サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 没後80年 金子みすヾ展 | トップページ | ライツ・プロムナード2010 »

2010年12月11日 (土)

クリスマス・ポップスコンサート2010

101210_230601

昨夜、愛知県芸術劇場コンサートホールで、名フィルの「クリスマス・ポップスコンサート」を聴いてきました。

ボブ佐久間率いるこの「名フィル・ポップスオーケストラ」が結構好きで、毎回行きたいくらいなんですが、そうもいかず、名フィルのポップスコンサートを聴くのは昨年夏以来、クリスマスコンサートは2007年以来のことです。

サマー・ポップスコンサート2009の記事はこちら↓
http://miyap.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-e24b.html

クリスマス・ポップスコンサート2007の記事はこちら↓
http://miyap.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/fw_a4e2.html

オーケストラの衣装は、男性は黒の人がほとんどでしたが、女性は色とりどりのドレスで、サンタの帽子や、ウサギの耳をつけた人も。曲の合間の指揮者・ボブ佐久間のちょっととぼけたようなトークとともに、ちょっと気軽に聴ける感じを醸し出していました。

今年は以下のようなプログラムでした(当日配布のパンフレットより抜粋、筆者編集)。

<第1部>

・そりすべり(L.アンダーソン作曲)

・雪が降る(S.アダモ作曲/ボブ佐久間編曲)

・『ホーム・アローン』より メインタイトル ホリディ・フライト(J.ウィリアムズ作曲/ボブ佐久間編曲)

・バラのメドレー(ボブ佐久間編曲)
野ばら(H.ウェルナー)/野ばら(F.シューベルト)/バラが咲いた(浜口庫之助)/酒とバラの日々(H.マンシーニ)/ローズ(A.マクブルーム)/バラの刺青(H.ウォーレン)/エヴリシングス・カミング・アップ・ローゼス(J.スタイン)/バラのタンゴ(F.シュレイエル&A.ボッテロ)/百万本のバラ(R.バウルス)/ランブリン・ローズ(N.シャーマン&J.シャーマン)/ブルー・レディに紅いバラ(S.テッパー&R.ブロドスキー)/バラ色の人生(P.ルイギ)


<第2部>歌姫(ディーヴァ)に捧げる(ボブ佐久間編曲)

・アバ
マンマ・ミーア(B.アンダーソン)/SOS(B.アンダーソン)/ダンシング・クイーン(B.ウルヴァース)

・松田聖子
赤いスイートピー(呉田軽穂)/瞳はダイアモンド(呉田軽穂)/青い珊瑚礁(小田裕一郎)

・高橋真梨子
ジョニィへの伝言(都倉俊一)/五番街のマリーへ(都倉俊一)/桃色吐息(佐藤隆)

・セリーヌ・ディオン
美女と野獣(A.メンケン)/愛の力(J.ラッシュ)

・マライヤ・キャリー
ヒーロー(M.キャリー&W.アファナシエフ)/恋人たちのクリスマス(M.キャリー&W.アファナシエフ)

・美空ひばり
悲しい酒(古賀政男)/愛燦燦(小椋佳)/川の流れのように(見岳章)

・松任谷由実
卒業写真(荒井由実)/あの日にかえりたい(荒井由実)/恋人がサンタクロース(松任谷由実)

・サラ・ブライトマン
ピエ・イエス(A.L=ウエッバー)/オペラ座の怪人よりメインテーマ(A.L=ウエッバー)



・・・この中で1曲だけ挙げるとすれば、私は「青い珊瑚礁」を推します。かなり迫力のある演奏にしていて、季節外れの感を吹き飛ばしてしまいました。

オペラ座の怪人のメインテーマは、もともとオーケストラが演奏するにふさわしい曲なので別格という感じですが、文句なしの素晴らしさでした。

« 没後80年 金子みすヾ展 | トップページ | ライツ・プロムナード2010 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/38041986

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・ポップスコンサート2010:

» 松任谷由実 DVD CD ブルーレイ 通販 [DVD CD ブルーレイ 通販]
送料無料の通販サイトです。 [続きを読む]

« 没後80年 金子みすヾ展 | トップページ | ライツ・プロムナード2010 »