サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏休みの予定 | トップページ | 驚き、呆れ、そして怒り »

2007年6月30日 (土)

公開討論会

公開討論会
参議院議員選挙愛知選挙区から立候補を予定している人たちが一堂に会する公開討論会が開かれたので、行ってみました。

討論会に参加したのは、自民・民主・公明・共産・社民の各党公認で立候補を予定している6人(民主党が2人)。
憲法改正・教育・年金の3つのテーマで、約2時間にわたって各人の考えが披瀝されました。
聴衆は500人定員の会場に7割程度というところでしょうか。

なにぶん選挙がらみなので、個々人の名前を挙げてあれこれ評するということは控え、全体の印象を記すにとどめますが、なかなか有意義なひとときを過ごせました。

まずは過剰な批判や過度な興奮もなく、穏やかに討論が進んだことは結構なことでした。まあ、本格的な選挙期間に入ればまた違った雰囲気にもなるんでしょうが、今日のところは、きちんと聴衆に訴えかけようという姿勢がうかがえました。

発言の制限時間が2分とか1分に限定されていましたが、誰も時間オーバーをしなかったのも好印象。テレビの討論なんかを見ていると、割とその辺が上手くない場面に出くわすことが多いので、いい意味で意外でした。

立候補予定者の人柄なんかもうかがえたり、討論会という場にまだ不慣れな人、上手い人の差も感じることができましたが、これも討論会という機会があったからこそ分かること。
候補者一人の話なら、政見放送や街頭演説という方法がありますが、全候補者を一度に比較できる機会はなかなかないので、今後も何とか多くの機会を作って欲しいと思います。

そのためには、候補者の理解と協力、さらには討論に耐えうるだけの力も必要です。こういう場での出来不出来は結構印象に残るので、それなりの覚悟や能力が問われます。また、有権者側にも、会場をそれなりの数で埋めるなどの姿勢が必要でしょうが。

« 夏休みの予定 | トップページ | 驚き、呆れ、そして怒り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/6984503

この記事へのトラックバック一覧です: 公開討論会:

« 夏休みの予定 | トップページ | 驚き、呆れ、そして怒り »