サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 眉山 | トップページ | 柴又散歩 »

2012年4月29日 (日)

新居浜で羊蹄丸

新居浜で羊蹄丸


一昨日から、新居浜市の黒島ふ頭で、青函連絡船として活躍した羊蹄丸が公開されています。

新居浜で羊蹄丸



新居浜で羊蹄丸

私自身、この船には高校2年の夏、リバイバル運行された時に乗ったこともあり、ぜひ見ておきたいと思って、今回の旅のメインに据えました。

羊蹄丸にはそれ以来の対面。
この船は昨秋まで、東京の船の科学館で公開されていたんですが、行けず仕舞でした。

さて、公開されている黒島ふ頭。
最寄駅の多喜浜から歩いて30分かかりました(ちなみに多喜浜からバスもあって、案内チラシにも記載がありますが、数本しかなく使えません)。

会場へ着いてみれば駐車場はかなり埋まっており、バイクや自転車が少々。
賑わっているのはご同慶の至りですが、電車で来て歩いてくる、などという酔狂なのは皆無のようで。

船内は船の科学館で展示されていたものがほぼそのまま公開されている模様。
昭和30年代の青森駅界隈の様子を紹介するジオラマはなかなか面白く、シアターで上映されていた「青函連絡船栄光の軌跡」は、途中やや蛇足気味の部分もあったものの見応えあり。

新居浜で羊蹄丸




新居浜で羊蹄丸

オリジナルで別子銅山や宇高連絡船の写真展示などもあり、これも良かったです。

ただ、展示がそのままということは、運航当時の面影は、少なくとも船内にはあまりないことを意味します。

でも外観は当時のものに復元されているし、デッキに立てばそれなりの雰囲気が味わえたので、個人的には足を運んだだけのことはあったと思っています。

公開は6月10日までなので、気になる方はぜひどうぞ。

« 眉山 | トップページ | 柴又散歩 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/45071054

この記事へのトラックバック一覧です: 新居浜で羊蹄丸:

« 眉山 | トップページ | 柴又散歩 »