サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

大相撲九州場所総括

順当に朝青龍の全勝優勝で幕を閉じた、面白くもなんともない場所でした。

前半戦はバタバタしていても、後半戦になると安定した抜群の強さを見せる、といういつものパターンで、大関戦などは全く負ける感じがしなかったのでねえ。

ただ、稀勢の里戦の勝ち方はどうかと。ありゃあ、横綱の勝ち方ではありません。やっぱり彼は「勝ちゃあなんでもいい」と思ってるんでしょうが、あのへんがまだ品格が足りないところでしょう。

大関陣。魁皇に関しては、まだカド番を脱出する力はあったようで、これについては完全に自分の見る目がありませんでした・・・。

星だけ見れば、千代大海が9勝で他の3人が10勝なんで、まあ良くやったともいえるんでしょうが、結局最後まで優勝争いには絡めず、朝青龍とは星5つ、横綱に次ぐ成績を残した豊真将とは星2つの差。

前半戦が比較的良かっただけに、ふがいないと言わねばなりますまい。

来場所は白鵬も戻ってくるだろうから、ともかく5大関のうち1人でも千秋楽まで優勝を争うように、ほんと頼みますわ。

朝青龍の優勝をなんとか14日目まで延ばした功績大の豊真将。やっぱり頭角を現してきた、という感じです。来場所は番付が上位になるでしょうが、今場所の栃東戦などを見る限りは、相当苦戦すると思います。でも、確実に力をつけてきているので、来年1年での更なる伸びに期待です。

10勝して技能賞を獲得した琴奨菊。この人もようやく上位で好成績を残しましたが、横綱大関には全敗。それで後半9連勝したんですから、こちらも来年に期待大。

小結で3場所連続勝ち越した稀勢の里。来年の課題は、三役で2ケタ勝てるようになることですが、朝青龍にけたぐりで負けた相撲なんかは、自信にすれば良いのではないかと思います。

「横綱は俺とまともに相撲を取るのが怖いんだ」と。

来年は、これまでにあげた3人の成長に期待します。逆に言えば、来年で芽が出ないと、「万年大関候補」で終わってしまいかねないので、勝負の年として稽古に励んでもらいたいものです。

で、「万年大関候補」の琴光喜。9勝したのは一歩前進とはいえ、前半だけ見れば10勝すると思ったんですがね。千秋楽の相撲が毎日取れれば、とっくに大関になっているはずなのに、もったいない。

来年は、朝青龍が年間2~3回の優勝にとどまるような、そんな展開を期待したいものです。そうならないと面白くならないんで。

2006年11月19日 (日)

紅白司会者決定

出遅れましたがこの話題。

僕の感想は、

「とにかく、みのもんたじゃなくてよかった」

これも、NHKの一つの見識だと思いたい。


・・ほんと、ほっとしましたわ。

もし今年もみのもんたが司会だったら、見るのをやめてたかもしれん。

彼は、少なくとも紅白の司会には向いていない。

(どうしてそう思ったかは、1月3日の記事を参照)

中居正広と仲間由紀恵というのは、過去の実績を買っての起用なのだろうが、まあ無難なところではないかと思う。

今年は、「落ち着いた紅白」を期待したい。

2006年11月17日 (金)

「第九」コンサート無事終了

「第九」コンサート無事終了

「市民の『第九』コンサート2006」が今夜本番を迎えました。

僕も合唱団の一員として参加したわけですが、手前ミソながら、半年の練習の成果が結実して、かなりいいものを披露できたと思います。

指揮者の栗田博文さん、指導も素晴らしく、指揮も情熱的で最高でした!


満足度は高いですが、これで終わらないのがこの曲の奥深さ。

10年やっててもいまだに上手く歌えないところもあるわけで、これが

「来年も挑戦!」

というエネルギーというか、ハマってしまう所以のひとつなわけです。

もちろん、ステージで歌う快感も、一度味わうともうやめられません(^O^)
事情が許す限り、ライフワークとして行きたいという思いを新たにしました。




ところで、毎年このコンサートが、名古屋での「第九」コンサートの開幕を務めています。

なので、これからあちこちでこの曲が披露されるわけですが、全然聴いたことのない方には、一度生の演奏&合唱をお聴きになる事をおすすめします。

聴き手を感じさせる「何か」がきっとあるはずなので・・・。



写真は、コンサートガイド(手前)と、楽譜。



p.s.指揮者もカッコイイですが、錦織健さんもやっぱりカッコイイです・・・

彼はほぼ毎回出演してくれているので、

「錦織健と共演!」

というのがみんな結構自慢だったりする(はず)。

2006年11月13日 (月)

旭鷲山引退

突然の引退にびっくりしました。

この人がいなければ、今日のモンゴル力士の繁栄はありません。

ともかく、おつかれさまでした。

今後はモンゴルに帰って政界入りなんて話もあるようですが、どんな身の振り方をするにせよ、モンゴルと日本の架け橋になるような仕事をしてくれればなあと思います。

2006年11月12日 (日)

中日はなぜ日本シリーズで勝てないのか

アジアシリーズはファイターズが苦戦の上制し、日本代表がアジアチャンピオンの座を守った。ファイターズの皆さんには心からお祝いと、ここまで戦ってきたことにお疲れさまと言いたい。

さて、これで今年の公式戦が終わったんで、締めくくりの意味を込め、ひょっとしたらこのアジアシリーズに出ていたかもしれない中日ドラゴンズについて語っておきたい。

去る11月3日に、中日ドラゴンズが名古屋市内で優勝パレードを行い、主催者発表で35万人の人が沿道に詰めかけ、優勝を祝ったとのこと。日本シリーズに惨敗したことで盛り上がりがどうかと思ったが、盛況だったようで何より。

ややもすると、日本シリーズに負けるとリーグ優勝の価値までなくなってしまうかのような評価になるのは気の毒である。146試合のペナントレースを戦い、優勝したことには変わりなく、このことに関しては素直に敬意を表したいし、そうすべきと思う。

それはそれとして、以前にも書いたが、僕はアンチドラゴンズである。

アンチドラゴンズになった理由は後述するが、まずは表題の「なぜ中日は日本シリーズで勝てないのか」について僕なりの分析を。

一言で言えば、「過信」である。

今年を例に取れば、「(あんなちゃらちゃらした)日本ハムに負ける要素などどこからみても一つもない」

という、ある種のうぬぼれがあったのではないか。

あわよくば、4勝0敗か4勝1敗で勝つつもりでいたのだと思う。それが2戦に負け、3戦にも負けたことによって、「こんなはずではない」という焦りでプレーが硬くなり、ミスは出る、肝心なところであと1本が出ない、ということになってしまった。いきおいベンチ全体の雰囲気も暗くなってしまい、5戦などは、テレビで見ていても全く勝てる感じがなかった。

中日が絶対勝つべきだったのは初戦よりも2戦であったろう。日本ハムにしてみれば、2戦に負けて札幌へ戻るのは嫌だったはず。同じ1勝1敗でも、2戦に負けてのものであれば、果たして札幌であれほど勢いがついたかどうか。

落合監督は敗北後、「日本シリーズの雰囲気がしなかった」とコメントしたが、そうしたのは監督自身である。4戦終了後の「ちょっと調子こいてたところがあった」発言など、日本シリーズ(あるいは日本ハム)をなめてかかっていたとしか思えない。

2年前、西武ドームで王手をかけながら本拠地で連敗したことを忘れてしまったのだろうか。あの時も、王手をしたことで「もうこの勝負もらった」という気持ちになってしまったことが落とし穴だったのだが、今回ははじめからそんな気分であれば、ちょっと調子が狂ったときに建て直しがきくわけがない。やはりペナントレースと短期決戦である日本シリーズは違うのだ。

1999年に福岡ダイエーホークスと戦ったときも同じで、ホークスでこの年2ケタ勝利をあげた永井智浩や星野順治といった投手をなめてかかって返り討ちにあい、1勝4敗で名古屋でのホークス胴上げを許したことの反省は全く生かされていない。

ここ3回のシリーズ開幕前の下馬評はいつも「中日有利」なのに、結果は無残ということをよく考えるべきだろう。もう少し謙虚にシリーズに臨むことが必要と思う。


さてさて、名古屋人でありながら僕はなぜアンチドラゴンズなのか。

理由は主に、

1 ひいきの引き倒し的な周囲のムード

2 球団の体質

3 僕自身の生い立ち

に集約される。

まず1だが、アンチドラゴンズと言っても、選手や監督で嫌いな人は少ない。井端や岩瀬などはむしろ好きな選手だし(岩瀬は大学の後輩とでもあるし)、星野監督は今でも好きだし、落合監督もマスコミへの発言に問題があるものの、嫌いではない。

問題は、ドラゴンズを取り巻く環境にある。どうもファンが比較的甘い。ひいきの引き倒しというやつで、チームが不甲斐ないときは、ファンがもう少し厳しくならないといけないのではないかと思うときがあるのだ。このファン気質にどうもなじめない。

2は、人を大切にしない、殿様商法を続けてきた球団への不信である。

特に、監督を大切にしない。いわゆる「外様」の山内監督、山田監督を休養させただけでなく、生え抜きの高木監督や星野監督(再登板のとき)のやめさせ方をみると、もう少しやり方があるだろう、と思う。また、田尾・谷沢・大島といった主力選手に、今ひとつ中日OBの雰囲気を感じないのも、あんまり人を大切にしないからではないのか。

星野仙一なども、親会社筋と折り合いが悪くなったとかで、今や全く中日OBの雰囲気がない。数少ない全国区の人だけに、味方にとどめた方が賢いと思うのだが、そういう発想もないらしい。

殿様商法の典型は、ナゴヤドームオープン時のチケットの売り方だ。一般発売する席を内野は5階席だけにし、階下席はすべてシーズン席。初めてナゴヤドームへ野球を見に行ったときは、一般客が階上席に押し込めてられているいる感じがして(それなのに一番高い席で5500円もした)、あまり良い気分ではなかった。

最初はそれでも毎試合完売状態だったのが、次第にジリ貧になり、シーズン席は売れなくなったため、結局現在は階下席も一般発売し、階上席は値下げして自由席とした。やらないよりましだが遅きに失した感じで、ナゴヤ球場時代から長らく、営業努力をしなくてもそこそこ客が入ったため、それにあぐらをかいたツケがまわったということだろう。これまでファンを粗末にした分、きっちりお返しをしていってもらいたいものだ。

こうしたことにあんまりファンが声を上げた気配がないのも残念で、それも「甘い」ということにつながる。

付言すれば、階上席と階下席に別れてしまっているナゴヤドームの構造が、応援の一体感をそいでいるのは不幸な事で、札幌ドーム・ヤフードーム・甲子園・千葉マリンといったところとの差が現れてしまうのだ。そういう意味では、ナゴヤドームと京セラドームは欠陥ドームと言わざるを得ない。

最後の理由は、僕は名古屋生まれの名古屋育ちだが、血統的には父が九州・母が三河(愛知県の東半分)出身なので、名古屋を含む「尾張」の血はひいていないことにある。父の影響で、子どものころはジャイアンツファンだったのだ。

また、小学校の頃は「ドラゴンズファンでなければ人にあらず」という雰囲気だったことも、もともと押し付けに反発する性格の僕には、一層アンチドラゴンズになるのに充分な理由であった。

もともと、僕にはドラゴンズファンになる要素がなかったし、好きになる後天的な要素もなかった、ということだろう。

・・・でも、なんだか熱く語っちゃったのも、「嫌い嫌いも好きのうち」ということなんでしょうかねえ。決して認めませんけど(笑)。

要するに、好き嫌いにかかわらず、住んでる街に球団があり、野球ファンである以上は、その球団の動向には注目せざるを得ない、ということです。ハイ。

大相撲九州場所初日

白鵬休場、特に目立った焦点もない今場所。

初日は珍しく(笑)、横綱・大関陣が全員白星。一番危なかったのが横綱という、これもまた珍しい結果。

ここで大関陣に過剰な期待をしてしまうと、すぐ裏切られるというのが常なので、しばらくは静かに見守るとしましょうか。

まあ本来は、大関なんだからみんな中日まで全勝か1敗で進み、後半戦へというのが当然の展開ではあるんですがね。

一年納めの九州場所にふさわしい、上位陣の充実と若手の活躍に期待します。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »