サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 博物館と美術館のはしご | トップページ | 参議院選挙公示 »

2007年7月 9日 (月)

大相撲名古屋場所2日目観戦記

今年も休みを取り、朝から溜席で観戦してきました。

070709_08200001

←このようなのぼりも。

070709_08230001

←ここを通って入口へ。

070709_08310001

←入口はこんな感じ。

070709_10040001



















↑午前中の館内はこの程度の観客です。

今日、午前中最も注目された取組は、序二段の「史上初、国立大学卒業生対決」。

愛知県出身、名古屋大卒の舛名大と、琉球大卒、角界最年長力士一ノ矢の対戦は、このときだけはたくさんのカメラや取材陣が土俵の周りに押し寄せ、序二段の取組としては異例の光景がみられました。

結果は、一ノ矢がベテランの余裕を見せた感じであっさり決着。ちょっと舛名大のほうが意識して体が動かなかったのかも。

今年は、名古屋場所が開催されてから50周年にあたるということで、記念展示が行われていました。

070709_12200002_1

















↑今の会場の愛知県体育館に移る前は、非冷房の金山体育館(場所は、現在、市民会館があるところ)での開催ゆえ、氷柱(写真左)を置いたり、酸素ボンベ(写真右)から酸素を放出したりして暑さをしのいだらしいですが、気休め程度にしかならなかったという話も。



070709_12230001

















↑昭和33年に第1回の本場所が開かれた時の「御免札」と戦前に名古屋で準場所が開かれた時の「板番付」。





新横綱白鵬の土俵入り。ちょうどせり上がりが終わったところ。

070709_16010001

















今日は、両横綱は危なげなく勝ったというところ。大関陣は、魁皇がよもやの黒星。

琴光喜は、落ち着いた相撲で連勝。ともかくも、序盤をいい形で乗り切って、昇進ムードを自分で引き寄せて欲しいもの。

まだ2日目が終わったばかりでなんともいえない部分が多いですが、名古屋場所50年にふさわしい、いい内容の場所になることを願います。

070709_17560001








←三段目力士、男女ノ里による弓取り式で、本日の打ち出し。

« 博物館と美術館のはしご | トップページ | 参議院選挙公示 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/7087557

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲名古屋場所2日目観戦記:

» 大相撲の楽しみ方 [大相撲の楽しみ方]
大相撲とは、日本の国技の1つ。でも、最近はモンゴル勢に押され気味鐔ワ愁鐔�(>_<) そんな大相撲の本場所を楽しむための雑学、チケット情報など覗いてみてくださ〜い。 [続きを読む]

« 博物館と美術館のはしご | トップページ | 参議院選挙公示 »