サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

遅ればせながら、大相撲名古屋場所を振り返る

せっかくの地元開催&観戦もしたことなんで、いまさらとは思うもののまとめておきます。

結局場所後の横綱・大関誕生はなりませんでした。

白鵬は昇進させてもよかったんじゃないかとは思いますがね。

見送りの理由としてあげられた

「前半で2敗して朝青龍を独走させた」「14日目で優勝が決まった」

いずれも結果論に過ぎません。

同じ意見をいくつかのメディアで見聞きしたように思いますが、上の論理で行くと、仮に朝青龍が後半崩れて、白鵬が逆転優勝したとしても昇進させない、ということになります。また、直接対決前に優勝が決まった「責任」を白鵬1人に負わせるかのような論理はいかがなものかと。

これも、昨年から魁皇・栃東の昇進が話題になったときに、「2場所連続優勝」を絶対条件にしなくなったことから迷走しているわけで。

今回の白鵬も、「連続優勝でないからダメ」といえばすっきりしたはずなんですが、これを崩してしまったことによって、「13勝」なんていう数字が一人歩きした結果、このようなわけの分からないことになったんですよ。

連続優勝でなくてもよくなった以上は、「横綱・大関をすべて倒して13勝」というのは、充分に優勝に準ずる成績だと思うんですがね。

まあ、白鵬には来場所、文句なしの成績で昇進してもらいたいものです。

雅山も惜しかった。5勝5敗から10勝に持っていったのだから、なかなか健闘したと思うんですが、大関が5人もいるとちょっと条件は厳しくなるんで、これは番付運がなかったということになるでしょうか。こちらも来場所に期待。

優勝した朝青龍は、場所前の注目が自分に向かない憂さ晴らしをした感じで(笑)、貫禄は示したものの、白鵬にがっぷり四つで負けた相撲をみると、もう独走の時代は終わったと感じました。

白鵬以外の大関はひどいもので。あいかわらず尻すぼみの千代大海・栃東・魁皇。琴欧州は、1場所休場してひざを完全に治さないと、取り返しのつかないことになるんではと危惧しています。このままで終わって欲しくないだけに。

琴光喜は8勝する力しかなくなってしまったようで、まあこのまま終わってしまうんでしょうかね。

稀勢の里はよく頑張って勝ち越しました。こちらは更なる精進に期待します。

やはり触れなければいけないのは露鵬問題。

出場停止3日間が重い、という理事長の認識は、どこか世間とずれていると言わざるを得ません。

結局再出場して勝ち越してしまったわけで、これが重い処分といえるのか。

勝ち越せる余地を残した処分、というのはやはり甘いですよ。

少なくとも5日間の出場停止とすれば勝ち越しはできなかったわけです。彼の行状は言語道断、最低限、翌場所の番付が下がるような処置をすべきものでしょう。

また、平幕力士ごときが(あえてこう言う)大関に向かってあのような無礼な振る舞いもけしからんことで。対等なのは土俵に上がっているときだけ。千代大海に全く非がないとは言いませんが、勝負が終わったあとのことなんで、どちらかといえば露鵬が大関に敬意を払わなくては、相撲の良さが失われてしまいます。

そもそも、今回の騒動の根っこは、力士を指導する親方が甘くなっているというか、満足に指導できていないことじゃないでしょうかね。そりゃあ力士本人の問題が全くないとは言わないけど、特に外国人力士には教えないと分からないことも多々あるはずなんで。

朝青龍が「ああなってしまった」のは、親方が悪い、と僕は思っています。まあ、あの親方じゃあ、無理もありませんが。

秋場所こそは、新横綱&再大関の誕生に期待します。

高校野球愛知県大会 決勝

高校野球愛知県大会  決勝

平日にもかかわらず、2万数千人(予想)の大観衆。

個人的には愛産大三河を応援していたんですが、やっぱり愛工大名電が貫録勝ち、という結果に。

高校野球の話題がたけなわになると、いよいよ夏本番、という気がします。

来週は甲子園にも行く予定。

2006年7月12日 (水)

大相撲名古屋場所4日目観戦記

1日休みを取って、朝8時半から愛知県体育館へ出かけ、満足しました。

060712_213638_1 ←溜席(いわゆる砂かぶり)の入場券

060712_082150_2              

←愛知県体育館にはためくのぼりの数々

060712_082413_1 ←ここをくぐって入口へ

060712_082558 ←入り口前にひかれている絨毯。

 

 

僕が行ったときは北陣親方(元麒麟児)が切符切りをしていまして、

「お早いですねえ」と声をかけられてしまいました・・・

去年行ったときも受付はこの方でしたが、とっても好感の持てる応対ぶりで、TVの解説に登場するときのままの感じのよさでした。

060712_120521 060712_125235

←館内はこのような感じ。

やっぱり、相撲好きな人は朝早くから来ているものでして、僕自身は、



「相撲観戦は朝1番、序ノ口の最初の1番(前相撲があるときは前相撲から)見るのが正しい姿」

と思っています。

序ノ口や序二段の下位のほうは、力士の体もまだできていないし、まだ相撲になっていなかったりします。

また、行司も、まだ力士の動きを見定められず、負け力士のほうに軍配を上げてしまい、審判から「反対だぞ」といわれてあわてて上げなおす(もちろん、物言いのつくような相撲ではありません)、という光景も見られます。

でも、みんな若く、拙いなりに一生懸命やってる姿はいいものです。

それが、序二段の上位から三段目になると、相撲に迫力が出てきます。

立会いの当たりもぜんぜん違ってきますし、体つきも違います。

行司さんも中堅どころになって、比較的安心して見られるようになります。

これは上位になるにつれてどんどん増してゆくもので、この辺の違いを1日のうちで感じることが結構大事なことだと思うわけで。

(もっとも、たまに眠くなることもあるのも事実ですが^^)

相撲を生で見ようと思う方は、是非1度、最初から見てみてください。午前中は、土俵の周りのお客さんが少ないので、空いた所に座って見ていてもいいと思います。僕もかつてはいす席を買って、幕下あたりのまでは空いている溜り席でよく見ていたもんです。

最近は、溜席が一般人でも買えるようになったので(昔は聖域だったんです)、結びの一番まで迫力を近くで味わえるようになり、嬉しい限りです。

肝心の相撲のほうは、今日は横綱大関にまったく波乱はなし。

一番盛り上がったのは、やっぱり高見盛のときで、今場所の初日を出したので、盛り上がりもひとしおでした。

白鵬の綱とりの可能性は、いまのところ五分五分という感じでしょうか。今日もやや慎重な取り口で、先場所のような圧倒的な強さにはもう一歩です。

朝青龍は、場所前注目されなかったのを見返すがごとく、万全の相撲。ようやく自分と肩を並べそうなやつが出てきたんで、そうはさせるかという思いがあるはず。

雅山はどうでしょうか。勝ち越すのがやっとという気もしますが、もう1・2日見れば、大体占えるでしょう。

大関陣が比較的星の上では好調ですが、これが長続きしますように。

2006年7月 8日 (土)

大相撲名古屋場所 土俵祭

大相撲名古屋場所  土俵祭

明日から始まる名古屋場所を前に、会場の愛知県体育館で土俵祭りがとりおこなわれました。

いわば土俵の地鎮祭で、15日間の場所の無事を祈りました。所要時間約30分。

入場無料のためか、中日新聞によれば1000人がこの儀式を見守ったとのこと。

僕もはじめて見ましたが、「さあ、これから始まるんだ」という雰囲気を実感するのにふさわしい30分間でした。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »