サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 27年ぶり、悲別へ | トップページ | 旭岳温泉 »

2014年5月 3日 (土)

秘境駅・小幌へ

秘境駅・小幌へ


今日の目的地は、一度行ってみたかった室蘭本線小幌駅。
その筋の人には、「秘境駅」として知られているところです。

昨日突如思いついたんですが、ただでさえ少ない普通列車なのに、小幌通過のものがあって、行程づくりに一苦労。

苫小牧か東室蘭を早朝に出るとそこそこ滞在時間がとれるんですが、お得な「一日散歩きっぷ」は南千歳以南では売っておらず、前売りもないので断念。

結局小樽に泊まり、長万部経由で小幌を目指すことにしました。
滞在時間わずか8分ですが、やむを得ません。

でも、函館本線山線区間を冬以外の季節にたどるのは久しぶりだったので、こちらの楽しみはありました。

長万部で2時間待ち、小幌通過の東室蘭ゆきに乗り、有珠で折り返して小幌へ。
何とか持っていた天気も、降りる頃までは持たず、雨の中下車するはめになったのは計算外でした。

降りたのは、夫妻とおぼしき中年のお二人と私。

驚いたのは、駅横にある小屋の下で、中高年の男女8人が雨宿りしてたこと。
格好から察するに、午前の列車で来て、周囲を歩いていた様子です。

秘境駅・小幌へ


ゆえに、人が多い割にはいかにもその筋、という風体の人がいないという、この手の場所にしてはある意味珍しい客層ではありました。

ちなみに、8分後の東室蘭ゆきには全員が乗り、降りた人はゼロ。

秘境駅・小幌へ


短時間かつ雨降りでしっかりと観察はできなかったものの、駅の両側がすぐトンネルというたたずまいは、確かに秘境と言うにふさわしいものでした。

秘境駅・小幌へ

秘境駅・小幌へ


一度降りる価値はあると思います。
できれば、もう少し長い時間がとれ、かつ雨でないときに再訪したいものです。

« 27年ぶり、悲別へ | トップページ | 旭岳温泉 »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/56045472

この記事へのトラックバック一覧です: 秘境駅・小幌へ:

« 27年ぶり、悲別へ | トップページ | 旭岳温泉 »