サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

ミュージカル「SEMPO」

ミュージカル「SEMPO」
「SEMPO」は、杉原千畝(すぎはら・ちうね)のこと。
杉原千畝は、第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として、本国からの命令に背いて通過ビザを発行し、多くのユダヤ人を助けた外交官である。

「CHIUNE」は、発音が難しいため、杉原自身が「SEMPO」と名乗っていたことから、ミュージカルのタイトルを取ったようだ。

杉原は、僕の高校の大先輩にあたるが(もちろん杉原在学当時は旧制中学)、在学中に存在を知ることができなかったのは残念だと、今でも思う。


少し前置きが長くなったが、ミュージカルは期待以上にいいものであった。

観る前には、正直なところ、主演が吉川晃司というのにはあまり魅力を感じていなかったし、期待もしていなかった。どうにもイメージが合わないのである。

ところが、その吉川晃司は当初そういう印象を持ったのが申し訳ないと思えるくらいに良かった。終盤の演技や歌には凄みも感じられ、役になりきって、観る者の心をつかんでいたと言っていいだろう。

カーテンコールでは、この日の公演で「千秋楽」になる子役を紹介したり、共演者に話を振ったりと、なかなかの座長ぶりであることもうかがえた。

この公演を観て、何となく「チャラチャラした奴」と思っていた吉川晃司を見直した次第。


観客は吉川晃司の根強いファンであると思われる30代後半〜40代前半らしい女性が多く、カーテンコールではスタンディングオベーション。

まあ、ファンであるなしに関わらず、それだけの内容であったことは確かである。


他のキャストも、元四季の井料瑠美・今拓哉とか、元宝塚の森奈みはる(病気降板した愛華みれの代役)・彩輝なおというところを始め、脇を固めるキャストもなかなかしっかりしていた。


さらに、ミュージカルへの詞曲の提供は初めてという中島みゆきの手によるテーマ曲、挿入歌が心に響いた。
歌った吉川晃司はじめ出演者の力と、「みゆきワールド」がうまくマッチしていたという感じであった。

2008年4月20日 (日)

映画「うた魂♪」

映画「うた魂♪」

年に1度とはいえ、一応合唱をやっているので、これは観なければと思って映画館へ足を運びました。


期待以上に面白い映画で、「みんながひとつになる」ことの素晴らしさとともに、「合唱っていいな」と思えるような内容でした。
また、「一生懸命やることをバカにする」風潮をやんわりと否定するようなメッセージも込められていたような気がしました。


と、優等生的な感想から始めましたが、前半はとにかく笑える内容が多く、後半はちょっと心にジーンとくる、という感じでしょうか。

僕と年齢が変わらないゴリが高校生役をやっていること自体が喜劇に属しますが、映画で見るとあまり違和感なく、「こんな感じの高校生いるよなあ」と思えてくるから不思議。



映画を観て一番笑うことができる世代は、おそらく30代後半から40代くらいではないかと思います。

たとえば、薬師丸ひろ子が演じる教師のセリフ、

「・・・・、なんてね。」

に反応できるのは、この世代以上ではないかなあ。


薬師丸ひろ子といえば、作中で彼女が歌う「OH MY LITTLE GIRL」は結構感動ものでした。

この映画のサンドラには収録されていないらしいので、かなり貴重な歌と言えるのではないでしょうか。

2008年4月13日 (日)

雁宿公園

雁宿公園

雁宿公園

年度始めのバタバタもとりあえず一段落。


今日は、半田で所用があったので、ちょっと早出して雁宿公園を訪ねてみました。



散り果てる前の最後の桜をみることができました。


…ここは、小学校1年生の時の遠足の行き先でした。

その時は熱が出て病院に行く羽目になり、行けなかった思い出が。


もう30年前のことですが、なにぶん旅行だとか、お出かけとかの前に体調を崩した経験がほとんどないので、かなり強烈な記憶となっています…。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »