サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旭岳展望 | トップページ | GW最終日は船旅 »

2014年5月 5日 (月)

旧神居古潭駅

今回の旅最後の目的地は、旭川市にある函館線・旧神居古潭駅。
1968年の函館線電化に伴う線路の付け替えによって廃止となった駅で、一度行ってみたかった場所のひとつです。

旭川から深川ゆきのバスに乗って神居古潭で下車すると、運転手から「横断歩道がないので、気をつけて渡ってください」との声が。
時折、同じ目的の人が来るのでしょうね。

運転手が声をかけるのも道理、国道12号線を車が双方向から来ること来ること。
何とか隙を見て渡りましたが、結構飛ばしてくるので、気を付けないと危険ではあります。


さて、神居古潭自体は景勝地ゆえ、車で来てる人は意外に多くいました。

駅跡へは、石狩川に架かる吊り橋を渡って行きますが、遠くからでもホーム跡などが見え、なかなか雰囲気があります。

旧神居古潭駅


駅舎とトイレの建物は旭川市の指定文化財になっていますが、復元ゆえありがたみが薄れるのは残念。

旧神居古潭駅


でも残されたホームを始め、サイクリングロードとなった線路跡などは風情があり、歩いていると往時がよみがえるようです。

旧神居古潭駅

旧神居古潭駅

旧神居古潭駅


ここで思い出すのが、川沿いの景色の美しさと、電化に伴う線路の付け替えによって廃止という共通点を持った山陰線旧線のこと。
あちらは嵯峨野観光鉄道としてよみがえりましたが、この線も同じようになっていたら…と想像してしまいます。

半世紀前ではそういう発想はなかったでしょうから、やむを得ないとは思いますが、実際にこの地に立ってみると、もったいなかったなと感じずにはいられません。

その分、苦労して(?)訪れる人を引き付ける魅力があるということでしょうか。

行くだけの価値はある場所です。

« 旭岳展望 | トップページ | GW最終日は船旅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/56071757

この記事へのトラックバック一覧です: 旧神居古潭駅:

« 旭岳展望 | トップページ | GW最終日は船旅 »