サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

第2戦終了

第2戦終了
ドラゴンズ大勝。
マリーンズの敗因は初回の井口の守備。

マリーンズを応援してるワタシとしては残念ですが、ドラゴンズの河原、三瀬、高橋、浅尾、岩瀬と、見たいピッチャーが見られたので、よしとしましょう(←矛盾してるけど)。

第6戦も観る予定なので、とにかくナゴヤに帰って来ることを願っています。

日本シリーズ第2戦

日本シリーズ第2戦
日本シリーズ第2戦
観戦に来てます。
先発はドラゴンズがチェン、マリーンズがマーフィー。

マリーンズは渡辺俊介を見たかったんだけど、残念。
(大方の予想は渡辺俊介だったと思いますが…)

2010年10月30日 (土)

妙見ケーブル

妙見ケーブル
妙見ケーブル
未乗の妙見ケーブルに乗車。

能勢電鉄妙見口駅からケーブルの黒川駅まで歩いて15分かかったんですが、恐ろしく遠く感じました。
(バスもありましたが、時間があわず)
これまで乗ったケーブルカーの中では、四国の八栗ケーブルに次ぐ最寄り駅からの遠さかと。

軌間が広いと思ったら、十国峠のケーブルとここしかない標準軌(新幹線と同じ線路幅)の由。

山上駅から少し登ったところにはリフトもありましたが、寒いのと、私の鉄道完乗対象にリフトは入らないので、今回はリフト乗り場を眺めただけでパス。
桜の頃に来るとよさそうな感じです。

タカラヅカ

タカラヅカ
タカラヅカ
タカラヅカ
宝塚でJRから阪急に乗り換えるついでに、花のみちを歩いて宝塚大劇場の前まで往復してみました。

さてさて、劇場前には入り待ちの人がカメラを持ってあまたいるのはお約束でしょうが、入口でもないあさってのところに数十人が行列を作ってるのは、何が目的かよく分かりません。
恐るべし、タカラヅカの掟、というところか?

宝塚歌劇は、一度観てみたいと思うものの未だ果たせず。
でも、男一人ないしは男だけで行くと完全に浮きそうです。劇場前にいたのは女性ばっかだし。

そーいえば、前の職場で同僚だった女性も、ヤフオクでチケットを買っていくほどのファンだったし、やっぱり女の世界か…。

2010年10月29日 (金)

ふたつの和田岬駅

ふたつの和田岬駅
ふたつの和田岬駅
神戸市の地下鉄未乗区間に乗車中。
(我ながらこんな時間まで何してるんだかとは思うが)

海岸線に乗って、和田岬で途中下車。
隣接しているJR駅に寄ってみました。

残念ながら終電が出たあとで、乗ることはかなわず。
ここは電化前にしか乗ったことがないので、そのうち乗りたいところではあります。

名神ハイウェイバスで西へ

名神ハイウェイバスで西へ
昼下がりの旅立ちとなりました。
大阪駅行きバスは8割方埋まっていて盛況なのは予想外。

現在多賀SAで休憩中です。

2010年10月18日 (月)

突然のショックと悲しみ

金曜日の夜遅く、同期入社の友人の突然の訃報に接した。
彼女は私より6歳下であり、全く予期しておらず、ショックと悲しみが今も消えない。


最後に会ったのは、6月のはじめ頃。
産休に入る直前で、彼女の職場(=私の古巣でもある)に用事があって行ったときであった。
「育児休業が終わって復帰したら、お祝いにみんなで飲もうな」と言って別れたのがまさか今生の別れになるとは・・・。


私にとって、縁の深い同級生や同期生というのは、どこかで心の拠りどころになっている。
そのひとりが突然いなくなってしまったのは、支えのひとつを失ったようで、相当にこたえる。
みんな定年を迎えてというのならともかく、まだこれからという年齢だから、尚更である。


私も、いつかは同じ世界へ逝くことになるが、そのときはまた一緒に楽しくお酒を飲みたいと思う。
そのときには、彼女が我々を笑って迎えてくれることを望む。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »