サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 常磐線・代行バス区間から原ノ町へ | トップページ | 山代温泉でひと浴び »

2012年8月26日 (日)

常磐線・広野駅へ

昨夜は郡山泊。

磐越東線の始発でいわきへ出て常磐線に乗り換え、広野まで往復しました。

四ツ倉以北の海沿いを走る区間からは、震災の傷が見えましたが、広野駅は穏やかな雰囲気でした。

常磐線・広野駅へ

常磐線・広野駅へ

常磐線・広野駅へ

常磐線・広野駅へ


・・・昨日15時02分に原ノ町を出て、広野着が今日の8時14分。
常磐線で普通に南下できれば普通列車で約1時間のところ、途中下車しているとはいえこれだけの時間がかかっています。

不通区間に立ちはだかるのは、原発の警戒区域。
津波で被災した宮城・岩手の不通区間始め、台風や大雨による不通区間には、何らかの代替交通手段があります。
(長らく代替手段がなかった只見線只見〜大白川も、ようやく代行バスが走り出したとのこと。)

しかし常磐線広野〜原ノ町は代替手段がありません。
この間を移動しようとすれば、浜通りから中通りまで迂回せざるを得ません。

人災(私は福島第一原発についてはそう思っています)によって移動手段も絶たれているというのは、何とも理不尽です。

付言すれば、突然住み処を奪われた警戒区域の住民は、基本的人権を侵害されているんですが、政府や東電にはそんな意識はないんでしょうね。

・・・電車に揺られながら、改めてこんなことを考えていました。

« 常磐線・代行バス区間から原ノ町へ | トップページ | 山代温泉でひと浴び »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/46829098

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線・広野駅へ:

« 常磐線・代行バス区間から原ノ町へ | トップページ | 山代温泉でひと浴び »