サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日驚いたこと | トップページ | 衝撃 »

2007年5月27日 (日)

大相撲夏場所総括

白鵬が2場所連続優勝を全勝で飾り、場所後の横綱昇進を「文句なし!」のものとした。

場所の序盤はちょっと土俵際の詰めに不安があったが、段々内容がよくなり、終盤はまさに横綱相撲。

優勝インタビューで、「強い横綱をめざす」と言っていたが、強さだけでなく、品格も抜群な横綱になって欲しい。先輩朝青龍の悪いところはくれぐれも見習わないように。

また、土俵入りも不知火型に決まったとのコメントもあった。彼の不知火型の土俵入りはかなり映えるものになるだろう。大いに期待したい。

不知火型は宮城野部屋を再興した吉葉山の型であり、立浪一門の伝統でもあるので、すんなり決まると思っていたら、「不知火型は短命だから・・・」と、当人が難色を示したという一部報道もあったので、ちょっと気をもんでいた。

まだ若いし、自分で「短命でない不知火型横綱」になればいいだけのこと。確かにここ何人かの不知火型の横綱は短命ではあるが、羽黒山は12年横綱の地位にあったのだし、全てにあてはまるわけではない。

白鵬には、ぜひ新しい不知火型横綱の歴史を切り拓いていってもらいたい。


10勝に終わった朝青龍。千秋楽の白鵬戦は、負けこそすれ意地を見せたいい相撲だったものの、あとの3大関には完敗であり、集中力が切れたようなところもあった。

足を打撲したとか、ひじを痛めたとかいう話も伝わってきたので、それが影響したこともあろうが、それだけが原因ではなかろう。後半の相撲内容の悪さは、要するにけいこ不足でスタミナ切れということではないかと思う。

相手を痛めつけるだけのけいこでは、実にならない。土俵上でのけいこを充実したものにしないと、これから下降線をたどる一方になる。ようやく一人横綱を脱したのだから、白鵬と切磋琢磨して、心技体が充実した横綱として再起して欲しいものである。


魁皇・千代大海の両大関は、一応の存在感を見せたといえるだろう。まだやる気になれば朝青龍に勝てるのだから、もうひと頑張りを期待。

琴欧洲は影が薄かった。良かったのは朝青龍戦だけ。あとは負けた相撲は内容が悪すぎ、勝った相撲も今ひとつという感じで、魁皇・千代大海より年寄りのような印象である。自分より後に大関になった白鵬に先を越されたのだから、心機一転して欲しいものである。


琴光喜が12勝で、ご当所場所である名古屋で大関取りに挑むことになった。12勝も、また大関に挑戦することも正直全く予想外、嬉しい誤算というところ。こうなったら、何としてでも大関になるんだという強い気持ちで名古屋場所に臨んで欲しい。

僕の望みはただひとつ、「朝青龍に勝って大関昇進」である。


新関脇安馬は、千秋楽に勝ち越して関脇の座は守ったが、あんまり存在感がなかったという印象。期待の若手、琴奨菊・豊真将・稀勢の里もパッとせず。稀勢の里は完全に伸び悩み、という感じで、1から出直しを図らねばなるまい。豊真将は立会いを磨かないと、上位には通用しない。琴奨菊はちょっと相撲が消極的になっている気がする。栃煌山はまだまだこれから。

次代をになってもらわないと困る若手力士たちには、とにもかくにも、このままずるずる落ちないように、一層の精進を期待する。


続いて三賞受賞者。安美錦はやはり横綱戦に尽きる。結果的に、一門の白鵬を大いに援護したことになった。出島は、初優勝の時以来の三賞だそうだが、最後まで優勝争いをしたのは立派(元大関にはやや失礼な言い方かもしれないが)。朝赤龍は、下位で大勝、上位で大負けというパターンが多いので、今場所はある意味当然?の結果か。

3人とも常に上位で取って欲しい人たちなので、来場所失速しないことを祈る。


新入幕の龍皇。10勝したんだから敢闘賞をあげてもいいと思うんだが、いささかけちくさい。十両で14勝した把瑠都は、やはり十両では格が違うことを示した。この人も慢心とけがさえなければ大成すること間違いないはずなので、とにかく強引なというか、めちゃくちゃな相撲は封印して、けがしないようにしてもらいたいものである。


さて、7月名古屋場所は久しぶりの2横綱であり、琴光喜の大関挑戦と、今から非常に楽しみ。みんないい状態で場所を迎えることを期待する。

« 今日驚いたこと | トップページ | 衝撃 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/6569939

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲夏場所総括:

« 今日驚いたこと | トップページ | 衝撃 »