サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 対馬〜名古屋 フェリー&新幹線の帰路 | トップページ | 2013大相撲夏場所初日観戦 »

2013年5月11日 (土)

観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜


今日は雨。

この週末は東京滞在です。

今日は観劇で、まずは先月新装成った歌舞伎座へ。
「柿葺落五月大歌舞伎」上演中です。

観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜

在京の友人が「一度歌舞伎が観てみたい」と2枚見込み買いして、私に声をかけてくれた由。
ありがたいことです。

さて、歌舞伎座には初めて来ましたが、入ったときにあまり広さは感じないものの、とても華やかな雰囲気。
舞台はさすがに歌舞伎の殿堂、といった貫禄のたたずまいをみせていました。

観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜

観たのは、第一部のうち、「鶴亀」「菅原伝授手習鑑  寺子屋」の二幕。

「鶴亀」は、文字どおり、柿落としにふさわしい、めでたく、優雅な舞。
梅玉・橋之助・翫雀が魅せました。

「寺子屋」は、義太夫狂言(人形浄瑠璃から歌舞伎に取り入れられたもの)の名作と言われています。
菅原道真への忠義や、子を思う親の心情といったものを、哀しくも感動的に魅せる舞台。
「すまじきものは宮仕え」という台詞が出るのはこの一幕です。

舞台は幸四郎が圧倒的な存在感。また、三津五郎との丁々発止のやり取りは迫力があり、見応えがありました。

観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜

(↑プログラムと、歌舞伎座土産のせんべいなど)


第一部は、もう一幕、「三人吉三巴白浪」があり、菊五郎・仁左衛門・幸四郎の豪華共演に加え、「こいつあ春から縁起がいいわえ」という名台詞もある必見の舞台ですが、残念ながら私は観ずに歌舞伎座を後に。


赤坂で14時開始の芝居を観るためです。


観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜

もともと、こちらの予定を先に入れ、チケットも買っていたところへ、歌舞伎座観劇を突っ込んだので、やむを得ません。

赤坂で観たのは、「完全姉妹」。
真野響子・眞野あずさ姉妹による二人芝居で、今日が初日でした。

観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜

小さな劇場で、前から3列目に座ったこともあって、演者が間近に見えました。
眞野あずさはテレビで観る以上の美しさ。

2人とも芝居は巧く、実の姉妹の息の合ったテンポのよい台詞回しと、ストーリーの面白さであっという間の1時間半。

また、舞台転換に、引っ越し業者風の3人の男が登場し、パントマイムで小ネタを見せ、アクセントをつけていたのが面白かったです。

東京へ来る価値が充分すぎる程あった一日でした。

« 対馬〜名古屋 フェリー&新幹線の帰路 | トップページ | 2013大相撲夏場所初日観戦 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇のはしご 〜歌舞伎座・赤坂〜:

« 対馬〜名古屋 フェリー&新幹線の帰路 | トップページ | 2013大相撲夏場所初日観戦 »