サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北斎展 | トップページ | 夜桜 »

2008年3月24日 (月)

大相撲春場所総括

朝青龍の4場所ぶりの優勝で幕を閉じた春場所。

正直なところ、朝青龍はもう少し苦労を重ねる必要があり、優勝するのはまだ早いと思っていたので、あまり祝福する気になれない。

ただ、この人らしくなく終盤に崩れたのを立て直して優勝したことは評価してもいいとは思う。

この人に望むのは、言っても無駄かもしれないが、とにもかくにも品格を備えることである。

立ち合いに両手を土俵につかない、蹲踞がだらしないなど、土俵上の所作もそうだし、場所前の稽古も適当に休む、言動も相変わらずと、遺憾な限りである。

横綱は全力士の手本になるという意識をもたないとダメだし、まわりがもっときちんとさせなければいけないのだ。


4連覇を逃した白鵬。

「2場所連続の横綱相星決戦で連勝した人はいない」というジンクスは生きていたということになるのだろうが、朝青龍との一番は、何をそんなに焦ったのかという印象。

立ち合いは悪くなかったと思うが、まわしが取れないまま慌てたように寄って出ては、さすがに朝青龍は見逃してはくれまい。

負けた3番は、いずれも不注意な相撲を取った結果である。今後いかにこういう相撲をなくしてゆくかが課題となろう。


さて、大関陣であるが、琴欧洲は途中休場、他の3人はそろって8勝という情けない結果。

毎回同じようなことを書いているのでいいかげん嫌になるが、せめて1人くらいは終盤戦まで優勝争いに絡んでくれないと大関の名が泣く。

まあ琴光喜はようやく朝青龍に勝ったし、千代大海も白鵬に勝ったことで多少の存在感を示したが、大関が横綱に勝つことが大きなニュースになる自体が恥ずかしいことを自覚してもらいたい。


三役陣も大負けした豪風以外は8勝止まり。

安馬は場所中に怪我をしたらしいが、全く存在感がなかった。琴奨菊は、朝青龍戦の相撲は目を見張るものがあったが、8勝で終わる人ではないはず。稀勢の里も同じで、朝青龍戦で露呈した研究不足が、三役で2ケタ勝てない所以であることを肝に銘ずるべきである。

結局、横綱との力の差が、勝ち星に如実に現れているということであり、しばらくは横綱2強時代が続くということを改めて示した場所になったと思う。


今場所は横綱と平幕しか2ケタ勝利を挙げた力士がいなかったわけだが、その平幕力士も、幕内中位・下位ではそのくらいの星を挙げて当然という顔ぶれである。

来場所は番付が上位となるはずで、果たしてそこで安定した成績が残せるかどうかはやや疑問であるが、それでは困る。やはり稽古を積んで精進あるのみである。


さて、朝青龍のところでも少し触れたが、またぞろ立ち合いが乱れてきている。

両手をしっかり下ろさない、呼吸を合わせないために立ち合いが合わない(=待ったが多くなる)というのが目立つ。

前者の代表が朝青龍と安馬であり、後者の代表が琴光喜と市原だろうか。


まず、立ち合いは、「両手を土俵にしっかりつけて立つ」「片手を土俵につけ、もう一方の手は立つ時につく」のいずれかが求められており、要は立会いの瞬間は両手を土俵に着かなければいけない。

朝青龍も安馬も、ひどいときは両手とも土俵についていない有様である。


また、立ち合いは両者が呼吸を合わせて立つものであるが、やたらにゆっくり仕切ってみたり、なかなか立とうとしなかったりと、「汚い立ち合い」をするのが琴光喜と市原で、僕個人的にはこちらのほうが許しがたい。


かつてやったように、全力士・親方・行司を呼んで再度指導するべき時に来ているのではないだろうか。

相撲協会が「土俵の充実」を言うのであれば、まずはここからきっちりと取り組んでもらいたい。

« 北斎展 | トップページ | 夜桜 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/11708666

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲春場所総括:

« 北斎展 | トップページ | 夜桜 »