サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 週末のできごと | トップページ | 市政資料館の桜 »

2007年3月25日 (日)

大相撲春場所終わる

白鵬の優勝という結果だけ見れば、僕的には嬉しい場所であった。千秋楽まで優勝争いが続いたことも喜ばしいことである。

でも、優勝決定戦のあっけない結末は予想外で、熱戦を期待しただけに完全に肩透かし。よく言えば思い切りがいいということだろうが、そうそう何度も通用するものではない。

来場所は再び横綱を目指すことになるわけなので、今度こそはチャンスをものにして欲しいし、そうなることを祈る。


朝青龍はやはり後半戦は立て直し、終わってみれば連敗後13連勝。ただ、千秋楽本割の安易な勝ち方はおよそ横綱らしくなく(普通に取っても勝てたと思うのだが)、そのツケを決定戦で払わされたということだろう。

決定戦も、たしかに白鵬の変化は全く予想外だっただろうが、あっさり手をついてしまうあたりは、それだけではなく、最近の稽古不足のせいもあるのではないか。

来場所はもう少し締まった相撲を見せてもらいたい。


他の大関陣(休場した栃東は心配で、論評の外に置く)は、惨憺たるありさま。

千代大海はなぜだか分からないまま負け越しという感じ。琴欧洲は全く存在感無く、魁皇も2場所連続で千秋楽に勝ち越し。恥を知れという他なし。


琴光喜は久しぶりの2ケタ勝利。「9勝がやっと」との予想が外れたわけだが、こういう外れなら歓迎だ。来場所は、とにかく朝青龍戦の勝利を目指すのみ。

琴奨菊はよく7勝したというべきか。前半戦の雰囲気からすると大負けするかと思ったのだが、それなりの力はつけているということだろう。

安馬は小結で勝ち越しは大きな自信になったと思う。時天空の7勝は惜しい。勝ち越していれば殊勲賞確実だったのに。


稀勢の里はどうしちゃったんだろうか。このままずるずる後退しないことを願う。豊ノ島の勝ち越しは大いに賞賛すべきもの(正直、勝ち越しは難しいと思っていたので)。


三賞を獲得した豊真将・栃煌山は、来場所以降も大いに期待。特に豊真将には、上位陣に定着する足がかりにして欲しい。


幕内下位では、黒海・玉乃島・若の里といった実力者が2ケタ勝利。まあ、幕尻の若の里は当然過ぎる成績ではあるが、この辺りの人たちは常に上位で相撲を取ってもらいたい。



夏場所は、白鵬の綱盗りはじめ、朝青龍がどこまで巻き返してくるか(2場所続けて優勝を逃したことがないだけに)、若手力士の活躍といったところが見どころになる。

まあそれはそれとして、僕は特に白鵬以外の大関陣の相撲に注目したい。

琴欧洲は万年大関で終わるのかどうかが、ほかの3人はもう一花咲かせることができるかどうかが占えると思うので・・・。

« 週末のできごと | トップページ | 市政資料館の桜 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/5817141

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲春場所終わる:

» 長谷川京子 動画 [1] SRS~長谷川京子メモリアル [長谷川京子ファンプロジェクト]
長谷川京子 動画・・・のっけからスゴイの行っちゃいます、長谷川京子 動画・・・。「SRS」というのは番組の名前なんですが、これは格闘技の番組でした。これの司会が、長谷川京子の初出演動画(?)だったことは、ファンなら誰でも知ってるはず。長谷川京子の...... [続きを読む]

« 週末のできごと | トップページ | 市政資料館の桜 »