毎年見ているが、ひとことで言えば「疲れた」。

とにかくみのもんたがしゃべりすぎ。他の人のしゃべりにかぶりすぎで、正直うっとおしかった。

まあ、あれが彼の持ち味なのだろうが、それがいいほうに出ていたとはとても思えない。僕自身は、みのもんたが決して嫌いではないだけに、気負いすぎというか、場にそぐわない司会ぶりにはガッカリさせられた。

みのもんたのいいところを生かすのであれば、いっそ1人でやらせたほうがうまくいったような気がするが、あれだけしゃべりたい人に果たして歌番組の司会が向いているのかどうか。

むしろ、みのを除いたほかの3人で司会をやったほうがよかったのではないか。吉永小百合・さだまさし・森山良子のところでは山根アナの語りのほうがふさわしかったと思うし(みのの語りは雰囲気を壊した)、仲間由紀恵と山本耕史も思った以上にうまくこなしていたのだから。

とはいえ、視聴率は久々に前の年よりも上がったということで、みのもんたの起用はそれなりの効果はあったということだろうが、あえて

「それでいいの?NHK」

と問いたい。

紅白について、視聴率を気にしすぎるばかりで、どんな紅白にするかというコンセプトが全然見えてこない。そもそも、視聴率が下がったとか、過去最低などといっても、40%前後の視聴率がある番組なんぞ他にいくつあるの?それを「低い」というのはいささか傲慢じゃないかと思うし、だいたい、公共放送が視聴率に一喜一憂してどうするのか。目先の視聴率だけを気にせずに番組をつくってきたのがNHKだと思うのだが。

いずれにしろ、もう少し歌そのものをじっくり聞かせてくれる番組にならんもんでしょうか。余興ばかりに気がまわって、肝心の歌に対する扱いがぞんざいになっている感じがするのは僕だけかなあ。

(中島美嘉から北島三郎への歌のつなぎは最悪だったし、WaTのマイクを倒してしまうなんぞは基本がなっていないとしか思えない)

トップページ | 古畑任三郎ファイナル »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/223415

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白歌合戦:

» 今井美樹、徳永英明、絢香が紅白初出場 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
大みそかの12月31日に放送される「第57回NHK紅白歌合戦」(後7・20〜11・45)の出場者が29日、同局から発表される。 今年の目玉として今井美樹と徳永英明が初出場。 ほかに、今年2月発売のデビュー曲「I believe」で30万枚のヒットを記録した新人の絢香やアンジェラ・アキ、シーモ、mihimaru GT、Aqua Timezらも初出場組に顔をそろえる。 ... [続きを読む]

トップページ | 古畑任三郎ファイナル »