サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羽幌線代替バス | トップページ | 彼女について知ることのすべて »

2012年7月17日 (火)

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

帰路に選んだのは、新日本海フェリー・苫小牧東港〜敦賀航路。

この航路は咋夏にも乗ってますが、今回はデビューして半月の新造船。
名古屋でもテレビでCMが結構流れていたこともあって、乗ってみることにしました。

船内はさすがに新しいだけあって極めて快適。
客室内の通路やオープンスペース始め、全体に広めの造りで、ゆったりとした気分で過ごせました。

露天風呂があるのが珍しく、朝風呂で入ってみましたが、青空と海の眺めが最高。これはなかなかいいです。
ちなみに内風呂は、洗い場は多めでいいですが、浴槽が少し小さい感じがしました。
(船がゆったりしているので、全体の比較でそう思えただけかな?)

珍しいと言えば、コインランドリーもありました。リクエストが多かったんでしょうか。
ワタシも、まだ旅を続けるなら利用したかも。

客室は、ツーリストSを選択。
1人用個室ですが、鍵は内側からかかるだけで、スペースが広く使え、部屋にいる間のプライバシーが保てる、という程度。
1日中ゴロゴロ寝て過ごすか、イヤホン別途貸し出しのテレビがあるので、テレビを見たい人にはいいかもしれません。
それにしても、外から鍵がかけられないのが何とも中途半端な気がします。

実際、ワタシは寝るとき以外はほとんど部屋の外にいました。
それだけ船内はには居場所もあり、過ごしやすいと言うことではありますが。
これなら、1ランク下のツーリストA(列車の開放型B寝台のような感じ)でも充分だったかもしれません。


いずれにせよせっかくの昼間の船旅、室内にいるよりは、デッキで潮風を浴びながらビールを飲む、これがたまらんですな。

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

別に飲んだくれてる訳ではなく、ただのんびりと海を眺めるというのもいい気分。


夕陽は、デッキに出てきて写真を撮る人多数。
きれいな夕陽でした。

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅

そんなこんなで、あまり揺れることもない穏やかな航海で、退屈することなく定刻に敦賀に着きました。

日本海航路、未乗の舞鶴小樽航路も含め、また折に触れて乗りたいと思います。

・・・今年も夏企画でビンゴ大会がありました。
去年はベテランのおじさまが取り回していましたが、今年はクールビューティーなお姉さん(だから何だと言われると困るけど)。

去年は1等の3,000円船内利用券が当たったんですが、さすがに今年はリーチすらかからず。
そうそううまい話はありません・・・。

« 羽幌線代替バス | トップページ | 彼女について知ることのすべて »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/46362216

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本海フェリー 新造船「すいせん」の旅:

« 羽幌線代替バス | トップページ | 彼女について知ることのすべて »