サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

東京出張中

東京出張中
東京出張中
今日、明日と東京出張で、現在ホテルでくつろぎ中。

昼間は台風接近で風雨が強い中の行動を強いられたものの、一人だったので気楽。

夕方からは上司が一緒だったものの、何とか今日は現地集合・明日は現地解散にして、多少の自由は確保。

写メではうまく表現できませんが、部屋からの夜景はなかなかのもので、癒やされております。

2009年8月30日 (日)

今日のナナちゃん人形

今日のナナちゃん人形
今日のナナちゃん人形
衣装と右手の鳴子は、すっかり夏の終わりの風物詩となった「どまつり」。

左手には今日の選挙の啓発。

めったに見られないコラボレーション。

二川宿本陣資料館

二川宿本陣資料館
二川宿本陣資料館
二川宿本陣資料館
二川宿本陣資料館
今日まで、東海道線全通120年にちなんだ「鉄道開通」という展示があると知り、出掛けました。

二川で降りたのは初めて。夏らしい天気になった今日、資料館まで歩いて10分くらいかかったのはちとこたえました…。

展示は豊橋・二川両駅の変遷が分かる資料始め、国鉄時代を物語る資料が多数で、なかなかの内容。
個人的には、石狩沼田駅で列車を待つ文金高島田の花嫁さんの写真と、栗山駅ホームに立つ3人の駅弁の売り子の写真が秀逸。昭和30年代の状況がよく想像できるものでした。

本体の資料館のほうも、本陣と宿場の様子を解体復元してあるなど、当時の様子がよく分かるようになっていました。
惜しむらくは復元ゆえ、古さがやや損なわれていることですが、やむを得ず。

ちなみに、投票はここへ来る前に行ってきました。
かなりの人出にびっくりでした。

2009年8月24日 (月)

玉藻公園

玉藻公園
玉藻公園
玉藻公園
玉藻公園
帰り際に、未訪だった玉藻公園(高松城址)を散策。

落ち着いたたたずまい。
再来年完成に向けて天守閣再建中とのことなので、またそのころにはゆっくり来たいと思います。

2009年8月23日 (日)

四国鉄道文化館

四国鉄道文化館
四国鉄道文化館
四国鉄道文化館
四国鉄道文化館
伊予西条駅前にある「鉄道歴史パークinSAIJO」を成すのが、「四国鉄道文化館」と「十河信二記念館」。

静態保存されている0系新幹線と機関車(DF50トップナンバー)の運転台にはいれたり、展示品も面白いものが多く、予想以上に楽しめました。

道後温泉に憩う

道後温泉に憩う
道後温泉に憩う
道後温泉に憩う
道後温泉に憩う
道後温泉に憩う
昨夏以来の道後温泉本館。

松山駅から乗った市内電車は途中からワタシだけになったのに、さすがに温泉街は賑わっています。

なぜかここへ来るときはいつも駆け足になるのが残念なんですが、今日はちょっとだけでも憩いの気分に浸るべく神の湯2階を選択。
(そもそも松山に泊まったのは学生時代に一度きりというのがこうなる原因なんですが)

浴衣に着替え、お茶とせんべいをいただいてしばしくつろいでいます。

次こそはゆっくりと3階の個室を試したいものです。

2009年8月22日 (土)

森の国ぽっぽ温泉

森の国ぽっぽ温泉
森の国ぽっぽ温泉
森の国ぽっぽ温泉
森の国ぽっぽ温泉
森の国ぽっぽ温泉
松丸駅で途中下車し、隣接の温泉でひと浴び。

お湯はワタシにとっては適温で、さっぱりしました。

ちなみに足湯もあり、こちらならホームからすぐ。

しまんとグリーンライン

しまんとグリーンライン
しまんとグリーンライン
しまんとグリーンライン
しまんとグリーンライン
しまんとグリーンライン
予土線を西にたどっています。

乗った列車は「清流しまんと1号」だったものの、団体客で満席のためトロッコ車両には乗れず。

でも、四万十川を眺め、のんびりした気分になっています。

新改駅

新改駅
新改駅
新改駅
新改駅
新改駅
青春18きっぷで四国旅行中。

四国に2つあるスイッチバック駅のひとつですが、降りたのは初めて。

乗った列車が、この駅に20分停車したので降りることができました。

山奥で時が止まったかのようなひととき。

2009年8月 7日 (金)

サマー・ポップスコンサート2009

【仮題】今夜の出掛け先

このようなコンサートを楽しんできました。

今回は、服部克久・服部隆之親子、丸山和範の3氏をスペシャルゲストに、「編曲」の醍醐味が堪能できる、というのが特徴。

看板に偽りなく、指揮のボブ佐久間氏を加えた4氏の世界が存分に発揮された、楽しいコンサートでした。

内容については、以下にプログラムを紹介するので想像していただきたいんですが、一番強く感じたのは、服部克久という人は偉大だということ。ステージトークの内容や、披露された曲は、そう思わせるのに充分でした。


<プログラム>

※当日配布のパンフレットより(一部編集)

第1部

序曲「夏」/Overture"Summer"

(ボブ佐久間作曲/中田喜直原曲)


服部隆之の世界

「桜坂」

(服部隆之編曲/福山雅治作曲)

「THE世界遺産」メインテーマ Les enfants de la terre ~地球のこどもたち~

(服部隆之作曲)


丸山和範の世界

「THE BEATLES A la DOMO!」

(丸山和範編曲:The Long and Winding Road始め13曲のメドレー)

「THE Harimaya Bridge はりまや橋」

(丸山和範作曲)


服部克久の世界

「カーペンターズ・メドレー」

(服部克久編曲:Top Of The World始め5曲のメドレー)

「Fugue in C minor」

(服部克久作曲) 編者注:服部克久が初めて作曲した作品(18歳の時)



第2部

ボブ佐久間と名フィル・ポップスの世界

「Sorrry,Mozart!」四拾番編

(ボブ佐久間編曲/W.A.Mozart原曲)

「日本のらぶろまんす」Vol.1

(ボブ佐久間編曲:涙そうそう<BEGIN作曲>~I LOVE YOU<尾崎豊作曲>~夜空ノムコウ<川村結花作曲>~瞳をとじて<平井堅作曲>~さくら<森山直太朗作曲>~三日月<西尾芳彦&絢香作曲>~千の風になって<新井満作曲>)


燃えよアレンジャーズ! 4人のアレンジャーが編曲・指揮リレー

「上を向いて歩こう」

(ボブ佐久間・服部隆之・丸山和範・服部克久編曲/中村八大作曲)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »