サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

雑感~あおなみ線SLの実験走行について~

2月16日(土)・17日(日)の2日間、実験走行として、あおなみ線にSLが走りました。

20130224085213_2


目的はあおなみ線活性化策のひとつとして、定期運行に向けた検証を行うことですが、名古屋で27年ぶりにSLが走るということで大きな話題となりました。
結果、見学者は2日で約4万3千人。2日とも寒かったこともあって、予想の5万人を下回りました。一方、SL乗車への応募は1回200人×6回=1200人に対し、倍率100倍となる12万人。
イベントとしては、事故もなく終わり、まずまず成功だったと言えるでしょう。


私自身、2日ともSLを見物しました。
16日は名古屋からあおなみ線に乗って、ささしまライブ駅で降り、駅近くで。

20130216114715



17日は、ささしまライブ北側の歩道上で。

20130224075640

20130217101624


そしてもう1か所、中川区九重町の線路端に設けられた見学場所で。

20130224075703


20130224075730


名古屋駅周辺の高層ビル群をバックに走る姿はなかなか絵になりましたし、普段立ち入れない線路端のところで見ることができたのも良かったです。


反面、課題もいろいろと見えたのも事実。
実験走行から1週間経ってしまいましたが、感じたことを、思いつくまま述べてみます。

まず、あおなみ線名古屋駅で感じたのは、とにかく、警備員の数と撮影禁止の規制がやたらに多いこと。
安全第一であることは当然で、それなりの規制をかけることは必要ですが、目の前にSLが止まっているのに、「見るな・撮るな」と言われても無理でしょう。
だから見学場所を設けているのだ、ということなんでしょうが、危険防止のためのホームドアもあるわけですし、もうちょっと何とかならなかったのかと思います。
なので、走る電車の中からSLを撮る人多数。

20130224075811



また、あおなみ線の駅では撮影禁止ということで、ささしまライブ駅では、SLが来ない時間でも規制をかけたり、上りホーム(名古屋方面ゆき)で、あおなみ線の線路と反対側にある関西線・近鉄側にカメラを向けている人にまで、撮影を止めさせたりしていましたが、果たしてそこまでやる必要があるのか。ちょっとやりすぎと思います。

この2つのことから、あおなみ線はイベントでSLを走らせる環境にないと断ぜざるを得ません。

原因は、主催者側が慣れておらず、この手のイベントを回すノウハウがないと思えることに尽きます。

まあ、この地区で鉄道施設を舞台にした大きな鉄道イベントをあまりやらないゆえ、名鉄やJR東海に教えを乞うたとしても参考になるかは甚だ疑問ですが、最初に、乗客募集をハガキで行ったあたりで、当初の備えの甘さが見えています。
倍率が100倍にもなるとは思っていなかったんでしょうが、鉄道のイベントに慣れていれば、違う対応ができたのではないかと思います。

そもそも、主催者が楽しんでこのイベントを企画しているのかどうか。
端的に表れているのがあおなみ線各駅での画一的な対応で、規制から入るのはいかにもお役所的発想ですが、主催者としては、河村市長が相当意気込んでおり、予算も計上されたゆえ、とにかく走行実験だけはやらねば、という感じになってしまったのではないか、と思えます。


次に、走行実験の目的である、定期運行ができるかどうかということですが、現状ではあまりにも課題が多いと言わざるを得ません。

あおなみ線を運営する名古屋臨海高速鉄道は、当然ながら自前の機関車・客車・機関士を持っていません。
果たして、静態保存SLの修理や機関士の養成をどうするのか。
SLの運行や保守に携わった国鉄OBでもいればまだしも、全くゼロからのスタートというのは、かなり大変でしょう。

また、今回の走行実験でかかった経費は4000万と言われています。

SLや客車、機関士などをJR西日本から借りているので、その関係経費は結構な金額になるでしょうが、加えて、警備員が相当数いたので、警備にかかる経費がかなりのウェイトを占めているように思います。
定期運行になって、もの珍しさがなくなれば、警備に関する経費は下がるでしょう。

