サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

イッセー尾形のとまらない生活

イッセー尾形のとまらない生活
年度末最終日に行ってきました。

新設の部署への異動が決まり、引っ越し作業などで行けなくなるのではないかと一時は覚悟したが、なんとかなったのは幸いだった。

芝居の方はもう笑いの連続。
たしかにこんな人いそうだなあ、と思えるのが余計に笑いを誘う。また、田舎のおじさんから不良っぽい兄ちゃん、はたまた不気味な姉ちゃんやらおばさんまで演じ切る力は見事というしかない。

どれも面白かったが、特に断食道場のおじさんと、ウェスタンショー(?)のおじさんがかなりツボにはまった。

言葉じゃ面白さは説明できないので、一度ご覧になることを勧める。
とにかく、ストレス解消になること請け合いです。

2007年3月30日 (金)

市政資料館の桜

市政資料館の桜
お世話になった先へ異動のあいさつに向かう途中での1コマ。

ようやく暖かくなり、いよいよ春本番。

とはいっても、残務整理や異動のための引っ越し作業その他が山積で、春を楽しむどころじゃないのがつらい…。

2007年3月25日 (日)

大相撲春場所終わる

白鵬の優勝という結果だけ見れば、僕的には嬉しい場所であった。千秋楽まで優勝争いが続いたことも喜ばしいことである。

でも、優勝決定戦のあっけない結末は予想外で、熱戦を期待しただけに完全に肩透かし。よく言えば思い切りがいいということだろうが、そうそう何度も通用するものではない。

来場所は再び横綱を目指すことになるわけなので、今度こそはチャンスをものにして欲しいし、そうなることを祈る。


朝青龍はやはり後半戦は立て直し、終わってみれば連敗後13連勝。ただ、千秋楽本割の安易な勝ち方はおよそ横綱らしくなく(普通に取っても勝てたと思うのだが)、そのツケを決定戦で払わされたということだろう。

決定戦も、たしかに白鵬の変化は全く予想外だっただろうが、あっさり手をついてしまうあたりは、それだけではなく、最近の稽古不足のせいもあるのではないか。

来場所はもう少し締まった相撲を見せてもらいたい。


他の大関陣(休場した栃東は心配で、論評の外に置く)は、惨憺たるありさま。

千代大海はなぜだか分からないまま負け越しという感じ。琴欧洲は全く存在感無く、魁皇も2場所連続で千秋楽に勝ち越し。恥を知れという他なし。


琴光喜は久しぶりの2ケタ勝利。「9勝がやっと」との予想が外れたわけだが、こういう外れなら歓迎だ。来場所は、とにかく朝青龍戦の勝利を目指すのみ。

琴奨菊はよく7勝したというべきか。前半戦の雰囲気からすると大負けするかと思ったのだが、それなりの力はつけているということだろう。

安馬は小結で勝ち越しは大きな自信になったと思う。時天空の7勝は惜しい。勝ち越していれば殊勲賞確実だったのに。


稀勢の里はどうしちゃったんだろうか。このままずるずる後退しないことを願う。豊ノ島の勝ち越しは大いに賞賛すべきもの(正直、勝ち越しは難しいと思っていたので)。


三賞を獲得した豊真将・栃煌山は、来場所以降も大いに期待。特に豊真将には、上位陣に定着する足がかりにして欲しい。


幕内下位では、黒海・玉乃島・若の里といった実力者が2ケタ勝利。まあ、幕尻の若の里は当然過ぎる成績ではあるが、この辺りの人たちは常に上位で相撲を取ってもらいたい。



夏場所は、白鵬の綱盗りはじめ、朝青龍がどこまで巻き返してくるか(2場所続けて優勝を逃したことがないだけに)、若手力士の活躍といったところが見どころになる。

まあそれはそれとして、僕は特に白鵬以外の大関陣の相撲に注目したい。

琴欧洲は万年大関で終わるのかどうかが、ほかの3人はもう一花咲かせることができるかどうかが占えると思うので・・・。

週末のできごと

22日に異動の内示があった。

一応3年以上在籍で異動の対象になり、僕も今の所属が3年目なので、ある程度予想していたことではあるのだが、なじんできたところを離れるのは一抹の淋しさがある。

新しい職場は4月から新設される課なので、一体どんな仕事をやることになるのか、未知の部分が多く、若干不安もあるが、まあ心機一転して励むしかない。

これから残務整理で大変である。この土日も出勤したし、30日夕方からは新所属の準備作業も加わる。何せ今はない部署なのだから、机運びからやらなばならず、一仕事である。




23日は、前の職場でお世話になった人が定年退職するので、ささやかに送別会。

とはいっても、ささやかなのは人数だけで、話は大いに盛り上がり、かなりお酒もまわった。今後も折に触れて宴会をする事を約して解散。



土曜日は何とかフィギュア世界選手権の後半が見られるように帰宅。

安藤美姫優勝、浅田真央2位の結果に満足。

安藤・浅田とも名古屋人だし、5位の中野友加里も江南の人。同郷の者として喜ばしいことである。また、3位までをアジア勢が占めたのは、ひと昔前では考えられなかったことだけに、時代の流れというか、現状の勢力を実感させられた。



日曜日は、地震の揺れで目が覚めた。かなり大きい地震が近隣で起きたなと思ったら、案の定、能登を中心にかなりの被害があったようである。

被害があったと映像で出たところの中には、かつて訪れ、見覚えのある場所もいくつかあって、胸が痛んだ。

2007年3月19日 (月)

「荒れる春場所」後半戦を占う

まさかまさかの朝青龍連敗で幕を開けた春場所だったが・・・。

朝青龍は例によってだんだん調子が上がってきた感じ。このまま行けば、決定戦になって逆転優勝という可能性が最も高いのではないか。


はっきり言って、これではぜんぜん面白くない。


現在1敗は白鵬・栃東の両大関だが、果たしてこの2人のどちらかが横綱を振り切れる展開になるかどうか。本来は大いに期待したいところだが、どうも今ひとつ信用できないなあ、という感じである。

前場所5勝の栃東が7連勝するのは意外であった。中日も勝てばかなり期待が持てたのだが、中日の相撲を見ていると、後半戦はちょっと息切れしそうな気がする。

そうなると、やはり白鵬に頑張ってもらわねばならない。ただ、勝っているものの内容があんまり良くないのが不安材料。冴えないままただなんとなく勝っている、というのでは到底横綱には勝てないだろう。


他の3大関は、まあ毎度おなじみの感じで終わるでしょう。


琴光喜も、前半ちょっと良くて周囲が期待し出すところっと負けるという、いつものパターン。今場所も、良くて9勝というところではないか。

琴奨菊は相撲を覚えられた感じか。ちょっと期待外れではあるが、来場所以降につながる相撲を取ってもらいたい。


東西前頭筆頭は共に五分の星だが、評価は異なる。

稀勢の里はどうも伸び悩みかなあ。中日で五分の星は物足りない。一方の豊ノ島は善戦といえるのではないか。


あとは豊真将と、新入幕の栃煌山の頑張りに期待しましょうか。

2007年3月17日 (土)

劇団四季「ブラックコメディ」

劇団四季「ブラックコメディ」

先月に引き続き四季を観劇。

今回のは、ミュージカルではなくストレートプレイで、時間も短め、ゆえにチケット代もちょい安。


お得な(笑)、面白い舞台で満足でした。


以下、ネタバレを避けつつ・・・



停電中、という設定なのだが、舞台では、停電のシーンになると明るくなり、マッチやライターなど、明かりがつくシーンでは逆に暗くなる。

演者には、明るいシーンではいかにも暗がりで振る舞っている、という演技が要求され、他にも絶妙のタイミングが要求されるシーンが多数あり、上手い人でないと務まらない舞台である。

