サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全線運行再開・三陸鉄道南リアス線 | トップページ | 夢の超特急展 »

2014年8月10日 (日)

SL銀河

釜石から乗ったのは、SL銀河。

SL銀河



1か月前の発売開始日には取れなかったものの、毎日執念深くアタックしていたら、10日くらいして確保できました。
やっぱり「あきらめちゃダメ! 指定券」。


さて、釜石から花巻までは4時間半の道中でしたが、退屈することなく過ごしました。

遠野の1時間超始め、各駅の停車時間が長めなのが良く、遠野では街をぐるっとひとまわりしたほか、各駅では外の空気を吸いました。

乗客はみんな雨にも負けず、停車の度に機関車の前で撮影タイムを展開。
最近は長時間停車する列車がないので、こうした楽しみは貴重です。



陸中大橋や宮守など、昔ながらの雰囲気を持つ駅には、蒸気機関車がよく似合います。

SL銀河



乗客は概ね遠野で入れ替わり。
クラブツーリズムの団体のほか、花巻から来て戻る人、釜石へ折り返す人と、3パターン。
さすがに新花巻下車は多かったものの、乗ってくる人もあって、花巻まで結構な賑わいでした。



車内は「銀河鉄道の夜」をイメージし、宮沢賢治の世界で彩られ、各車両にある展示品を見て歩いて楽しめます。

SL銀河




プラネタリウムもあって、整理券方式で1回10分、10人定員。
見てみましたが、意外に(と言っては失礼だけど)魅せる内容でした。

SL銀河




また、乗車記念として釜石の改札ではしおりが、車内改札時にはカードが配られまして、なかなか手厚いもてなし。

SL銀河




もてなしといえば、沿線には撮影の人だけでなく、家から出てきて笑顔で手を振る地元の人多数。
雨にもかかわらず、外へ出て手を振ってくれる姿には心動かされるものがありました。


SL銀河、なかなか楽しいです。
指定券争奪戦が激しいのが難点ではありますが、一度乗られることをオススメします。



・・・名古屋への帰りは、いわて花巻空港からのFDA小牧便を選択。
台風の影響をかなり受けたようで、搭乗予定の1本前は欠航。
搭乗便は15分遅れで済みました。

一応新幹線で帰ることも視野に、東北新幹線の指定券だけは今朝えきねっとで押さえましたが、使わずに済んでやれやれ。

« 全線運行再開・三陸鉄道南リアス線 | トップページ | 夢の超特急展 »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/57046063

この記事へのトラックバック一覧です: SL銀河:

« 全線運行再開・三陸鉄道南リアス線 | トップページ | 夢の超特急展 »