サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大船渡線・大船渡駅周辺 | トップページ | 11年ぶりと24年ぶり »

2012年8月17日 (金)

三陸鉄道北リアス線

今日は、大船渡を6時に出るバスで釜石へ、さらに岩手船越乗り換えで宮古へ。
昨日の気仙沼から、鉄道が不通になっている区間をバスでつなぎました。

一番のネックは大船渡〜釜石で、バスは4往復。しかも午前中は早朝の1本だけとあって、早起きを余儀なくされました。
まあ、旅に出てれば早起きも苦にならないからいいんですが。

車窓からも震災の傷が見えるところがいくつもあり、とりわけ大槌町や山田町は、相当な惨状。釜石や宮古も至るところに傷が残っています。

さて、宮古からは久々の鉄道。
三陸鉄道北リアス線を、未だ不通の小本〜田野畑をバスでつないで久慈まで乗り通しました。

三陸鉄道北リアス線

小本までの列車には地元客やワタシのような個人旅行者に加え、はとバスの団体客とボランティアに行くらしい若者の集団で盛況。
ボランティア集団は田老で、はとバスツアーは小本まで乗っていました。

小本では田野畑ゆきと岩泉ゆきに接続。団体客は待機していたはとバスに、あとの人達は二手に別れ、目的地へ散りました。

田野畑ゆきバスは内陸部を経由したため、津波にさらわれた島越駅は通らず。

田野畑駅前の眼下にある平井賀の集落も、低地は目の前にある海の威力に流されていました。


三陸鉄道北リアス線

三陸鉄道北リアス線

久慈ゆきの列車は団体客もなく、静かに走行。

前回と今回の旅で車窓から見る海の景色は、とても1年5か月前に一変したとは思えないほど美しく見えました。

三陸鉄道北リアス線


久慈で八戸線に乗り換え、八戸へ。
これで前回の旅と合わせ、三陸海岸を列車とバスで縦貫したことになります。

やはり自分の身体で感じることは得難い経験で、今後もできるだけ機会を見つけて、三陸海岸沿いの街を歩いてみたいと思っています。

三陸鉄道北リアス線

« 大船渡線・大船渡駅周辺 | トップページ | 11年ぶりと24年ぶり »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/46725788

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸鉄道北リアス線:

« 大船渡線・大船渡駅周辺 | トップページ | 11年ぶりと24年ぶり »