サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ホリエモン逮捕 | トップページ | 東横インの不正改造 »

2006年1月25日 (水)

大学入試センター試験

ちょっと遅めだが、この話題。

毎年、国語の現代文と、日本史Bの問題を解いている。

この2つは得意だったので、自分の学力がどの程度保たれているかを測る意味合いもあるのだが、裏を返せばこれ以外の教科は太刀打ちできないということでもある。

結果。

現代文79点、日本史62点。

毎年、現代文は7~8割、日本史は6~8割の間の点で、今のところ平均点はクリアしており、やれやれである。日本史は、苦手な文化史からの出題が多く、ちょっと苦戦したという感じ。

今年もリスニング試験に使った機器の不具合始め、色々トラブルがあったそうだが、一番驚いたのが、

「試験終了時刻の15秒前に終了させてしまった会場にいた受験者には、希望により再試験を受けさせる」こと。

そりゃまあ、15秒といえども貴重な時間であることは否定しないが、試験で15秒であたふたしていては、もう結果が見えていると思うんですがねえ。そこまでする必要があるのか、ちょっと疑問。

ちなみに、僕は第1回センター試験の受験者である。

« ホリエモン逮捕 | トップページ | 東横インの不正改造 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/508027

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試センター試験:

« ホリエモン逮捕 | トップページ | 東横インの不正改造 »