サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小湊鉄道 | トップページ | 急行「能登」 »

2007年6月16日 (土)

四季「解ってたまるか!」

四季「解ってたまるか!」070623_21530001
















東京に来た主目的は、この芝居を観るため。

約40年前に起こった「金嬉老事件」を題材にしたストレートプレイで、一度見たいと思っていたが、今回ようやく願いが叶った。

(以下ネタバレが少々)




相当高度な「喜劇」である。劇中では、いわゆる「文化人」の底の浅さや、何か勘違いしている新聞記者、人質の奇妙な心理、警察の狼狽ぶりが喜劇として描かれる。

確かに笑えるが、笑った後、「この人たちを笑っていられるかなあ」という気にもなるのである。

特に、文化人たちが主人公(=「犯人」)に、「あなたの気持ちは分かる」を連発し、最後に主人公が表題の「解ってたまるか!」と叫ぶあたりは、日ごろ「気持ちは分かる」などと簡単に言うべきではないな、ということを思い知らされる。

主演の加藤敬二はさすがの演技。せりふの言い回しが絶妙で、どんどん引き込まれてゆく。まさに独壇場であった。

« 小湊鉄道 | トップページ | 急行「能登」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/6804846

この記事へのトラックバック一覧です: 四季「解ってたまるか!」:

« 小湊鉄道 | トップページ | 急行「能登」 »