サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008 名古屋国際女子マラソン | トップページ | 36歳の誕生日 »

2008年3月10日 (月)

大相撲春場所開幕

大相撲春場所の幕が開いた。

初日の幕内の相撲をテレビ観戦したが、全体に足が地についていないというか、ふわふわした感じの相撲が多かった印象。

その中では、やはり朝青龍の相撲が一番厳しかったということになろうか。

先場所敗れている稀勢の里を全く問題にしなかった。もっとも、稀勢の里の立会いも甘く、張り差しに横を向いてしまうようでは研究不足と言われても仕方あるまい。

白鵬は、豪風にもろ差しを許すなどやや苦戦したが、最後は実力勝ちといったところ。初日に負けることが多いので、とりあえずはいいスタートが切れたと言えるだろう。


情けないのは大関陣で、千代大海以外の3大関が文字通りの惨敗。大関を名乗るのも恥ずかしい、ひどすぎる相撲であった。勝った千代大海にしても、気力だけで勝ったという感じで、右ひじの調子は回復していないようであり、前途は多難である。



さて、場所前に時津風部屋の力士暴行死事件に関して、現役力士3人が逮捕、起訴される事態となった。「有罪が確定したら解雇、それまでは出場停止」という処分についてはいろいろ意見はあろうが、それ自体はまあ妥当なものではないかと思う。

問題なのは、そこへ至るまでの協会の対応の遅さ、迷走ぶりである。これについては以前にも書いたので繰り返さないが、とにかく自主的に動くことがなさ過ぎる。協会の外で何か動きがあってやっと行動を起こす、ということの繰り返し。

おまけに、初日恒例の理事長による「協会御挨拶」でも、この件についての言及が全くなかったとか。相変わらずの当事者意識のなさには呆れるほかない。

はっきりしているのは、「北の湖理事長に何を言っても無駄であり、彼には何もできない」という、悲しい事実だけである。

« 2008 名古屋国際女子マラソン | トップページ | 36歳の誕生日 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/11133250

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲春場所開幕:

« 2008 名古屋国際女子マラソン | トップページ | 36歳の誕生日 »