主役は「違いの分かる男」(←これももう死語か?分からない人も多いのかなあ・・・)石丸幹二と坂本里咲で、安心して見られる布陣。

やっぱり石丸幹二はいい声で、期待に違わず。他の出演者も良く、特に僕は初めて見た八重沢真美(=市村正親の元妻)がかなりいい味を出していた。



四季のストレートプレイを見るのは「鹿鳴館」に続き2度目だが、結構見たくなるものが多い(これまでも見たいのがいくつかあったが、タイミングが合わず断念している)。

名古屋でも見る機会が増えるといいなあ。

2007年3月14日 (水)

誕生日。

今日、35歳の誕生日を迎えました。

四捨五入すると40歳になってしまう年齢になったのかと思うと、結構な年になったんだなあ、と思ってしまいます。

今日は言わずと知れたホワイトデーですが、そのせいでいつも「入」より「出」の方が多いんですなあ。

なんだか損してるような。

まあ、お菓子なんぞを選ぶ事は結構好きなのでいいんですが(最近はいつもジェイアール東海髙島屋)、店がめちゃくちゃに混んでいるのはちょっとつらい。

10日土曜に、あんまり混まないうちにと思って開店直後くらいに行ったけど、もうダメでした・・・。

2007年3月11日 (日)

「荒れる春場所」の幕開け

「荒れる春場所」の名にふさわしい初日だったようで。

正直、朝青龍が負けるとは全く予想外だった。失礼ながら、初日時天空、2日目雅山、という取組を聞いたとき、連勝は堅いなと思った。

ニュースで負けた相撲を見たが、完全に後ろに回られて立て直せなかった姿はこれまでにないものだった。まあ、勝った時天空にすれば、うまくツボにはまった、という感じではないか。

前半で朝青龍があと2敗くらいすると面白い場所になると思うのだが、負けたあとの立て直しがうまい人だけに、普通に考えれば明日以降はふんどしを締めなおしてくるはず。

ただ、今日の負け方は最近の稽古不足のツケが一気に出た結果、ということもありうる。果たしてどうなのかは、序盤戦の内容が教えてくれるだろうから、要注目。



大関陣は相変わらず締まらない。白鵬・琴欧洲といった若い大関は一体何をやっているのか。そりゃあ、負けた相手が稀勢の里・豊ノ島といった期待の若手陣なので、勝った方を褒めるべきではあろうけれど、それにしてもねえ。

大関が初日からコロコロ負けると、「ああやっぱり今場所もダメか」と思ってしまうんで、もうちょっとしっかりしてもらいたい。

活躍して欲しい琴奨菊・豊真将が黒星。相手を考えると、今日は勝って欲しかったところだったんだけど・・・。明日以降に期待するとしましょう。

毎度同じことを言っているが、ともかくも千秋楽まで優勝が決まらないように、内容のある相撲を展開してもらいたい。

今場所は、八百長問題もあり、各力士はいつも以上に気を引き締めて、いい相撲、気合の入った相撲を見せる必要があるはずなのだから。


(八百長問題については、あんまりここで論じるつもりはありません。現時点では、あるないを論じたところで何の証拠もなく、所詮は水掛け論になってしまいます。もちろん、法廷に持ち込まれた以上は、双方がどんな立証・主張をするのかには関心を持っていますが。)

2007年3月 4日 (日)

大エルミタージュ美術館展

大エルミタージュ美術館展

2月末に招待券をもらったので、行ってきました。

土曜日ということに加え、最終日を翌日に控えてるとあって、絵を見るというよりも観客の山を見に行ったようなものでした。…ちとうんざり。

それでも、中世ヨーロッパの雰囲気はそれなりに味わえたので、よしとしましょうかね。

肝心の絵も、ゆったりと見ることができたらいいな、と思わせるものが多かったのは確かだし。

足を運んだ価値はありました。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »