サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画「ユゴ −大統領有故−」 | トップページ | 大相撲春場所開幕 »

2008年3月 9日 (日)

2008 名古屋国際女子マラソン

名古屋国際女子マラソンが今日行われ、初マラソンの中村友梨香が優勝した。

有力選手がひしめく中、かなりのスローペースで始まった前半であったが、中間点から30キロ過ぎまでの勝負はなかなか見応えがあった。32キロ付近からトップにたった中村の走りは見事で、前半もう少しペースが速かったら、もっといい記録が出ただろうと思う。


さて、最も注目された高橋尚子はまさかの9キロ過ぎの脱落、完走できるかどうか心配な状態だったが、完走して27位となった。

僕自身、高橋と同じ1972年生まれであること(高橋は5月、僕は3月)、隣県の岐阜県出身であることもあって、ずっと応援してきた。

「年齢による限界説」などがささやかれると、何だか自分の世代がそう思われているような気がして、反発を覚えたものである。

今回も、高橋尚子なら優勝できるのではないかと期待していたが、まさかの序盤での失速であり、きわめて残念な結果となってしまった。しかし、それでも完走した姿は、「あきらめなければ夢はかなう」ということを示すことはできなかったが、「あきらめずにやり遂げる」大事さを伝えたように思う。


レース後の会見では、「これが今の実力」と認めた上で、昨年8月に右ひざの半月版切除手術をしたことを明かした。

やはり、手術後7か月でレースに臨むというのは、常識的には時間が足りないということであろうし、かつての師である小出義雄が、直前の調整の失敗ではないかと分析していたように、レース前にすでに勝ち目はなかったのかもしれない。

そんな状態でも、完走して倒れ込むこともなく、レース後は明るい表情を見せ続けたことに、高橋の人としての強さを感じる。

マラソンには、背後にいろいろなドラマがあるものだ、とつくづく思う。


高橋が口にする「夢はかなう」。

最近は、その前に「あきらめなければ」という言葉がつくようになったが、それは、自分自身にも向けられていた言葉だったのだと分かった。

そして、同じ「夢はかなう」でも、かつての「夢はかなう」と、現在の「あきらめなければ夢はかなう」には、この間に苦難を重ねたことによる違いがあることを改めて知った。

「まだやりたいことがある」と言う高橋。それが何であるのかは分からないが、変わらぬ声援を送り続けたいと思う。

« 映画「ユゴ −大統領有故−」 | トップページ | 大相撲春場所開幕 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/11129811

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 名古屋国際女子マラソン:

» 名古屋国際 [らくがきオンリー]
高橋尚子選手、残念でした...... 応援していたんだけどなぁ。 でも敗因がアレだし、ここのところの故障に次ぐ故障で身体も相当悲鳴を上げていたのかと。 これに対し、 「注目レースの前に身体を壊すなんてプロじゃない」 「万全の態勢で来るのがプロってもんだ」 こんな風に言ってる人がいたけど、身体が壊れる...... [続きを読む]

« 映画「ユゴ −大統領有故−」 | トップページ | 大相撲春場所開幕 »