サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 元日 | トップページ | 熱田神宮へ初詣 »

2010年1月17日 (日)

開府400年オープニング記念コンサート

開府400年オープニング記念コンサート
開府400年オープニング記念コンサート
開府400年オープニング記念コンサート
開府400年オープニング記念コンサート
今年、名古屋市は「開府400年」を迎えました。
(1610年に名古屋城の築城、「清須越(清須からの城下町の移転)」により、名古屋のまちづくりが始まったことによります)

ということで、今年1年いろいろなイベントがあるわけですが、このコンサートも文字どおりそのひとつ。

曲目は下に記しましたが、100年前、開府300年を記念して作られたという「名古屋市歌」は秀逸。
初めて聴きましたが、当時の日本の洋楽のレベルの高さがうかがえる作品だと思いました。
あと、ワタシの好きな「フィンランディア」が演奏されてゴキゲンでした。


今回のコンサート、中学生・高校生と名古屋フィルハーモニー交響楽団との共演というのが目玉でして、演奏前に練習風景も流れていましたが、2か月前から数回の練習で、それなりのレベルに達していたのは大したものです。

練習の大変さは、ワタシも第九の練習をしているんでわかるところもあります。
音「楽」なのに、楽しくないと思うこともあったでしょうが、本番が終わった後は、きっと「楽」しくなったことでしょう。

ぜひ、このメンバーから、未来の音楽家がたくさん生まれて欲しいものです。

<曲目>プログラムをもとに筆者が適宜省略・補足

第1部
コープランド「市民のためのファンファーレ」

ヨハン・シュトラウスⅡ世「ワルツ『美しく青きドナウ』作品314」

岡野貞一[岩本渡編]「名古屋市歌」
・・・名古屋開府300年を記念して作られたもの。岡野貞一は、文部省編纂「尋常小学唱歌」の編纂・作曲委員で、「朧月夜」「春が来た」「ふるさと」などの作品を生み出した。

森本彰夫[葛谷賢人編]「夢、つなごうなごらっチョ」
・・・名古屋開府400年祭マスコットキャラクター「はち丸」のPRソングとして作られたもの。森本彰夫は、現役の名古屋市職員。いくつも歌を作っています。(なお、はち丸は、上から2番目の写真。ちなみにその下の写真は、同じくマスコットキャラクター「エビザベス」「だなも」)

外山雄三「交響曲『名古屋』」
・・・中京テレビ(日テレ系列)開局15周年を迎えた時に、同局の委嘱によって作曲されたもの。外山雄三は1981年から87年まで、名フィルの音楽総監督兼常任指揮者。

第2部
ジェイコブ「ウィリアム・バード組曲より3曲」

※以下が、中高生&名フィルの共演で演奏された曲。
ハチャトゥリアン「組曲『仮面舞踏会』」
・・・第1曲「ワルツ」は、浅田真央がショートプログラムで使っている。また、平原綾香が詞をつけて歌ったものがアルバム「my Classics!」に収録されている。

シベリウス「交響詩『フィンランディア』作品26」

ボブ佐久間「煌めきの未来へ」
・・・名古屋城本丸御殿復元イメージソング。ボブ佐久間は名フィルのポップスオーケストラ・ミュージックディレクター。この曲にボブ佐久間が歌詞をつけ、新妻聖子(稲沢市出身。ミュージカル「ミス・サイゴン」などに出演)が歌っている。

アンコール「夢、つなごうなごらっチョ」
・・・河村市長が登場し、ステージで歌っていました。

« 元日 | トップページ | 熱田神宮へ初詣 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/33024044

この記事へのトラックバック一覧です: 開府400年オープニング記念コンサート:

« 元日 | トップページ | 熱田神宮へ初詣 »