それ以上に、自前でやろうとする場合の経費・労力は莫大なものになります。
2日だけのイベントゆえ、4万3000人が集まったという側面もあるでしょうから、定期運行になった場合、果たして毎回どれだけの集客が見込め、どれだけの経済効果が見込めるのか。
経済効果がよほど高くなるか、そうでなければこの事業が名古屋市、あるいは名古屋市民にとって相当のメリットがあることを説明しないと、税金を投入して市の施策として行う説得力に欠けます。

さらに言えば、河村市長の発言が、「SLの定期走行やささしまライブ付近にSL博物館を建てて、名古屋を鉄道の聖地に」ということばかりになって、当初の目的であったはずの「あおなみ線の活性化」ということがあまり聞かれなくなったのもどうかと思います。
市長自身は、イベントを成功と評価し、ますます自分の構想に意を強くしたようですが・・・。


もうひとつ、走行実験の目的として、SLから出る煤煙の影響を測る、というのがありました。
今回の走行区間だと、おおむね平地を走るし、途中駅通過なら名古屋駅付近しか黒い煙は出ないような気がするので、それほど影響がないような気がします。実際はどうだったのかは関心事で、実験の結果が発表されるのを待ちたいところ。
煤煙の影響が大きければ、近隣住民の理解を得ることはかなり困難になるでしょう。


ともかくも、今回の走行実験、課題が見えたという点では大いに収穫があったと思います。
あとは、課題をしっかり整理して、冷静な結論が出ることを望みます。

2013年2月15日 (金)

明日、悲別で

20130215085955


表題は、昨夜観た演劇のタイトルです。


題名からピンとくる方もいるかと思いますが、脚本・演出は倉本聰の手によるもの。
演じるのは、彼が主宰した「富良野塾」の塾生を中心に構成する「富良野GROUP」のメンバーでした。


会場は、ウィンクあいちの大ホール。
かつての中小企業センターが建て替えられてできた施設で、研修を受けに来たことはありますが、ホールに入るのは初めて。
後方の席しか取れなかったんですが、なかなか観やすかったのは何より。


この「明日、悲別で」の原点は、29年前のテレビドラマ「昨日、悲別で」です。
私自身はこのドラマを観たことがありませんが、舞台になった街、北海道上砂川町には、高校1年生の時に行ったことがあります。
もっとも、町に行ったというよりは、上砂川町を走っていたJR函館本線上砂川支線に乗りに行ったという方が正確で、砂川からの列車で上砂川駅に着き、駅舎を眺めた後は、折り返し列車でそそくさと引き返しています。

上砂川駅は、「昨日、悲別で」のロケ地のひとつ。それゆえか、駅舎には、「悲別駅」の看板があるわ、駅名版の裏にも「悲別」と書いてあるわで、まるで「悲別」がこの駅の本当の名称のようだと感じたことははっきり覚えています。


で、舞台のほうですが、物凄いの一語。ほかに適当な言葉が出ません。

カーテンコールでは、倉本聰も登場し、半数くらいの人がスタンディングオベーション。(この人の姿を生で見られただけでも来た価値ありです)
私も気持ちとしては同じですが、逆にしばらく席から立ち上がれませんでした。


ストーリーは、簡単に説明すれば、悲別の炭鉱が閉山されたあと、離れ離れになった若者たちが、20年後の大みそかに悲別に集まり、先人が炭鉱に埋めたというタイムカプセルを探しに行くというもの。
これを軸に、福島原発や戦前の炭鉱での強制労働の問題などをからめ、「幸せとは」「希望とは」「ふるさととは」など、現代社会への強烈な問いかけを発しているように感じました。

演じたメンバーは熱演で、倉本聰の演出にしっかり応えているという印象でした。
せりふ回しもよく、劇中、スローモーションや静止といった、かなりハードな演技を要求されていましたが、きっちりこなしていたあたり、相当鍛えられたことがうかがえます。

劇中歌も、「アメイジング・グレイス」と「22才の別れ」(この曲は「昨日、悲別で」のエンディングテーマでもあります)、をメインに、タイトルは分かりませんでしたが長渕剛の曲なども印象的に使われていて、効果大。


想像以上に心を揺さぶられた舞台でした。

2013年2月10日 (日)

日展とクリムト

日展とクリムト
日展とクリムト
愛知県美術館で開催中の2つの展覧会を観てきました。

「日展 東海展」は、毎年足を運んでいるもの。
近年、日本画か洋画に、鉄道のある風景を描いた作品が出ていましたが、今年はなし。
個人的には、絵画は足を留めて眺めたくなるものが少なく、いささか残念でした。
風景画が少なく感じたのも一因です。

その中で秀逸は、名駅モード学園のビルを俯瞰した構図で、雪の日の風景を描いた日本画。
日本画らしい繊細なタッチが良く、やはり観覧者の人気が高いようで、この作品の絵はがきは売り切れていました。

日本画、洋画の他には、彫刻、書、工芸美術の分野から作品が集まっています。

彫刻には興味が薄いので、ざっと見た程度。
書は、かつては書いてある文字が読めないとつまらないと思っていました。
でもある時期から、紙と墨が織り成す様式美だと思って観ると、それなりに味わえるようになりました。

面白いのは工芸美術で、紙やガラス、漆に金属、パッチワークなど、毎年美しく、かつバラエティーに富んだ作品で楽しめます。
こちらは今年も期待どおりでした。



「クリムト」は、たまたま券をいただいたので観てみました。

クリムトは、ウィーンの世紀末美術を代表する画家だそうで、今回の展覧会は、彼の生誕150年と、愛知県美術館開館20周年を記念して開催した由。

日展よりも観覧者が多く、かなりの混雑の中で観ましたが、クリムトの手によるポスターとか、ウィーン工房のジュエリーとか、いくつか興味をそそる作品があったものの、全体にはあまり食いつけず。
まあ、これは人それぞれで、あくまでワタシの個人的な好みには合わなかったということに過ぎません。

なお、いずれの展覧会も、開催は明日までです。

2013年2月 9日 (土)

「『中学生日記』 国際エミー賞最優秀賞受賞」のニュースに接して

今日のNHKニュースから

「中学生日記」国際エミー賞最優秀賞に

世界の優れたテレビ番組に贈られる国際エミー賞の「子ども向けシリーズドラマ部門」で、NHKの「中学生日記」が最優秀賞に選ばれました。


※2013.3.10補足
上記ニュースのリンクが切れたので、代わりの記事を。

NHKアーカイブスブログ「アカイさんノート」
2013.2.15付記事「『中学生日記』 国際エミー賞受賞!」
http://www.nhk.or.jp/archives-blog/info/146828.html



「中学生日記」は、昨年3月までNHKで40年にわたって放送されてきた番組。

終了が決まった時には、惜しむ声が報道で紹介されていたが、私自身、今回のニュースを、番組終了のニュースともども、感慨深く聞いた者のひとりである。

なぜなら、かつてこの番組に出演していた経験を持つからだ。


出演していたのは、中学3年生と高校1年生の時だから、もう四半世紀前、昭和の時代のこと。

オーディションを受けたのは中学2年生の時。テレビの舞台裏を見てみたい、というのが動機で、どうしても合格したい、という強い思いがあったわけではなかったのだが、なぜか合格してしまった。

放送自体は毎週(当時は総合テレビで日曜13時から13時30分)あるが、生徒役は毎回代わるので、出演回数は年に3~4回くらいだったと思う。

出演が決まると、修学旅行のような、泊まりを含む学校行事以外の理由では断れなかった覚えがある。(テスト前などというのではダメ)
出演時のスケジュールは、火曜日から金曜日まで、18時から台本読み・立ち稽古・リハーサルを重ねて、土曜か日曜が本番の収録。
また、ロケがあると、次の週末に行われるので、2週にわたって取り組むことになる。

合格後の説明会で最初に言われたのは、「皆さんは仕事に来ているんだ」ということだったが、事実、私にとっては仕事をするということの一端に初めて触れた機会だった。

仕事とはいっても、総じて楽しい思い出のほうが多い。出演のお呼びがかかるとやはり嬉しく、NHKへ通うのも楽しみだった。
見るもの聞くもの、すべてが初めてのことで、応募の動機を満たすには十分すぎる環境だったし、いつもと違う同世代の人たちと交わることも楽しかった。

ちなみに、特に嬉しかったことが2つあり、ひとつは出演料が出たこと。結構な金額を戴いたように思う。もうひとつは、終了時間が遅くなると、タクシーで自宅まで帰るという贅沢な経験ができたこと。
この2つは、自分が何だか大人になったような感じがしたものである。


・・・1度だけ、準主役級の役をいただいたことがある。女子生徒メインの内容だったが、なぜか男子の中で一番重い役に選ばれた。

嬉しかったのも束の間、泣く演技やらナレーションやらの要求は容赦なく、かなり苦労したのも今となっては貴重な経験。

ここで自信がついていれば、今頃別の道を歩んでいたかもしれないが(笑)、幸か不幸か己の才能のなさを悟ったわけで。

この作品だけは録画してあって、2年前に久しぶりに観る機会があったのだが、まさに汗顔の至り。

我が家のテレビを地デジ対応に変えたときに、DVDしか観られない環境になってしまったので、VHS録画してある現状では我が家では観ることができない。
DVDに録り直しておかないといけないとは思うのだが、手付かずである。


↓自宅に残っている台本など。台本はほとんどが手書き。

20130209082857

2013年2月 3日 (日)

山形で板そば

山形で板そば

今日は、仙台から「リゾートみのり」で新庄へ出て山形へ、という計画が崩れました。

天気はいいものの、強風の影響で東北線のダイヤが乱れ、リゾートみのりもいつ来るか分からない状況。
やむを得ず見切りをつけ、定時に動いていた仙山線に転進した次第。
(付言すれば、仙台駅の案内放送は全くなっておらず、適切な情報の出し方が分かってないのは情けない限り。)


さて、山形駅に定刻に着き、驚く程雪の少ない市内を10分くらい歩いて、「そば処  三津屋」で昼食としました。

注文したのは、半板そばの盛り込みとかしわのつけ汁。

大板そばは12玉、半板そばは6玉で、盛り込みは半板そばに2玉加えた8玉。

山形で板そば

パッと見た感じでは大したことなかろうと思ったものの、意外に1玉のボリュームがあって、完食しましたが、大板そばにしなくてよかったという感じです。
20代の頃なら、間違いなく大板そばを完食していたでしょうが・・・。

かしわのつけ汁は、つけ汁としてよりは箸休めとして食し、そばともどもおいしくいただきました。

2013年2月 2日 (土)

秋田新幹線E6系試乗会

秋田新幹線E6系試乗会


3月16日のダイヤ改正で「スーパーこまち」としてデビューする、秋田新幹線E6系の試乗会に参加しました。

そもそも今回の旅は、この試乗会の抽選に当たったことからバタバタと計画したもの。
どうせ当たりっこないと思って、申し込んだことすら忘れていたんですが、せっかくの幸運を無駄にはできません。

秋田新幹線E6系試乗会

試乗区間は大宮〜仙台間。
今日と明日で上り下り合わせて10便設定されていたようで、ワタシが当選したのは今日の大宮発第2便でした。


当選者の顔ぶれを見てみると、マニアな人たちだけでなく、家族連れや幅広い世代のカップルと様々。
入線後、先頭車両を撮ろうとみんなが集まりますが、一番張り切っていたのは、車両をバックに家族を撮ろうとするお父さん達でした。

ワタシも人混みの切れ間を突いて何とか先頭車両を撮影。
先頭車両の形はE5系と同じと思いますが、赤のアクセントがあることで、かなりカッコよく見えます。

秋田新幹線E6系試乗会

20130209094252



さて、列車は宇都宮を過ぎると、売りである時速300km運転に突入。
正直あまりピンと来ず、時速275kmから300kmに加速するときに実況放送があって認識した程度。
つまりは、揺れることなくスムーズに加速したということでしょうか。

秋田新幹線E6系試乗会

乗り心地は非常に良く、仙台まであっという間の1時間9分。
快適なひとときでした。


↓受付時に配られた、記念品が入った袋と乗車証(乗車証は下車時に回収)

20130209083819


↓袋の中身。車両紹介のパンフレットに、クリアフォルダーとブックカバー。

20130209083246



今夜は仙台泊とし、夕食は「利休」で牛たん1.5人前定食。
こちらも堪能しました。

秋田新幹線E6系試乗会

渋温泉

昨夜は、渋温泉「玉久旅館」泊。

渋温泉


渋温泉は未訪だったので、早めに宿に入り、外湯めぐりへ。
9つの外湯をすべて巡り、最後に高薬師に詣でると満願成就とか。
各湯のスタンプが押せる手拭いも売っており、巡る意欲が増します(笑)

ちなみに、外湯はカギつきで、日中の九番湯(大湯)を除き、地元の人と宿泊客しか入れません。ワタシが泊まった宿では、カギが部屋に備え付けてあり、気楽に出掛けられて便利でした。
外湯の入浴に制限がある分、日帰り入浴を受け付けている宿は多いようです。

さて、外湯巡りは、夕食前に5つ、夕食後、朝食前に2つずつまわり、宿を出た後に高薬師に詣でて完訪。

渋温泉

渋温泉

旅館の内湯にも寝る前と朝に入っており、まさに温泉三昧。めでたく満願成就といきたいものです。

渋温泉


お湯はどれも熱めで、水で埋めないと入れないくらいのところもありますが、総じてさっぱりとして気持ちいいもの。
(それでも、一番湯と二番湯は熱くて湯船につかれず、埋めながらかけ湯をして済ませましたが・・・。)
熱いと長湯ができないので、数多くまわるにはかえっていいのかもしれません。

温泉街は、石畳の狭い道の両側に店や宿が立ち並ぶなかなかの風情で、たちまち気に入ってしまいました。

渋温泉

・・・昨夜の「玉久旅館」は、宿泊客はワタシだけ。何だか申し訳ないようですが、逆に土曜日の今夜は満室とか。
確かに外湯めぐりをしていても、当方と同じように浴衣で歩く人は何組か見かけましたが、大半の外湯が貸し切り状態。

ともかく、食事は丁寧に作ってあってどれもおいしく、内湯も熱いものの上々で、のんびり過ごせました。
出発時に、温かい饅頭を出してくれたのは感激。

いい旅の序盤となっています。


p.s. 昨日、今日と寒さがかなり緩んでおり、あまり冬の長野にいる感じがしません。
外を歩くにはありがたいですが・・・

 

2013年2月 1日 (金)

松本散歩

今日は休みを取って、旅立ちました。

まずは名古屋からしなの1号で松本へ。
松本は好きな街のひとつで、何度も来てますが、平日に来たのは初めてです。

平日ということで、郵便局をまわって旅行貯金しながら、旧開智学校や松本城界隈をぶらぶら歩きました。

松本散歩


松本城は、平日でもさすがに人が多く、関西の高校生の修学旅行の団体や、中国人のグループ(関西とか、中国人とかは、聞こえてくる会話からの推測)で結構な賑わい。

松本散歩

松本散歩



早めの昼食は、女鳥羽そばで口開けの客になりました。
ここへ来たのも久しぶりで、以前と場所が変わっているようです。

松本散歩

変わらないのはそばの味で、ざるそばをおいしくいただきました。
(2枚とはいえ、やや量は上品ですが・・・)

松本散歩


これで帰るのなら、開運堂で菓子を買うところですが、今日は店の前を通り過ぎただけで駅へ戻り、旅を続けます。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »