サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本シリーズ第6戦、延長15回引き分け | トップページ | 四日市にて »

2010年11月15日 (月)

白鵬の連勝、63でストップ

1月以来、10か月ぶりに本場所での白鵬の負けを見ました。
初日の両者の相撲は、白鵬は危なげなく、稀勢の里は期待がしぼむ内容。初日はテレビの生中継を見ていましたが、その内容からは、今日の結果は全く予想出来ませんでした。

先ほど「報道ステーション」でこの一番を見ましたが、立ち合いに張り差しにいったのがいかにも安易で、稀勢の里の攻めに慌てたのか、呼び込むような引きを見せたりして、相撲の流れを自分のものにできず、完敗でした。
白鵬の相撲で、時折見せる立ち合いの張り差しがどうにも気に入らなかったんですが、やはりこれで墓穴を掘った気がします。今後封印してくれるといいんですが。

それにしても、稀勢の里は大金星でした。勝因は、休まず攻めたこと。止まっていたら、前2場所のように善戦で終わっていたんではないかと思います。
期待されながらどうにも歯がゆい成績が続いていた稀勢の里ですが、これを機に、今度こそ大関盗り、さらにはもうひとつ上へ駆け上がって欲しいものです。

白鵬は、やはりどこかにふとした隙が出てしまったんでしょう。勝ち続けるということは難しいということですね。特に今場所は、双葉山の69連勝というものが現実に近づいてきて、白鵬本人もいろいろな思いがあったように思います。
場所前のインタビューでも「私が双葉山関の記録に近づいていいんだろうか」というような事を言ってましたし、取組後のインタビューでも、「負けてしまって残念」というのと、「69に行き着けなくて何だかほっとした」というような、両方の思いがあるように感じました。
やっぱり双葉山というのは凄い存在だと改めて思います。

でも、63連勝というのも今後当分できないであろう大記録でしょう。まわりが弱いという声も多いですが、勝負事ゆえ絶対はありません。まさかの相手に負けたり、自分の不調で自滅したりすることもあるわけで、それでも63連勝したのは、文句なしに賞賛に値します。

私自身は、何となく69連勝には行かないのではと思っていました。明確な根拠はなく、長年相撲を見てきた私の勘という以外にありませんが、負けるなら業師の安美錦あたりと思っていたので、今日負けたのはちょっと意外でした。

むしろ注目は、今後の白鵬の相撲です。ガタガタっと崩れるのか、立て直してくるのか。
ちなみに、69連勝で止まった双葉山は、その後連敗し、結局9勝4敗(当時は1場所13日)に終わりました。45連勝で止まった大鵬はこの場所途中休場。53連勝で止まった千代の富士は、負けたのは優勝を決めた後の千秋楽でしたが、翌場所は11勝。

さて、白鵬はいかに?

« 日本シリーズ第6戦、延長15回引き分け | トップページ | 四日市にて »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/37683702

この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬の連勝、63でストップ:

« 日本シリーズ第6戦、延長15回引き分け | トップページ | 四日市にて »