サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 久々に電車に乗って | トップページ | 面白い恋人 »

2011年2月 9日 (水)

ギプスから添木へ

ギプスから添木へ
ギプスから添木へ
ギプスから添木へ
今日の午後、退院してから初めて病院へ。
レントゲンを撮って術後の確認をするのと、ギプスの巻き直しのためです。

骨がずれているなどの異常はなく、術後は順調とのこと。
ギプスを取ったあとは、ふくらはぎから足裏まで添木して包帯で巻くスタイルに変わりました。ボルトで骨をつないでいるので、まだ足首は動きません。
(写真上が、ギプスを切断したところ。真ん中が現在。下は包帯を取って添木のみの状態。)

左足が幾分軽くなったのはいいんですが、これまでギプスで保護されていたのが包帯と添木だけになっているわけで、その分そそっかしくぶつけたりするとまともに衝撃を受けることは間違いなし。
ゆえに、今までより慎重に行動している面もあります。

そして、左足の添木・包帯を取って入浴してよいという許可が出ました。
左ひざから下の生足を見るのは手術の日以来でしたが、やっぱり細くなっていました。
入院中は入浴できず、毎日蒸しタオルで身体を拭いていましたが、当然のことながらギプスを巻いているところは対象外。

汚い話ですが、入浴してこすると、足裏からは脂が、その他からは皮膚や垢がかなり出てきました。気持ちいいことには違いないですが。
完全に脱皮するには、あと1〜2日かかりそうで・・・。

ちなみに、退院してから昨日までどうやって入浴していたかといえば、左足は大きいビニール袋(要するにゴミ収集用の袋)に入れ、ゴムひもでひざ下と足首の2か所を留めて入っていました。
我が家は長年湯船にお湯を張らず、シャワーで済ませているので、これで充分保護できました。
もっとも、浴室への出入りの時は片足なので結構気を使います。

また2週間後に診察を受けることになりましたが、そのときには骨をつないでいるボルトを抜く手術の話になる可能性も。
そうなれば、年度内に両足で立てるようになるかもしれません。

« 久々に電車に乗って | トップページ | 面白い恋人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/38807195

この記事へのトラックバック一覧です: ギプスから添木へ:

« 久々に電車に乗って | トップページ | 面白い恋人 »