サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大エルミタージュ美術館展 | トップページ | 誕生日。 »

2007年3月11日 (日)

「荒れる春場所」の幕開け

「荒れる春場所」の名にふさわしい初日だったようで。

正直、朝青龍が負けるとは全く予想外だった。失礼ながら、初日時天空、2日目雅山、という取組を聞いたとき、連勝は堅いなと思った。

ニュースで負けた相撲を見たが、完全に後ろに回られて立て直せなかった姿はこれまでにないものだった。まあ、勝った時天空にすれば、うまくツボにはまった、という感じではないか。

前半で朝青龍があと2敗くらいすると面白い場所になると思うのだが、負けたあとの立て直しがうまい人だけに、普通に考えれば明日以降はふんどしを締めなおしてくるはず。

ただ、今日の負け方は最近の稽古不足のツケが一気に出た結果、ということもありうる。果たしてどうなのかは、序盤戦の内容が教えてくれるだろうから、要注目。



大関陣は相変わらず締まらない。白鵬・琴欧洲といった若い大関は一体何をやっているのか。そりゃあ、負けた相手が稀勢の里・豊ノ島といった期待の若手陣なので、勝った方を褒めるべきではあろうけれど、それにしてもねえ。

大関が初日からコロコロ負けると、「ああやっぱり今場所もダメか」と思ってしまうんで、もうちょっとしっかりしてもらいたい。

活躍して欲しい琴奨菊・豊真将が黒星。相手を考えると、今日は勝って欲しかったところだったんだけど・・・。明日以降に期待するとしましょう。

毎度同じことを言っているが、ともかくも千秋楽まで優勝が決まらないように、内容のある相撲を展開してもらいたい。

今場所は、八百長問題もあり、各力士はいつも以上に気を引き締めて、いい相撲、気合の入った相撲を見せる必要があるはずなのだから。


(八百長問題については、あんまりここで論じるつもりはありません。現時点では、あるないを論じたところで何の証拠もなく、所詮は水掛け論になってしまいます。もちろん、法廷に持ち込まれた以上は、双方がどんな立証・主張をするのかには関心を持っていますが。)

« 大エルミタージュ美術館展 | トップページ | 誕生日。 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/5657362

この記事へのトラックバック一覧です: 「荒れる春場所」の幕開け:

« 大エルミタージュ美術館展 | トップページ | 誕生日。 »