サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

京阪中之島線初乗り

京阪中之島線初乗り
京阪中之島線初乗り
京阪中之島線初乗り
京阪中之島線初乗り
京阪中之島線初乗り
吉野からの帰りに初乗り。

中之島駅で降り、地上へ出た時に見た夜景は、なかなかのものでした(一番下の写真)。

夕方のラッシュ時に乗ったのにすいてたのは、開業して間もないせいで定期券利用客が少ないと思われることと、運賃が割高なことが理由でしょうか。

吉野山点描

吉野山点描
吉野山点描
吉野山点描
吉野山点描
吉野山点描
10年くらいぶりに吉野を訪れました。

平日でもそれなりの観光客がいたのは、にわか観光地ではない、伝統の重みでしょうか。

2008年10月19日 (日)

犬山橋

犬山橋
岐阜県側から撮影。

2000年3月まで鉄道道路併用だった面影はありませんが、今も名鉄電車の撮影名所であることは変わりありません。

名鉄モノレール線

名鉄モノレール線
名鉄モノレール線
名鉄モノレール線
名鉄モノレール線
名鉄モノレール線
今年12月27日限りで廃止になるので、ちょっと早めのお別れ乗車をしました。

終点動物園は、降りると動物園(日本モンキーパーク)に入るしかないと思いきや、県道へ下る道があったのは今さらながらの発見(写真下)。

動物園からは、モンキーパーク帰りの家族連れで賑わっていました。

廃止の理由は老朽化(車両は1962年製でした)で、設備を更新するほどの需要はないということでしょうが、何とかする余地はなかったのかなあ、と思います。

名鉄広見線・御嵩界隈

名鉄広見線・御嵩界隈
名鉄広見線・御嵩界隈
名鉄広見線・御嵩界隈
廃線が噂されている新可児−御嵩間を乗ってみました。

ひょっとすると、ここへ来るのは平成になってから初めてかも…。

やっぱり客は少なく、地元の人よりもその筋の人が多いという状況でした。

せっかく来てすぐ折り返すのもつまらないので、帰りは御嵩から御嵩口まで歩いてみました。

でもやっぱり他に乗降客はなし。

九州 列車の旅

九州 列車の旅
納屋橋のINAXギャラリーで、このような展示がされていたので、足を運びました。

狭いスペースに、デザイン画、写真始め、「つばめ」「なのはな」の座席や制服、各種パーツの実物が展示してあり、デザインの良さがわかるようなものとなっていました。

この展示、12月からは東京、2月からは大阪のINAXギャラリーで開催されるそうです。

2008年10月11日 (土)

学問の秋につき。

学問の秋につき。
このような講座を受講してきました。

刈屋富士雄アナは、
「栄光への架け橋だ」(アテネオリンピックでの体操団体)、
「オリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました」(トリノオリンピックでの女子フィギュアスケート)
などの名言で知られる、大相撲をはじめとするスポーツアナウンサー。

大きい教室で結構多くの受講生がいるのかと思ったら、意外にも小教室で、受講生も40人弱。

1時間半の講座は、経験に裏打ちされた説得力ある話の連続で、少人数ではもったいないような面白いものでした。
(時節柄大相撲の話が半分を占めまして、結構きわどい話もありましたが、受講生の特権ということで、詳細は控えます)

ひとつだけ紹介すると、最後にあったQ&Aで、来年からアナウンサーになることが内定したという男性からの

「実況の中で感情表現をすることをどう思うか」という質問に対し、

「人間だから感情が入ることは否定することではないが、問題は視聴者が共感するかどうか。その場の状況をこわすようであればやるべきでない」

という趣旨の答えをされていました。

この話を聞いて思い出したのが、ワールドカップか何かの時の、日本テレビのFアナの
「ゴーーーール」何十連発。
これこそ場の状況を壊し、視聴者の共感を呼ばない実況の見本だなと、個人的には思いますね。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »