サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 同級生の訃報 | トップページ | 夏休み その2 »

2011年8月15日 (月)

青空の下で

青空の下で
昨日の通夜、今日の告別式に参列し、亡くなった仲間を送って、今帰途についている。

昨日、彼の顔を見せていただいた。

憎たらしいほど安らかな顔をしていた。

夫人とお母さんの憔悴し、悲しむ姿は対照的すぎて、いたたまれなかった。

通夜の最後にお坊さんが、
「存在を忘れられることが、故人には一番つらいと言う。皆さんも命ある限り、故人のことを忘れないでいてください。」
と言っていた。

告別式後のあいさつで、夫人は
「命を全うして再び故人と巡り会ったら、また鉄道の旅をしてやってください」
と。

彼は、我々が死ぬまで話題にできる足跡を残していった。
本人が嫌がっても、仲間で集まるたびずっと話題にし続けてやるぞと思う。
みんながあちらの世界に行ったとき、彼に幹事をやらせて、鉄道で温泉に連れて行ってもらおうかな。

今日の式場の外は、悲しみが似合わないほどきれいな青空だった。

« 同級生の訃報 | トップページ | 夏休み その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/41218604

この記事へのトラックバック一覧です: 青空の下で:

« 同級生の訃報 | トップページ | 夏休み その2 »