サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

中島みゆきコンサートツアー2007

今日行ってまいりました。

しっかり聞き応えがあり、かつ楽しく、盛り上がったコンサートでした。




会場は、中京大学市民文化会館。

まず入場するまでが大変で、入口まで長蛇の列。これには驚きました。

↓別のホールでは、渡辺淳一講演会が開かれるとのことで、コンサートの列を講演会の列だと思って、間違えて並んでいた人もちらほら。

まあ、渡辺淳一の講演会なら、行列ができてても不思議には思わないかもしれませんが。

中島みゆきコンサートツアー2007

↓チケットと、会場で購入した「パスポート」。

チケットは抽選でめでたく当選して手に入れました・・・。(チケットには氏名が明記されています)

中島みゆきコンサートツアー2007

↓今日の曲目。

(会場によって、若干曲目は異なるそうです ←本人の話)

これがあればコメントなど要らないかもしれませんが、せっかくなので感想などを。

中島みゆきコンサートツアー2007

合間のトークが面白かったですね。

あの声で「こんばんはー」から始まり、

「歌としゃべりの声にギャップがありすぎる私」

「紅白のイメージしかないお父さん方、『しまった!』と思ってません?」

「紅白でしゃべらなかったのは、しゃべるとイメージが壊れてお父さんたちががっかりするから」

などなどの発言で会場を笑わせました。

当日のお客さんからネタを集めてDJ風に繰り広げた「お便りコーナー」(←とは言ってなかったかもしれませんが)があったんですが、かつて「中島みゆきのお時間拝借」を聞いていた身にとっては懐かしい感じがしました。


このコーナーの最後に、日本シリーズ速報を紹介して(2回終了時、D2-0F)、会場は当然のことながら盛り上がりました。僕はがっかりでしたが。



歌は、言うまでもなくよかったです。やっぱり、トークとのギャップは激しいですな(笑)。

中でも、「ファイト!」「誕生」は迫力というか、凄みのようなものを感じました。

そして、「命の別名」は、聞けると思ってなかったんで嬉しかった曲。

この曲は、かつてTBSドラマ「聖者の行進」の主題歌になったものです。久しぶりに聞きましたが、以前と変わらず心に響くものがありました。


最後は、「背広の下のロックンロール」で盛り上がってフィナーレ。

期待を裏切らない、満足のひとときでした。

おまけ。

上記の写真を撮るまでには、↓このように多数の人の波との格闘が。

撮るまでに一苦労でした。
中島みゆきコンサートツアー2007

2007年10月21日 (日)

名曲で綴る秋のひととき

名曲で綴る秋のひととき

職場の方からチケットを頂いて鑑賞してきたんですが、「芸術の秋」を彩る、なかなか楽しいコンサートでした。

指揮は斉藤一郎さん。若い方で、曲紹介などのトークが楽しく、会場をいい雰囲気にしていました。第2部では、ウェストサイドストーリーを意識して(本人談)、赤いシャツを着て登場しました。

オーケストラはセントラル愛知交響楽団、ソプラノ&司会は森本典子さんでした。

客層は教員とその家族という感じで、子供連れも多数でしたが、「聞いたことがある」という曲が多いこともあって、落ち着いて鑑賞できたのは結構でした。


曲目は以下のとおりでした。(アンコール以外は、当日の配布物によります)

<第1部>癒しのクラシック名曲集

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より序曲

モーツァルト:ディベルティメント ニ長調 kv.136

ヘンデル:歌劇「リナルド」より”私を泣かせてください”

パッフェルベル:カノン

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

ベートーヴェン:交響曲第7番第4楽章


<第2部>華麗なるスクリーンコンサート

J.ウィリアムズ:映画「スターウォーズ」より”メインテーマ”

S.フェーン:映画「慕情」より”恋は素晴らしきもの”~A.チコニーニ:映画「旅情」より”サマータイム・イン・ベニス”(メドレー)

H.マンシーニ:映画「ティファニーで朝食を」より”ムーンリバー”

J.ウィリアムズ:映画「ハリーポッター」より”テーマ”

R.ロジャース:映画「王様と私」より”シャルウィダンス”

H.アーレン:映画「オズの魔法使い」より”虹の彼方に”

L.バーンスタイン:ミュージカル「ウェストサイドストーリー」より”トゥナイト”

<アンコール>

「マイ・フェア・レディ」より”踊り明かそう”

イン・ザ・ムード

前進座公演「銃口」

「銃口」は、前進座と中日新聞社が主催した公演で、中日新聞にこの公演の紹介が載っていたときから気になっていたんですが、幸い前から2列目!という招待券を頂くことができ、観ることができた、という次第。


原作は三浦綾子。舞台は、「人間はどう生きたらよいのか」というテーマに、戦時中の思想弾圧、民族差別、そして戦争の不条理さ、非人間性を描くとともに、そんな時代でも、心を失わずに生きていた人を描く、見る者の心を打つものでした。


原作は未読だったので、会場で売られていた文庫本を買ってきました。腰を落ち着けて、じっくり読んでみたいと思います。

↓公演ポスター

前進座公演「銃口」

↓公演パンフレット

前進座公演「銃口」

2007年10月20日 (土)

クライマックスシリーズ終了

18日のパリーグに続き、セリーグのクライマックスシリーズも今日終了して、日本シリーズは2年連続で北海道日本ハムファイターズと中日ドラゴンズの対戦と決まった。


パリーグのほうは、第1ステージ3試合・第2ステージ5試合とフルに戦っての結果。

第2ステージは、流れがファイターズとマリーンズの間を行ったり来たりして、最後まで楽しませてくれた。マリーンズファンとしては残念な結果ではあったが、昨年とは違うメンバーでペナントレースとクライマックスシリーズを制したファイターズにまずは拍手を送りたい。


一方、セリーグはドラゴンズが無敗でクライマックスシリーズを制した。まあ、ドラゴンズが強かったというべきなのだろうが、あまりにもタイガース・ジャイアンツがだらしなさすぎた。

タイガースは終盤の失速ぶりを見れば、あの結果もやむをえないという感じだが、ジャイアンツのふがいなさはどうしようもない。監督の能力の差、ピッチャーのコントロールの悪さ、キャッチャーのリードの悪さが出て、攻走守に精彩を欠いた。とてもペナントレースを制したチームとは思えない戦いぶりで、がっかりである。



それにしても、まさかドラゴンズが2年連続日本シリーズに出るとは。僕の中では最悪の展開である。

今日の中継は見ていたが、不愉快極まりなく、スポーツニュースも見れりゃしない。



こうなったら、昨年同様ファイターズの日本一を信じるのみ。日本シリーズが終わるまでは、ファイターズファンになります。

2007年10月18日 (木)

アンビリーバブル

合宿研修が無事終わり、金山へ戻って打ち上げ。

1次会は普通に飲み食いをして、2次会は、イオン熱田店にある「キャッツカフェ」へ。

ここの名物の特大パフェ「アンビリーバブル」を食べよう!ということになりました。


↓現物はこういうものです。メニューによれば、量は4リットルだとか。

バケツいっぱいのパフェを食べる、といった感じ。手前に置いてあるタバコの箱と比べてもらえれば、大きさが分かると思います・・・。

アンビリーバブル

↓11人で行き、2つ注文。
アンビリーバブル




で、食べた結果・・・

↓ 完食!

アンビリーバブル

僕も結構頑張って食べましたが、さすがに食べ過ぎ…。

野間の海

合宿研修で知多半島の野間に来ています。

朝、気持ちいい空気の中、海岸まで散歩しました。

野間の海

↓セントレアが近いゆえ、飛行機もよく見えました。

(写真に撮ると小さいけど・・・)

野間の海

2007年10月13日 (土)

セリーグCS 第1ステージ

セリーグCS 第1ステージ

第1戦・中日ドラゴンズvs阪神タイガースを見てきました。


ナゴヤドームでの観戦は今季初。
当初は全く行く気がなかったのですが、運良くチケットが取れたので、タイガースの勝利を願って行くことに。


席はレフト側プライムツイン。弁当と1ドリンク付き、テーブルもあり、席も見やすい場所で、観戦環境は絶好。
セリーグCS 第1ステージ

↑弁当は係のおねーさんが配膳してくれ、食べ終わると回収してくれます。ドリンクはセルフサービスで。

しっかり量もあり、おいしくいただきました。



ただ肝心の試合内容はどうしようもなく、7ー0でドラゴンズの完勝。
川上が5回までパーフェクトピッチングで、全く打てる感じがせず(結局7回を投げて2安打、四死球なし)。

タイガースは全く収穫のない負けっぷりで、がっかりして帰路につきました…。

残念。

2007年10月 3日 (水)

読売ジャイアンツ 5年ぶりのセリーグ優勝

ということになりました。

アンチ原辰徳の僕としては大して嬉しくもないのだが、とにもかくにもドラゴンズの連覇を阻止できたので、よしとするしかない。

ドラゴンズに連覇されるくらいなら、ジャイアンツ優勝のほうがましなので。


なぜアンチ原辰徳なのかとか、今シーズンの振り返りといった話はまた改めてしたいと思うが、クライマックスシリーズは、1にタイガース、2にジャイアンツの応援順である。ドラゴンズが日本シリーズ出場などもってのほかである。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »