サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黒ラーメン、ふたたび | トップページ | フェリーで旅立ち »

2009年7月18日 (土)

大相撲名古屋場所6日目観戦記

大相撲名古屋場所6日目観戦記
大相撲名古屋場所6日目観戦記
大相撲名古屋場所6日目観戦記
大相撲名古屋場所6日目観戦記
大相撲名古屋場所6日目観戦記
今年も朝から相撲観戦ができました。

ここ数年、あらかじめ休む日を決めた上で前売り券を買っていたのですが、今年は全くめどがたたず、観戦は無理かと思っていたところ、この日だけ会議や打ち合わせ、その他の予定が入ってなかったので、何とか休みを取ったという次第。

8時40分取組開始、終わるのは18時前という長丁場ですが、それでも相撲は朝から観るに限ります。
朝から見ると何がいいかは、とにかくだまされたと思って一度お試しを、というよりないですね。
私的おすすめの理由のひとつは取組開始前の雰囲気。
静かな空気がなかなかいいです。始発列車を待つ駅のホームの静けさに通じるものがある、と言うと何となく分かってくれる方もいるでしょうか。

もうひとつは、地位が上がるにつれて、体つきとか、相撲のスピードとかが格段に違うことが実感できること。1日のうちにこれができるというのは、他にあんまり例がないのではないかと思います。

席は、奮発して溜席(=土俵のそばの席)にしてますが、やっぱり迫力が違います。
力士の息遣い、ぶつかる音などはやっぱり近くで観てこそのものがあります。
1万円を超えますが、年に1回のことかつ1日過ごすことを考えれば、価値はあります。この日も幸い当日券をゲットできました。

お得な観かたは、椅子席(指定席でも5000円以下)を買っておいて、途中まで空いてる溜席で観ること。お客が入りだすのは早くても2時以降で、それまではガラガラゆえにできる芸当ですが、ワタシもかつてはそんなふうにしていましたし、みんな結構やっています。

この日の相撲内容は、序二段下位を除けばまずまずよかったと思います。
序二段下位は、立ち合いは合わないし、引き技が多いしと散々。これじゃあ強くなれんな、という感じの相撲ばっかりだったのは残念。ただ、序二段の中位から上位にかけては、土俵際でもつれる相撲が多く、取り直しになった相撲も何番か。取り直しまで行かなくても物言いがついた相撲が多く、あれだけ多かったのは観戦した中では初めてかも。

横綱、大関戦だけいくつか振り返っておくと、負けたのは千代大海と琴光喜。
千代大海が負けても最早波乱でも何でもありませんが、岩木山に完全に力負け。琴光喜は稀勢の里に立会い変化という消極的な相撲で墓穴を掘り、完敗。勝てば今場所ここまで全勝できたのはまぐれじゃないことの証明になったのに、これではどうしようもありません。

横綱2人は全く危なげなし。対戦した相手は「日本人期待の星」(=日本人だ、モンゴルだとことさらに言うのは好きじゃないんですが、ここではあえて)栃煌山と琴奨菊だったんですが、力の差を見せつけられただけの結果に。毎場所期待されながら裏切り続ける彼ら。稽古そのものが足りないか、そうでなければ稽古の中身に問題があるといわざるを得ません。

朝青龍は、モンゴルに1か月くらい帰っていて、場所前にちょっと稽古しただけだというのにここまで全勝。そんなふざけた場所前の過ごし方をした朝青龍が万一優勝などということになれば、しばらく相撲界に期待は持てません。

日馬富士の綱とりが消えた名古屋場所、ワタシの注目は2つ。
1つはもちろん優勝争いですが、もうひとつは期待されてはそれを裏切り続けたひとり、稀勢の里が今場所何勝するか。
横綱を倒して10勝以上すれば、ようやく大器が目覚めたと言ってもいいかもしれません。

« 黒ラーメン、ふたたび | トップページ | フェリーで旅立ち »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

記事とは関係ありませんが・・・。昨日はお疲れ様でした。また、秋に飲み会をやりますので、是非ご参加ください。お互い、係長はストレス溜まりまくりですが、ガマンです。
昨日の帰り、集中豪雨に見舞われて、気合を入れて新品のスラックスやらカバンなどなどを着ていったのに、ずぶぬれになってしまいました。(泣)

先日はありがとうございました。
久しぶりにお会いした皆さんと、楽しい時を過ごせました。またぜひ、よろしくお願いします。

・・・あの会の前後は、こんな事をしていたわけでして。時々のぞいていただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/30589153

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲名古屋場所6日目観戦記:

« 黒ラーメン、ふたたび | トップページ | フェリーで旅立ち »