サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富山にて | トップページ | ナゴヤ球場にて »

2006年5月21日 (日)

大相撲夏場所総括

新大関白鵬の優勝で幕を閉じた夏場所。

ともかく、千秋楽までハイレベルの星での優勝争いが展開されたのは何よりでした。

白鵬は、決して調子そのものは万全ではなかったように思うが、他の力士との力の差があるということなんだろうと思う。新大関ということをまったく感じさせない、堂々とした雰囲気は、横綱も近いと思わせるに充分であった。

千秋楽まで優勝を争った雅山。正直、決定戦になったときは雅山に勝たせたいと思ったんだけど、残念でした(だって、今後を考えると、白鵬は優勝を積み重ねていくだろうが、雅山は・・・)。大関に上がった頃よりも、ここ何場所かの相撲内容は力強いものがある。いずれにせよ14勝の優勝同点という成績は見事であった。

新入幕の把瑠都。まだまだ力任せな部分もあり、粗さもあるが、11勝は立派。これ以上ブクブクと太らずに相撲を磨いてゆけば、大関・横綱への道も遠くないのではないか。

同じく新入幕の豊真将。ケガしてから負けが込み、6勝どまりだったのは残念だったが、こちらも今後が楽しみ。

朝青龍は、まさかの途中休場であったが、これまでのけいこの貯金が尽きたということだろう。久しく同格のライバルが不在で慢心というか、目標がなくなっていたようなところがあったのがけいこ不足になり、今回の休場につながったのだろう。白鵬が肩を並べそうな状況となり、これで気合を入れなおすはずだし、そうならなくては困る。

先輩大関陣。まず栃東は、休場するとまでは思わなかったが、綱とり失敗は予想通り。場所前の様子からは、とても横綱を目指そうとする雰囲気が感じられず、期待できないなと思っていたら案の定、という感じ。ケガが思いのほか重症だったようだが、まあ横綱になる資格というか、運を持ち合わせていないということではなかろうか。

千代大海も、序盤が良くてもあまり期待できないのは毎度のことで。2ケタ勝ったのは上出来というところ。魁皇も、中盤に存在感を示したのがやっとというところか。

琴欧州は、ひざのケガをとにかく治さないことには、満足な相撲が取れまい。状態が相当に悪いなら、1場所休んででもしっかりケガを治さないと大変なことになる。大関で終わる人ではないはずなので、ここは良く考えてもらいたい。

あと気になった力士を何人か。

琴光喜は、勝ち越すのがやっとという程度になっってしまったようで、なんとも寂しいというか、情けない限りではあるが、もうこれ以上は望めないというのが現実か。

稀勢の里が筆頭という難しい地位で勝ち越し、ようやく伸び悩みから抜け出しつつある感が。そろそろ大化けを期待。

朝赤龍が4大関を倒して2ケタ勝利。来場所も健闘すれば、力は本物だろう。

特筆すべきは、十両の優勝決定巴戦。10勝はいささか物足りないが、千秋楽を大いに盛り上げた。出場の3力士には、拍手を送りたい。

さて、来場所は地元の名古屋場所。

白鵬の綱獲り&雅山の大関獲り、朝青龍の巻き返し、若手力士の活躍と、見所の多そうな場所になりそうなのは嬉しいことで、ぜひとも看板倒れにならないよう、充実した場所になることを今から期待したい。

« 富山にて | トップページ | ナゴヤ球場にて »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/1885054

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲夏場所総括:

« 富山にて | トップページ | ナゴヤ球場にて »