サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富山から室堂へ | トップページ | 雨の黒部ダム »

2013年7月 7日 (日)

みくりが池温泉

みくりが池温泉


昨夜の宿は、室堂にある「みくりが池温泉」。
標高2,410に位置し、日本一高所の温泉と称しています。

みくりが池温泉

室堂駅から、視界があまりよくない中を歩いて10分少々。
着いたのは15時過ぎでしたが、16時を過ぎたあたりからかなりの雨が。
降られずに宿に入れて、やれやれ。

泊まった部屋は、2段ベッドが4つある相部屋で、山小屋の趣。
もちろんテレビはなく、雨では外もぶらつけずで、ベッドに横になりながらのんびりするのみ。
まあ、これはこれで良いひとときではあります。

でも夕食が終わると、食堂が開放され、談話室のように使われていまして、テレビもありました。


天気がよければ20時から星空観賞会があったらしいですが、雨ではどうしようもなく、代わりにスライドを使った解説の会が20時過ぎから開かれました。
30分くらいの時間でしたが、観衆の集まりもよく、晴れの日にまた来たくなるような内容でした。


宿はなかなかの賑わい。
山登りをしそうな感じの人が多数で、温泉が主目的の客は少数派の様子。

実際、夕食会場に行ったら、浴衣姿は私だけ。かなり浮いてました。
浴衣は有料レンタルということもあるのかもしれませんが…。
(ちなみに、バスタオルも有料レンタル、私は持ってるので買いませんでしたが、タオルや歯ブラシも販売品。)

夕食はおいしく、別に馬刺とげんげ(漢字では「幻魚」と書く、富山湾で捕れる深海魚)の唐揚げを頼んでゴキゲン。

みくりが池温泉


みくりが池温泉


洗面所の水始め、館内では立山のおいしい水が飲めます。
水がいいのと、米どころ富山というのもあってか、ごはんもことのほかおいしく感じました。

温泉は白濁色の単純硫黄泉。
小振りな浴場でしたが、お湯は気持ちよく上々。

みくりが池温泉

夜は早く、日付の変わる前に就寝という、極めて健全な一夜となりました。


朝食はバイキング。6時から8時という早めの設定で、みんな朝早くから始動していました。
私も流れに乗り、すっきり目覚め、朝湯・食事はいつもの温泉泊より早い時間に。

やはり早寝早起きは気持ちいいもんだ、と改めて感じた次第。

といっても、普段はなかなか実践できませんが…。

« 富山から室堂へ | トップページ | 雨の黒部ダム »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/52345089

この記事へのトラックバック一覧です: みくりが池温泉:

« 富山から室堂へ | トップページ | 雨の黒部ダム »