サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

都営地下鉄乗りつぶし

都営地下鉄乗りつぶし
都営地下鉄乗りつぶし
都営地下鉄乗りつぶし
都営地下鉄乗りつぶし
都営地下鉄乗りつぶし
寄居から東武東上線で池袋へ戻り、未乗の西武豊島線で豊島園へ抜けて西武線は完乗。

当然のことながら(?)としまえんには入らず、大江戸線・新宿線・三田線と、都営地下鉄の未乗区間を一気に乗り終えました。

都営地下鉄秋のワンデーパスというのが500円で売っていて、極めて経済的に乗りつぶせたのは幸い。
両国と本八幡の間をJRでつないだ以外は、東京メトロに乗ることなく終了。

これでたくさんあった首都圏の未乗線も、あと1回来れば乗り終えることができそうです。

懐かしき時代の風景

懐かしき時代の風景
懐かしき時代の風景
懐かしき時代の風景
懐かしき時代の風景
懐かしき時代の風景
秩父鉄道の終着駅、三峰口は、落ち着きがあって、これぞ駅というたたずまい。
ちなみに、関東の駅百選にも選ばれています。

三峰口から乗った電車は、かつての国電の車両(西日本ではまだ現役ですが)。
座席も張り替えず、昔のままです。

…名古屋でも、中央線が今ほど本数がなかった頃、この電車が10両で走っており、小学生・中学生時代はよく乗ってました。
今では信じられないほどガラガラだった記憶があります。

熊谷や寄居には、昔ながらの売店やそば屋があるのを始め、各駅とも結構古き良き時代の雰囲気を残しているようです。
(下2枚の写真は寄居駅)

温泉もあるようだし、次に来た時は、乗ったり降りたりしながら、のんびりたどりたいと思います。

西武・秩父鉄道直通列車検証

西武・秩父鉄道直通列車検証
西武・秩父鉄道直通列車検証
西武・秩父鉄道直通列車検証
西武・秩父鉄道直通列車検証
今日も未乗線の乗り歩き。

まずは1日2本の西武・秩父鉄道直通列車に乗ってみました。

その1:横瀬から長瀞行きに乗って、御花畑へ。

その2:御花畑から徒歩で西武秩父へ移動し、再び横瀬へ。

その3:横瀬から三峰口行きに乗り、三峰口へ。
西武秩父停車中に、渡り線を行く長瀞行きを見物(3枚目の写真)。
西武秩父から秩父鉄道線へ(4枚目の写真)。

これで検証終了。満足しました。
まあ、興味のない人は、何が楽しいのかと思うでしょうね…。

2011年10月29日 (土)

東武線乗りつぶし

東武線乗りつぶし
東武線乗りつぶし
東武線乗りつぶし
東武線乗りつぶし
今日は、夜行バスで伊勢崎に着いてから、東武線の未乗区間を乗り歩き。

まず、群馬県内の全てと、佐野線、伊勢崎線の東武動物公園以西を乗るのに、7時間かかりました。

その後は秩父鉄道で寄居へ出て、東上線と越生線へ。

これで東武の残りは東上線池袋-和光市と大師線となりました。
(東上線は明日乗る予定)

この後も和光市から東京メトロに乗り継ぎ、有楽町線と丸ノ内線の未乗区間を片付けました。

以上約13時間。これだけ電車に乗ってりゃ、いくら好きでもいい加減くたびれそうなもんですが、そうでもないのは不思議なことです。

2011年10月28日 (金)

今夜はここから

今夜はここから
日本中央バス「シルクライナー」で旅立ちます。

乗る人がワタシの他に5人もいてびっくり。

30人乗りのバスに、乗車は20人弱の模様。

2011年10月23日 (日)

天竜二俣駅の転車台見学

天竜二俣駅の転車台見学
天竜二俣駅の転車台見学
天竜二俣駅の転車台見学
天竜二俣駅の転車台見学
天竜二俣駅の転車台見学
趣味仲間4人で、天竜浜名湖鉄道・天竜二俣駅の転車台を見学してきました。

転車台はじめ各施設は、国の登録有形文化財に指定されており、週末を中心に見学することができます。
(ちなみに、1時間弱の見学時間でガイドつき、料金100円。列車で来ないと200円)

転車台・扇形車庫とも現役で、転車台も回転するところを間近で見せてもらいましたが、車両を転車台に載せて回転させるサービスぶり。

扇形車庫は、先日の台風で一部破損し、修理中とのことですが、木製の車庫は小ぶりながら落ち着いた雰囲気がありました。

予想以上になかなか見応えがある施設で、鉄道好きだけでなく、文化財に関心のある方も、一度足を運ぶ価値ありと思います。

駅のうなぎ屋

駅のうなぎ屋
駅のうなぎ屋
今日の昼食は、天竜浜名湖鉄道・新所原駅内にある「駅のうなぎ屋 やまよし」でうな丼を。

弁当にもできるようですが、時間があったので座敷での食事を選択。

炭火で焼いたうなぎは美味で、満足のひとときでした。

2011年10月10日 (月)

ヤフードームで野球観戦

ヤフードームで野球観戦
ヤフードームで野球観戦
ヤフードームで野球観戦
ヤフードームで野球観戦
ヤフードームで野球観戦
今日は、昨日とは別の友人とデーゲーム・ソフトバンクvsオリックスを観戦しました。
優勝したソフトバンクにとっては消化試合ですが、3万5千を超える観客が詰めかけました。
(不入りのナゴヤドームに分けたいくらい…)

ヤフードームは、福岡ドーム時代(ダイエーホークスだった頃)以来何度か来ていますが、ナゴヤドームや京セラドームより見やすく、好きな球場です。

試合はソフトバンクが9−2で大勝し、全11球団に勝ち越す完全優勝を決めました。

ただ内容は、3回で9−1となって勝負あり。
3回が終わったのが試合開始後1時間50分という締まらないもので、中盤以降は山場もなく、はっきり言ってつまらない試合でした。

安打数はソフトバンク9に対しオリックス10。ソフトバンクの強さと、オリックスのだらしなさがはっきり出た一戦、というところでしょうか。

試合後に花火が20発上がり、ドームの屋根も開くなど、試合のつまらなさを補って余りあるものを観ることができたのは幸いでした。

ブルートレインホテルたらぎ

ブルートレインホテルたらぎ
ブルートレインホテルたらぎ
ブルートレインホテルたらぎ
ブルートレインホテルたらぎ
ブルートレインホテルたらぎ
昨日の宿は、くま川鉄道多良木駅そばにある「ブルートレインホテルたらぎ」。

かつて寝台特急「はやぶさ」などに使われていた寝台車3両を、簡易宿泊施設にしています。

個室と解放型の寝台が1両ずつ、残りの1両は、テーブルや椅子、テレビを備えた談話室兼受付となっています。

今回、個室を利用しましたが、室内は現役当時のまま。
浴衣はありませんが枕や毛布は現役当時と同じようなものを使っています。
トイレと洗面所は残っていますが使用はできず、車内から行けるように新設されていました。

ちなみに、宿泊料は3000円で、向かいにある温泉施設の入浴料込み。
近くには居酒屋やコンビニもあるので、一晩過ごすのに不自由はありません。
町にはそこそこ人が多く、比較的元気がある地域という印象を持ちました。

…昨夜は居酒屋で痛飲し、お風呂に入って、談話室で少し話した後たちまち熟睡。
かつて「はやぶさ」に乗った時のことを思い出す暇もありませんでしたが、またいずれ再訪しそうです。

人吉にて 〜温泉と神社〜

人吉にて 〜温泉と神社〜
人吉にて 〜温泉と神社〜
人吉にて 〜温泉と神社〜
人吉にて 〜温泉と神社〜
人吉にて 〜温泉と神社〜
昨日、人吉でレンタカーを返したあとは、友人がサイトで見つけた温泉「新温泉」でひと浴び。

昭和6年にできた木造の建物は趣あるたたずまい。
川のそばにあり、何度かあった浸水被害を乗り越えたとのことで、昔ながらの落ち着いた温泉でした。

我々が来た時に、入浴を終えたらしい鹿児島ナンバーのクルマに乗ったオジサンが、「ここはいいよ!」と声をかけてくれたのも分かる気がしました。

入浴後は、ぶらぶら歩いて青井阿蘇神社へ。

夕方から秋祭りが始まるらしく、参道に屋台が多数出て結構な賑わい。

3年前に国宝指定されたそうで、それなりの風格を感じました。

熊本・宮崎ドライブ

熊本・宮崎ドライブ
熊本・宮崎ドライブ
熊本・宮崎ドライブ
熊本・宮崎ドライブ
熊本・宮崎ドライブ
昨日は友人とレンタカーで移動。

高森と高千穂を結ぶ鉄道の未成線にあるトンネルを活用した、高森湧水トンネル公園、椎葉村にある重要文化財「鶴富屋敷」、西米良村にある村所駅(バス停)、肥薩線大畑駅と巡って人吉へ。

鶴富屋敷は、平家ゆかりの鶴富姫が住んだといわれるところ。お墓もありました。

村所は、昔国鉄バスが通っていたところで、駅と称しているのもその故です。

大畑駅には、クルマで見学に来てる人が他にもいました。
列車では何度か来てますが、今回クルマ で来て、初めて近くに梅園があることや、麓の集落からの遠さを知ることができました。

道路は走りやすいところとそうでないところが両極端で、特に椎葉村から西米良村までは、道幅が狭く、峠越えのカーブが延々と続く山道で、対向車とのすれ違いも大変。

この区間を含む、高森から大畑まで運転させてもらいましたが、なかなか楽しいドライブでした。

2011年10月 9日 (日)

地獄温泉

地獄温泉
地獄温泉
昨夜は、地獄温泉「清風荘」泊。

学生時代からの仲間が集まって、賑やかな一夜を過ごしました。

温泉が4つあって、着いてから2つ、夕食後と朝湯で1つずつ入って完浴。

白く濁ったお湯で、これぞ温泉というべき、とても気持ちよい一夜を過ごせました。

2011年10月 8日 (土)

阿蘇下田城ふれあい温泉

阿蘇下田城ふれあい温泉
阿蘇下田城ふれあい温泉
阿蘇下田城ふれあい温泉
阿蘇下田城ふれあい温泉
高森で折り返し、阿蘇下田城ふれあい温泉で下車。

駅内に温泉があるので、ひと浴び。
今宵は温泉宿に泊まるので、さっと入るに留めましたが、さらっとした気持ちよいお湯でした。

男湯は貸切状態でしたが、休憩室には地元のじいさまばあさまが何人かいて、おしゃべり中。

のどかな雰囲気でした。

立野駅

立野駅
立野駅
立野駅
立野駅
大分から豊肥線に乗り、立野で南阿蘇鉄道に乗り換え。

南阿蘇鉄道に乗るのはおそらく十数年ぶりのこと。

意外にも(?)ツアーの団体客で賑わっています。
バスでここまで来て、高森からトロッコで戻る様子。

まあ、地方の鉄道が賑わうことはいいことではありますが、それ以外の客は数人…。

2011年10月 7日 (金)

1か月半ぶりの船旅

1か月半ぶりの船旅
神戸から大分に向けて航海中。

昨夏にも同じ航路で旅しましたが、そのときは姉妹船「さんふらわあぱーる」。

船こそ違え、内装は同じと思われます。

3連休前の金曜日の出航とあって、さすがに賑わっています。全等級満席の由。

食べ過ぎた夕食のバイキングの腹ごなしに、潮風を浴びて、狭いデッキを歩いています…。

大阪市営地下鉄乗り歩き

大阪市営地下鉄乗り歩き
大阪市営地下鉄乗り歩き
大阪市営地下鉄乗り歩き
大阪市営地下鉄乗り歩き
大阪市営地下鉄乗り歩き
半日かけて、4割弱あった未乗線区をすべて乗りました。
(ちなみに、乗り終えた駅は、一番下の写真)

要するに半日地下鉄に乗りっぱなしなわけですが、適度に乗り換えやら駅の外に出るなどがあり、それなりの運動になっているので、大して疲れもなし。

地下鉄に乗って何が楽しいのかと思う向きもあるでしょうが、客層とか終着駅の立地とか、それぞれ違いがあって、見たり感じたりすることはそれなりに楽しいものです。

今日の共通項は、どの線でも校外学習らしき小学生の団体と乗り合わせたこと。
騒がしいとストレスになるんですが、みんな割合おとなしめで結構でした。

これで、西日本の鉄道は、1区間を残して完乗(のはず)。

とりあえず、今日の目的を果たして、やれやれです。

鞍馬寺

鞍馬寺
鞍馬寺
鞍馬寺
鞍馬寺
鞍馬寺
今日は土曜出勤の振替で休日。

始発ののぞみで名古屋を出て、鞍馬寺を目指しました。

目的はお寺ではなく、未乗のケーブルカーです。

初乗りは2分で終了しましたが、いくら何でもすぐ折り返すと単なるマニアなので(笑)、山内を少し歩いてみました。

さわやかな空気の下での歩きは気持ちよく、奥の院から貴船神社まで歩くにも絶好の日和。

でも今日は後の予定もあり、残念ながら本殿金堂まで往復しておしまい。
(まだ左足が完治したわけではなく、長距離の石段はちょっときつかったというのもあります。いずれにせよ現状では本殿までが無理のない距離&負荷かも)

再訪したい場所ではあるので、またさわやかな季節に来て、歩きを楽しむことにします。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »