サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

市民の「第九」コンサート2011

111127_142901

昨日(11月27日・日曜日)、本番を迎えまして、今年も無事に合唱団の一員として歌ってきました。

前日のリハーサルでは、全体として、最近にない不出来という感じを持ちました。

リハーサルで初めて本番の会場に立ち、オーケストラやソリストと共演するので、どうしてもこれまでの練習の感じと違うということはあり、多少は仕方がないのかなとは思います。

特に、今年は緩急の差をはっきりつける指揮で、結構難しかったということもあって、なおさらだったかもしれません。

同じ曲でも指揮者によってかなり違いがあり、個人的に合う合わないを感じることはありますが、歌うほうからすると毎年違うことで新鮮味というか緊張感も出るので、勉強になるのもまた事実です。

毎年、「リハーサルではもうひとつでも本番はうまくいく」ということは、終演後の合唱団解団式で錦織健さんに言われることなのですが、今年もそのとおりで、自分自身も歌いきった!という思いを味わうことができました。

一夜明けて今日。

毎週、練習日は月曜日が基本で、6月からの月曜日は終業時間にさっと帰る日々でしたが、今日はそれがなく、改めて終わったなあと感じる瞬間でした。

今年で15回目の合唱参加となりましたが、来年もまた、歌いたいという思いを新たにしました。

111128_212401

<プログラム> ※当日配布のプログラムより抜粋

グリーグ作曲 過ぎし春 作品34-2

ベートーヴェン作曲 交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

指揮:黒岩英臣

管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

独唱:ソプラノ 二宮咲子 アルト 筧 聰子 テノール 錦織健 バス 澤脇達晴

合唱:市民の「第九」コンサート2011特別合唱団

2011年11月26日 (土)

恋の罪

恋の罪
昨夜、今池にあるシネマテークで、このようなタイトルの映画を観てきました。

シネマテークは、なかなか特徴ある映画をかけるところで、時折足を運びます。

今回のは、再審請求で再びクローズアップされている東電OL殺人事件をモチーフにした作品。

内容は、タイトルの響きより重く、なかなか解釈が難しいという感じでしたが、つまらないかと言えば全く逆で、2時間30分弱、スクリーンに引き込まれておりました。
ミステリーとして観ると結構いいかも、とも思いました。

ちなみにこの作品、R18ですが、性的なシーンより死体の描き方がかなり強烈です。

客層も、年代は20代から50代くらいまで、カップルもいれば1人で観てる人(男女とも)もいてと様々。

完全に好き嫌いが分かれる映画だと思いますが、強烈なのを観るに耐えられる方なら、一見の価値はあると思います。

蛇足。冒頭のシーン、水野美紀の体は美しかった。

2011年11月23日 (水)

落ち穂拾い・その2

落ち穂拾い・その2
落ち穂拾い・その2
落ち穂拾い・その2
今日の本来の目的は、先週に引き続き、西日本の未乗(と疑われる)線の落ち穂拾い。

対象となるのは、山陽電鉄飾磨〜山陽姫路間。

何となく夜に乗ったような記憶があって放置していたものの、整理しても記録は出て来ず、改めてあれこれ思い返しても確信が持てず。
というわけで、未乗と判断して乗ることにしました。

単純往復は芸がないので、行きは特急はまかぜの新車に初乗りし、姫路ではモノレールを偲びと、彩りを添えてみた次第。

はまかぜの新車は、さすがに快適でしたが、かつてのキハ181もやっぱり捨てがたいというか、懐かしむ気持ちもあるのも事実です。

初乗りは、阪神梅田行き直通特急に乗ってあっという間に終了。

帰りは近鉄なので、尼崎で急行に乗り換え、野田から千日前線で難波へ抜けました。

阪神なんば線にしなかったのは、千日前線野田阪神〜阿波座間に久しく乗っていないため。

ここは記憶は明確なものの記録がないところで、せっかくだから乗っておこうかという動機でした。

難波からはアーバンライナーのデラックスシートで帰路に。

これで、西日本は完乗予定の区間を除いてクリアしました。

姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈

姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈
姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈
姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈
姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈
姫路モノレールを偲ぶ〜手柄山界隈
姫路に来ました。
2年前に来たときは、レンタサイクルで姫路城や姫路モノレール・大将軍駅跡周辺などをまわりました。

現在姫路城は修復中。
今回のめあては、今年4月に手柄山にオープンしたモノレール展示室です。

旧手柄山駅に残っていた建物を使って、展示室はじめ、水族館や集会室が入っています。

展示室は、旧駅のホームをリニューアルして使っており、当時の雰囲気をそれなりに感じることができました。

モノレール車両の中にも入ることができ、モノレールはじめ姫路の市営交通の紹介も面白く、一見の価値はあると思います。

今日は勤労感謝の日ということで水族館が無料(展示室は通年無料)とあってか、家族連れで賑わっていました。
せっかくなので水族館もさらりと見学。

近くには平和資料館があったので、入ってみました(ちなみに、こちらも今日は無料)。
常設展は姫路市への空襲を軸に、平和への願いが込められており、企画展ともども、小規模施設にしては頑張っている内容でした。

2011年11月18日 (金)

落ち穂拾い

落ち穂拾い
落ち穂拾い
落ち穂拾い
落ち穂拾い
落ち穂拾い
今日は、未乗線(?)乗車の小さな旅。

日本の鉄道全線完乗が見えてきたゆえ、先日来乗車データの整理をしていますが、完了したと思っていた西日本に、記録が見当たらない線区が5つ。
(地元の名鉄・名古屋市営地下鉄など、記録がなくても乗った記憶がはっきりしているところは除外)

うち3つは、乗った記憶があり、日時の特定はできないものの、乗車時の状況もはっきり覚えてるのでクリア。

今日の目的は、残り2つのうちのひとつ、三岐鉄道三岐線の乗車です。

近鉄富田〜伊勢治田は明確に乗った覚えがありますが、伊勢治田〜西藤原は、乗ってないはずはなかろうと思うものの、記憶があいまい。
こうなると、考えてるより乗った方が早いということになります。

単純往復も芸がないので、まずは西桑名からナローゲージの北勢線で阿下喜へ。

阿下喜駅そばには温泉施設ができており、昼食も兼ねてひと浴び。

ここから伊勢治田までは約2キロ。かつて来たときは歩きましたが、今日はタイミングよく無料のいなべ市福祉バスがあったので、利用してみました。

伊勢治田から西藤原へ移動して、とりあえずすっきり。

西藤原駅舎はSL風。
簡易郵便局もありましたが、残念ながら貯金非扱い。
今後取扱い予定ありとのことで、いずれ再訪することになりそうです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »