サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 紅白歌合戦の感想 | トップページ | 阪神・淡路大震災12年 »

2007年1月 7日 (日)

大相撲初場所初日

横綱・大関陣では、唯一栃東が黒星。

勝った琴奨菊の堂々たる相撲っぷりを褒めるべきでしょうが、やっぱり栃東の膝は相撲が取れる状態ではなさそう。

全く踏ん張りがきかず、完敗。この調子では千秋楽まで持たないんじゃないかと思いますが、どこまで頑張れますか。

琴欧洲の相撲にはがっかり。

まあ、稀勢の里もやや頭を下げすぎの感はあり、引き技を食うほうが悪いといえばそれまでですが、相手は大関、まさか立ち会いに当たりもせずに変化するとは思いますまい。

やっぱり、横綱・大関たるものはそれなりの相撲が求められるんで、「勝ちゃあ何をしてもいい」というのでは、相撲の良さが薄れてしまう、と思います。そもそも、横綱・大関は、下の者がまともにぶつかっても勝てない力量を備えているはずであって、奇襲で勝つなんてのは、下位の力士がやること。それを横綱・大関がやるということは、力量の無さを自ら告白していることに他なりません。

琴欧洲も、白鵬とともに横綱を目指さなくてはならない力士。今日の相撲は猛省してもらいたいものです。


残りの3大関は、まずは慎重な取り口で勝った、というところでしょうか。前半戦をどう乗り切るかで、今場所が面白くなるかつまらなくなるかが決まるでしょう。

朝青龍は稽古不足が伝えられていたわりには、無難なスタート。このところ前半戦はバタバタした相撲が多いんですが、明日以降どうなりますか。対戦相手(特に若手)の頑張りに期待します。

« 紅白歌合戦の感想 | トップページ | 阪神・淡路大震災12年 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/4836944

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初場所初日:

« 紅白歌合戦の感想 | トップページ | 阪神・淡路大震災12年 »