サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月21日 (火)

つばめ鮨

つばめ鮨

今日は、静岡市清水区、JR清水駅から歩いて15分くらいのところにある「つばめ鮨」へ。

当地在住の大学の後輩に連れて行ってもらいました。


ここの大将は、昭和40年代前半、東海道本線を走っていた急行「なにわ」の「寿司ビュフェ」で握っていた経験を持つ方。

大将はレールファンでもあるようで、10人入ればいっぱいの店内には、今昔の写真やらサボ、その他面白いものが多数。

今日は、平日ながら町内会の集まりがあるとかで注文が多く盛況。
おまけに近所のレールファンのたまり場にもなってるようで、今日発売の鉄道雑誌を持ってきて話に興じる人も。

週末はその筋の人ですぐいっぱいになるそうですが、確かに好きな人にとってはかなり居心地がいい店です。


寿司の方もお手頃価格で美味しく、カウンターに座ったので、大将の昔話も面白く、話が弾んだこともあって楽しいひとときを過ごしました。

気に入ってしまったので、機会を作って定期的に行きたいと思います。


<2016.11.21追記>
つばめ鮨の大将が11月18日に亡くなったと、上記の大学の後輩から知らせがありました。
再訪を期し、一度は予定を立てながらも、行く直前に大将が交通事故に遭って店が休業となってしまいました。

大将も高齢とあって、店は再開しないまま、今回の訃報に接しました。
古き良き時代を知る方が亡くなってしまったのはとても残念です。
もう一度、寿司をつまみながら、昔話を聞きたかった・・・。

謹んで、哀悼の意を表します。

2012年2月15日 (水)

無事退院

無事退院
予定どおり、今日夕方退院しました。

手術は昨日午前中に。
手術室に入ってから出るまで約1時間、足にメスを入れてから縫合終了まで30分と、順調に運びました。

1年前のように、麻酔が切れたあとに猛烈な痛みが襲うことはなく、少し鈍い痛みを感じたり、微熱が出る程度だったのは何より。
氷枕をもらい、寝る前に座薬を入れてもらって、事なきを得ました。

写真のように包帯を巻いていて、若干歩くのが不自由になっています。
しばらくは、より慎重に行動しないといけません…。

2012年2月13日 (月)

一年ぶりの入院

一年ぶりの入院
一年ぶりの入院
今日から3日間の予定で入院しました。

左足に残る金属板を取る手術を受けるためで、明日午前中に手術をして、明後日夕方に退院することになっています。

前回と違って普通に動けるので、入院してるのが不思議な気分。

少なくとも今日1日は平穏のはず。
とりあえず本を2冊持ってきましたが、どこまで読めますか。

2012年2月12日 (日)

豊川稲荷

豊川稲荷
豊川稲荷
豊川稲荷
久しぶりに豊川で降りたので、豊川稲荷へ。

小学生のころ、名鉄が初詣特急を走らせていたときは毎年乗りに来て、豊川稲荷に詣でてましたが、すっかりごぶさた。

おそらく平成に入って初めてと思います。

境内は結構賑わっており、B級グルメで豊川が名を上げていることも影響してるのか、門前町も盛況。

豊川からは、これも平成になって初めてと思われる名鉄豊川線に乗り、遠回りして豊橋へ。

お稲荷さんともども、少し懐かしい気分になりました。

300系&119系乗り納め

300系&119系乗り納め
300系&119系乗り納め

今日は仲間内で、3月に引退する300系と119系に乗車。

300系は先月も広島から小倉まで乗りましたが、今回は名古屋から豊橋まで。

のぞみのデビューとともに誕生した300系は、技術的には間違いなく歴史に残る車両でしょう。

ただ個人的には、初乗りしたときにあまり感動した記憶もなく、よく揺れる軽い車両という感じがあって、正直さほど思い入れがありません。

走った期間も短いので余計にそういう印象なのかもしれませんが、一時代を築いた車両が次の世代にバトンを渡して静かに引退する、というふうには思います。

300系&119系乗り納め

300系&119系乗り納め

300系&119系乗り納め

119系は飯田線からは引退するものの、西日本ではまだまだ活躍するんでしょうか。

近年の飯田線を象徴する車両であるだけでなく、国鉄の匂いを感じる車両でもあるので、身近なところから姿を消してしまうのは寂しいです。

たまたま豊橋で接続していた本長篠ゆきが119系だったので、待つことなく乗れたのは幸い。
豊川で降りましたが、充分満足です。

2012年2月10日 (金)

第43回日展 東海展

120210_181101

毎年恒例の日展鑑賞。

金曜日は20時までやっているので、仕事帰りに行ってきました。

かなりすいていて、ゆっくり観られたのは幸い。

絵画は、今年は日本画より洋画の方が好みの作品が多かったです。

ちなみに洋画では、毎年自分の母親を描いている作品がありますが、今年も健在。

個人的には風景画が好きなんですが、この作品を観ると日展に来た感じになります。

工芸作品は、紙や革、漆、金属などなど、毎年観ていて面白い作品が多く、お勧め。

観終わったあとは、いつも絵はがきを買うんですが、絵で観るといいと思った作品が、絵はがきになるとイマイチになってしまうものがあります。
そうかと思うと逆の作品もあるので、選ぶのに苦労するところ。

東海展、明後日までです。気軽に芸術に親しみたい方には、一度足を運ぶことを勧めたいですね。

2012年2月 5日 (日)

城崎温泉

城崎温泉
城崎温泉
城崎温泉
城崎温泉
城崎温泉
昨夜は城崎温泉泊まり。
さすがに週末、温泉街はかなりの賑わいでした。

宿ではカニを食べ、温泉は外湯巡りをしてと、楽しい一夜を過ごしました。

7つの外湯のうち、昨夜は夕食前に地蔵湯とまんだら湯、寝る前に柳湯、朝食前と後に一の湯、御所の湯とはしご。
駅近くのさとの湯は以前入ったことが有るので、未訪は鴻の湯だけになりました。

城崎温泉は、泉質はともかくとして、温泉街は雰囲気があって街歩きが楽しいところという印象。

次に来るときは、平日のすいた時期にして、鴻の湯に行って外湯完訪するとします。

2012年2月 4日 (土)

日本の鉄道全線完乗

120204_121701

日本の鉄道全線完乗

本日、北近畿タンゴ鉄道宮福線で、日本の鉄道全線完乗を果たしました。

趣味的には一区切りで、ほっとしています。

寒い中、17人の方に立ち会っていただきました。感謝に堪えません。

今後も、すでに乗った線、新しくできる線、復興する線など、ゆっくり乗り歩きたいと思います。

新車でスタート

新車でスタート
新車でスタート
京都から「きのさき1号」に乗車。

古い車両も味わいがありますが、やっぱり新車は乗り心地はよく、快適です。

それにしても、福知山ゆきなのに列車名が「きのさき」とは、こはいかに。

2012年2月 3日 (金)

清水寺

清水寺
清水寺
清水寺
清水寺
清水寺
ここへ来たのは小学校の修学旅行以来です。

今日は、修学旅行や外国人のグループがそれなりにいたものの、割合すいていたので、ゆったり巡ることができました。

清水の舞台、映像では何度も見てますが、やっぱり来てみる価値はあると改めて思った次第です。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »