サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GWの谷間 | トップページ | 文化的な1日~その1・名古屋市博物館 »

2007年5月 3日 (木)

憲法記念日に考える。

今年は、日本国憲法が施行されて60年の節目である事に加え、国民投票法案が国会で審議されていることもあって、憲法に関する論議が盛んだ。

しかしながら、その中身はといえば、深みのないものが多く、あれよあれよという間に時の権力者の都合のいい方向に向かおうとしている状況は危険といわざるを得ない。

「国民投票法」を定めること自体は、憲法96条を具現化するものであり、それ自体は否定するものではない。問題は、なぜ議論の深まりもないまま法案成立を急ぐのかということである。衆議院を通過するまでの過程からは、日本の最高法規の改正手続きを定めるということに対する真剣さというか、重さが全く伝わってこない。

要するに、自分の任期中に憲法を改正したい安倍首相が描くスケジュールに合わせて事が進んでいるのだろうが、そもそもなぜ憲法を改正する必要があるのか、彼の話からは全く理解できない。

「アメリカに押し付けられた憲法だから、自らの手によるものを」云々という発言もあったが、こんな陳腐な議論を理由に据えるのは全くのナンセンスである。この言が説得力をもつためには、現憲法が国民の大多数に受け入れられていないという事実が必要ではないかと思う。

とてもそうとは言えまい。であるなら、主権者たる国民が是としているものの出自をわざわざ問う必要性があるのかどうか。

問われるべきは中身である。「アメリカ押し付け」などと叫ぶ人たちは、「純国産」の大日本帝国憲法下で日本は破滅し、「アメリカ原産」の日本国憲法下で平和を享受し、発展してきたことについてはどのように説明するのだろうか。

(ついでにいえば、普段はアメリカべったりなのに、どうして憲法は「アメリカ原産」ではいけないの?)

憲法の原案は確かにGHQ(≒アメリカ)の手によるものだが、日本国憲法公布までの過程、すなわち大日本帝国憲法の改正手続きは、GHQが超法規的措置で行ったわけではなく、大日本帝国憲法に定めたとおりの手続きを踏んでいるのだ。

また、「憲法が時代に合わなくなっている」という論もよく耳にするが、具体的にどの部分を言っているのか、これも明確に納得できる説に出会わない。

そもそも、憲法にあれもこれもと細かい話を、時代に合わせて盛り込もうなどと考える事自体が無理なのではないか。最低限の枠を憲法で定め、あとは個別の立法にゆだねる、と考えれば、現時点においても今の憲法で充分対応できているわけで、特段不都合があるとは思えないのだが。


結局のところ、憲法を改正したいということは、第9条を変更したいということに他ならないのだ。それを正当化するために、「押し付け」だの「時代に合わない」だのと、理由づけしているに過ぎない。

アメリカと一緒になって集団的自衛権を行使したいとしか思えない現首脳にしてみれば、憲法解釈によって自衛隊を保持し、海外派遣までは可能になったが、集団的自衛権の行使だけはどう解釈しても不可能なゆえ、改憲をということだろう。

しかし、なぜ集団的自衛権を行使する必要があるのか、まともな議論を聞いたことがない。やれ北朝鮮の脅威だとか、日米同盟強化のためだとか、「普通の国」にならなければ、とか、上っ面の議論はにぎやかだが、根本的な答えになっていないのだ。

だいたい、唯一の被爆国である日本が、「普通の国」であるはずはないし、また、なってはいけないのではないか。日本の役割は、たどってきた歴史ゆえに日本国憲法があり、集団的自衛権は行使できないことを全世界にアピールした上で、日本ならではの国際貢献の仕方を考え、核廃絶へ取り組んでいくことであって、「普通の国」になることでは断じてない。


最近の政治家(に限らないが)の歴史認識の浅さには呆れるほかなく、「沖縄戦での住民の集団自決に日本軍の強制はなかった」などという話がまかり通るのは、無知としか言いようがない。思うに、最近の政治家は、歴史小説を読めば歴史を勉強したような気になっているのではないか。ろくに史料も読んだことがない者が為政者になると、「先の戦争の評価は歴史家に委ねる」などという不見識な発言が飛び出すことになる。戦争がもたらすものや、平和というものを軽んじているとしか思えない。

(僕自身は、少なくともそこら辺の政治家よりは勉強してるつもりです)

日本の最高法規である憲法を、そのような底の浅い、不見識な連中によって恣意的にもてあそんで欲しくない。また、護憲を唱える人たちも、例えば「なぜ9条を変えると戦争に繋がるのか」というようなことをもっとていねいに説明することが必要だろう。ともかくも、深みのある、冷静な議論ができないうちは、憲法改正論議は時期尚早だと思う。


最後に1つ。憲法96条と99条は根本的に矛盾していると思うのは僕だけ?(突き詰めて考えると結構奥が深いような・・・)

« GWの谷間 | トップページ | 文化的な1日~その1・名古屋市博物館 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/6296540

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に考える。:

« GWの谷間 | トップページ | 文化的な1日~その1・名古屋市博物館 »