サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 細川ガラシャ隠棲の地・味土野 | トップページ | 琴引浜の鳴き砂 »

2007年9月16日 (日)

木津温泉の宿

宿泊は、木津温泉「丹後の湯宿 ゑびすや」。

木津温泉は、北近畿タンゴ鉄道に木津温泉駅があって以前から気になっていたので、今回の宿泊地にしました。

木津温泉の宿

木津温泉の宿は駅の近くに数軒しかなく、温泉街というほどの規模はありませんが、落ち着いたたたずまい。



「ゑびすや」は、温泉も気持ちよく、雰囲気も上々でした。次回は鉄道で来て泊まりたいものです。

木津温泉の宿

↑本館の入口。入口は現在使われておらず、出入りは新館(1枚目の写真の看板がある建物)からとなります。

この外観から、「竜宮館」とも呼ばれていたとか。

本館内部は大正時代の雰囲気が残っています。

2階の出窓のところは、かつて松本清張が滞在して「Dの複合」を執筆した書斎だそうで、見学もできます。

木津温泉の宿

↑本館にある家族風呂「ごんすけの湯」。天井にはステンドグラスがあり、大正風が健在。

この家族風呂は「温泉教授」松田忠徳氏が絶賛したとか。

木津温泉の宿

↑もうひとつの家族風呂「しずかの湯」。こちらはかなり小ぶりで、家族というよりはカップル向き。

« 細川ガラシャ隠棲の地・味土野 | トップページ | 琴引浜の鳴き砂 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/7985956

この記事へのトラックバック一覧です: 木津温泉の宿:

« 細川ガラシャ隠棲の地・味土野 | トップページ | 琴引浜の鳴き砂 »