サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 院展 名古屋展 | トップページ | 今年も異動の季節 »

2012年3月11日 (日)

大震災から1年

今日は終日自宅に。午前中は名古屋ウィメンズマラソンを、午後は震災関係の番組と、大相撲春場所初日を観るなど、おおむねテレビを観つつ過ごしています。

14時46分には静かに黙祷を捧げました。
改めて亡くなった方々の冥福をお祈りします。


東日本大震災から今日で1年。

早くも1年経ったという思いと、1年経つのになかなか進まない復興の現状に歯がゆくなる思いとが交錯する今日。

優先順位のつけ方が間違っている野田政権(執念を燃やすべきことは消費税なのか?)、当事者意識が全くない東京電力経営者や「原子力ムラ」の人たち(福島浜通りをあんな風にした責任が全く感じられない)、遅々として進まない瓦礫の撤去(受け入れ反対?東北だけに苦しみを押し付けておいていいの?それじゃあ沖縄の基地問題と一緒。できることを冷静に考えましょうよ)、などなど・・・。

怒りを覚えることは多々あるが、それだけでは何も始まらないので、微力でも、復興のために自分ができる範囲のことをしていきたい。


さて、昨年の3月11日は金曜日。土日が出勤のため休日にあたっており、自宅にいた。

15時前、頭がふらっとした感じになり、一瞬めまいを起こしたのかと思った。
天井を見上げると、蛍光灯からぶらさがるひもが揺れており、めまいではなく地震だと気づく。
テレビをつければ、東北で震度7との速報。
経験したことのない、何とも気持ちの悪い、目が回るような揺れが長いこと続き、「名古屋でこうなら、震源地に近いところは大変な地震になっている」と思った。
それからはテレビに釘付けになり、以後連日、筆舌に尽くしがたい光景を目の当たりにすることになる。


大震災から2か月半前、2010年の年末に三陸沿岸を鉄道でたどった。
12月26日夕方、仙台から「南三陸3号」で気仙沼に行って宿泊。翌日早朝に気仙沼を発ち、盛~釜石~宮古とたどって、盛岡へ抜けている。

120311_130901

行程に特に明確な意図があったわけではなく、しばらく行ってないなと思って組み込んだに過ぎず、東北新幹線八戸~新青森間初乗りに行くためのついでという感じだった。
この時たどった沿線の街、列車に乗り合わせた人たちが津波に巻き込まれたかと思うと、いたたまれなかった。

そして、損壊したり、跡形もなくなったりした駅や路線。かつての記憶がよみがえった。

2010年末にたどったJR気仙沼線・大船渡線・山田線・三陸鉄道南リアス線、2010年の2月に行った仙台空港、常磐線いわき以北は2010年9月、跡形もなくなった大船渡駅に降りたのは1998年11月、北リアス線をたどり、島越駅に降りた1988年、高校2年生の夏・・・。

思い出も、自然の力で一瞬のうちに破壊された気がした。



昨年は行かなかった三陸沿岸に、今年は行こうと思う。

一部復旧した路線をたどり、今なお残る地震や津波の傷跡をこの目でしっかり見てみたい。特に、南三陸町の防災対策庁舎跡には、同じ地方自治体に勤める者として足を運び、祈りを捧げたいと思っている。

« 院展 名古屋展 | トップページ | 今年も異動の季節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/44453578

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から1年:

« 院展 名古屋展 | トップページ | 今年も異動の季節 »