サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

今朝の神戸

今朝の神戸

日の出の頃明石海峡大橋をくぐり、なぜか定刻より25分遅れで神戸着。

神戸は雨があがって、日が射しています。

今朝の神戸

今朝の神戸

…今日は寄り道せず、近鉄アーバンライナーで名古屋へ帰ります。

2012年1月21日 (土)

さんふらわあ

さんふらわあ
大分から神戸へ向け出航します。

逆航路は去年も一昨年も乗りましたが、大分から乗るのは三十数年ぶり。まだダイヤモンドフェリーの時代で、松山に寄港してました。船は「おくどうご」。

さて今回、本当は別府〜大阪便に乗りたかったんですが、スタンダードの個室は満席。ゆえに3年連続の神戸〜大分便になりました。

…出航を待たず、生ビールで一杯やりながら、夕食をとっています。

ゆふいんの森

ゆふいんの森
ゆふいんの森
日田から由布院まで1時間弱、ゆふいんの森5号に乗車。

この列車に乗るのも、デビュー間もない頃に乗って以来のことです。

今朝指定券を買ったときには3・4号車はかなりの残席があり、窓側席も楽に取れたのに、いざ乗ってみるとほぼ満席。

湯布院に行く様子の人が大半なのに、当日買いが多いのは意外でした。

車内は華やいだ雰囲気で、アジア系・欧米系の外国の方もちらほら。
ひとり旅には少し肩身が狭い気もしますが、土曜日の観光列車にはふさわしいと言えるでしょうね。

久しぶりの日田彦山線

久しぶりの日田彦山線

志井公園から、日田彦山線を南下。

5年前にレンタカーで沿線を走り、福岡・大分県境にある宝珠山駅はじめいくつかの駅に寄っていますが、列車に乗るのは前世紀以来ではないかと思います。

久しぶりの日田彦山線

走るのは昔ながらの車両。
新しいのもいいですが、これはこれで不思議と落ち着くものです。

西添田から添田は、駅間が短いようなので歩いてみました。

ゆっくり歩いて20分くらいの道のり。

西添田駅前には立派な音楽堂があったり、周辺にはスーパーもあったりするなど、思ったより開けていました。

久しぶりの日田彦山線

添田駅に近づくと、旧国鉄添田線跡と思われる道路や公園があり、なかなか発見の多い道中でした。

久しぶりの日田彦山線

(下の写真は、添田駅構内から田川後藤寺方を望んだもの。左が日田彦山線、右が添田線につながっていた線路と推測。)

久しぶりの日田彦山線

北九州モノレール

北九州モノレール

全線通して乗ったのは13年前のことなので、久しぶりに乗ってみました。

終着駅企救丘の近く(というよりJR志井公園駅前)には、かつて北九州市立交通科学館がありまして、以前モノレールに乗った時には見学しました。
残念ながら何年か前に閉館したそうで、現在は建物を生かして、スポーツクラブとスーパー銭湯が入っていました。

北九州モノレール

企救丘周辺は、何もなかった印象だったのに、今はずいぶん開け、更に新しい分譲マンションもできているなど、様変わり。

モノレールの車窓からも、沿線に宅地が開けている様子がよく分かりました。

やっぱり、乗った線も時々再訪しないといけません…。

乗り継いだのは300系

乗り継いだのは300系
乗り継いだのは300系
乗り継いだのは300系
広島から乗ったこだま727号は、山陽区間のこだまでは希少な300系。

300系も100系と同じく、今春のダイヤ改正で引退します。

こちらは来月、仲間内で名古屋から豊橋まで乗って乗り納める予定なので、思い出話などはその際の日記で書きたいと思います。

100系乗り納め

100系乗り納め
100系乗り納め
100系乗り納め

岡山から広島ゆきこだま725号に乗車。

この列車には、数少なくなった100系が充てられていますが、今春のダイヤ改正で100系が引退するので、乗り納めです。

岡山6時29分発ゆえ、前夜は岡山に泊まりましたが、ブルートレイン健在ならば、「あさかぜ」あたりで来れたのに、と思うと残念。

初めて乗ったのは中学2年生のとき。
100系がデビューしたのは1985年ですが、翌86年1月、帰省していた大牟田からの帰りのことでした。

座席や電光掲示板など、0系とは全く違う車内に結構感動したものでした。

100系乗り納め

100系乗り納め

…知人がかつて、「座席はじめ新幹線車両内部の造りは、100系で完成された。300系以降は100系の微修正。」と評していましたが、妥当な論ではないかと私も思います。
微修正の集大成がN700系、といったところではないでしょうか。…

あれから26年。
編成は6両と短くなり、座席は4列に変わっていますが、デビュー当時のものに戻された塗装、2列分の大きな窓など、当時を懐かしむ要素は充分。
1時間ちょっとの乗車時間でしたが、満足しました。

一時代を築いた車両が去るのは寂しいですが、何事もなく、無事に最期を迎えられることを願います。

2012年1月 9日 (月)

久々の静鉄

久々の静鉄
久々の静鉄
久々の静鉄
今日は青春18きっぷ最後の1日分を使い、在来線で名古屋へ。

途中、清水へ寄って、当地在住の大学の後輩と昼食。
彼に会うのは3年前の秋、結婚式に招かれて以来のこと。
短時間でしたが、近況その他の話題に花が咲きました。

静岡までは静鉄で移動。
静鉄に乗るのは十数年ぶりで、乗った記憶も薄れていたので、いい機会になりました。

2012年1月 8日 (日)

上野動物園

上野動物園

初めて、上野動物園に行きました。

2年前に、仕事で国立博物館と科学博物館には行ったんですが。

主目的は、未乗のモノレールに乗ること。
友人2人に付き合ってもらいました。

上野動物園

上野動物園

初乗りは2分弱で無事終了。これで鉄道全線完乗までマジック1となりました。

動物園に来てモノレールに乗っただけとはいかがなものか、ということで、パンダはじめ動物たちも見てきました。

動物園見物は結構面白く、短い時間ながら満喫した感じになりました。

帰り道は鶯谷へ向かい、途中にある京成線博物館動物園前駅跡を確認。
駅が現役のうちに一度降りてみたかったものです。

上野動物園

上野動物園

2012年1月 7日 (土)

神田まつや

神田まつや
神田まつや
神田まつや
2年ぶりに来ました。

東京に来て時間があればたいてい寄っています。

最近の東京での常宿に近いのも好都合。

今日は17時過ぎに来たのに、もう日本酒で一杯やってる人たちで結構な賑わい。

ワタシはいつももりを2枚食べるんですが、今日は天もりにしてみました。

大ぶりなエビ天が2本ともり2枚。
いい値段がしますが、天ぷらはしつこくなく揚がっているし、そばも上々。

おいしくお腹に納めました。

武蔵小杉と向河原

武蔵小杉と向河原
武蔵小杉と向河原
武蔵小杉と向河原
東海道線を東上中、「横須賀線の武蔵小杉駅は南武線の武蔵小杉駅より向河原駅の方が近い」と、誰かが言ってたことを思い出し、実況検分に寄り道。

そもそも、横須賀線に武蔵小杉駅ができて以降、この線に乗るのは今回が初めてのこと。

横須賀線武蔵小杉(徒歩)南武線武蔵小杉(南武線電車)向河原(徒歩)横須賀線武蔵小杉、という風にたどってみました。

確かに、歩いた時間はいずれも8分くらい。
向河原は改札を出て踏切を渡るのに対し、武蔵小杉は改札内なので便利かなあ、という程度の差ではありました。

初めて降りた駅には、それなりの発見はあるもんだと改めて思った次第です。

伊東ゆき521M

伊東ゆき521M
伊東ゆき521M
伊東ゆき521M
伊東ゆき521M
特急踊り子用の185系電車で運行するお得な普通列車。

乗ったことがなかったので、東京から伊東まで乗り通してみました。

普通車は乗車率高し。
連休初日ゆえ、家族連れもそれなりにいますが、多くは青春18利用と思われるその筋の人たちで、かなり不健全な雰囲気(笑)。

ワタシは喧騒を避け、グリーン車で優雅に。

家族連れはじめ観光客の多くは伊東まで、不健全層の多くは熱海まで、という乗り方でした。

2012年1月 6日 (金)

今夜は始発駅から

今夜は始発駅から
今夜は始発駅から
年末に続き、今夜も「ムーンライトながら」で旅立ち。

青春18きっぷ1日分を使うので、元を取ろうという気になり、大垣まで迎えに来ました。

年末は事故の影響で遅れたので、今日は定刻に大垣を発車。
と言いたかったのだけれど、定刻の2分後に入線、3分後に発車と、残念ながらバタバタ。

2012年1月 4日 (水)

仕事始め

仕事始め
残念ながら、今日が仕事始め。

やはりまだ今日は休みのところが多いため、行きの電車はいつもの3分の1程度の乗車率。
おかげで座って通勤できました。

職場の最寄り駅は名鉄神宮前、つまりはは熱田神宮の近く。
昼間に所用で神宮前駅に来たら、参拝客でかなりの賑わい。
この後乗った地下鉄名城線も休日のような雰囲気だったし、街はまだ正月休みの様相です。

せっかくなので、仕事帰りに熱田神宮へ。

もう日は暮れていましたが、屋台も出ており、参拝客も思った以上にいて、結構賑わっていました。

2012年1月 1日 (日)

初詣

初詣
初詣
2011年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

先ほど、近所の神社へ初詣に行ってきました。

名古屋は曇り空ですが、あまり寒くなく穏やかな元日です。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »