サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 那智の滝 | トップページ | 加悦SL広場 »

2007年9月12日 (水)

安倍首相、突然の辞任表明

安倍首相が、突然辞任を表明した。

僕自身は、一刻も早くこの人には首相を辞めてもらいたいとは思っていたが、この時期の辞任表明には、驚き呆れると同時に、憤りを禁じえない。


2週間前に内閣改造したばかりで、おととい所信表明演説をし、これから代表質問を受けようとする直前になぜ辞任を表明するのか。無責任で、常軌を逸しているとしか思えない。


思えばこの人は、常に国会を軽視してきた。

相次ぐ強行採決。参議院選挙で大敗しても政権の座にしがみつく。あげくに所信表明演説直後の辞意表明。

このような国権の最高機関をないがしろにしているとしか思えない行為の数々。国会を軽視しているということは、主権者である国民を軽視していることと同義である。

大体、参議院選挙で大敗しても辞めなかったのに、テロ特措法延長問題では、勝手に海外で延長を「国際公約」し、「職を賭して取り組む」とは、国民の意思よりアメリカの意向に添えないことのほうを重要視しているとしか思えない。

普通、一国の首相がそこまで言うのならば、不退転の決意でこの問題に取り組むのだろうと誰もが思うはずである。しかしながら首相を取り巻く環境は厳しく、追い詰められたと感じてしまったのか、代表質問を受ける自信もなくなったのか、「もうやーめた」と政権を投げ出したという感じであり、まったく無責任の極みというしかない結末となった。

このような状況になることは、参議院選挙惨敗の結果から容易に想像できたはずであり、今急に状況が変わったわけではない。それなのに今頃になって状況の厳しさに耐えられなくなった、というのならば、基本的に政治家としての資質を欠いているのであって、そもそも首相になってはいけなかったのだ。


一方、辞任の理由として、健康に問題があったからではという説もある。もしそうであるならば、内閣改造前に決断しなければならなかったし、昨日今日に政権を担えない健康状態であることが分かったから辞める、というのであれば、きちんと説明すべきである。


結局、この人は最後まで「ピントが外れていた」ということだろう。国民が当面解決すべき課題とは思っていない「戦後レジームの脱却」にこだわり、選挙で惨敗しても自分の目指す方向は支持を得ていると強弁する。そして辞めるべきでないタイミングでの辞任表明。とどめは、国民に対して混乱を詫びることばが全くなかった記者会見。


間違いなく、史上最低最悪の総理大臣の一人に列せられるだろう。このような人には、二度と政治の表舞台に出ることなく、政界からもさっさと身を引いてもらいたい。

« 那智の滝 | トップページ | 加悦SL広場 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/7916367

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、突然の辞任表明:

« 那智の滝 | トップページ | 加悦SL広場 »