サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 陸前高田市の震災遺構 | トップページ | 北陸への小さな旅 »

2014年9月 6日 (土)

NIPPONパノラマ大紀行

NIPPONパノラマ大紀行


名古屋市博物館で開催中の、表題の展覧会を観てきました。


大正から昭和初期の全国各地のガイドブック的な鳥瞰図やポスターが集まって、なかなか面白い企画。


富士山や伊勢神宮、比叡山、別府といったメジャーどころだけでなく、父方の在所である大牟田や、飯塚という炭鉱街や、昭和三陸津波後の志津川町のものもありました。

NIPPONパノラマ大紀行


NIPPONパノラマ大紀行


さて、この展覧会、テツな人たちの入場がとっても多いそうです。

鳥瞰図はハンドサイズで、展示品はガラスケースに入ってるので、この種の人の習性として細かい字を読もうとしてケースにかぶりつく勢いだとか。

まあ、気持ちはよく分かりますが(笑)

で、図録のDVDがよく売れているそうです。
これならパソコンで拡大でき、小さな字も見えるということですね。(会場で実際に試し見が可能)

今月15日までなので、気になる方はぜひどうぞ。

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji140726.html

なお、常設展では、伊勢湾台風から55年を迎えることにちなんで、「伊勢湾台風55年 白水小学校の記録から」と題し、当時の小学生が書いた作文や絵の一部が公開されています。

NIPPONパノラマ大紀行

こちらは今月28日まで。子どもが感じた台風というものがストレートに伝わってきます。


・・・白水小学校は私の母校です。
でも、在学時はこのような作文や絵があることも知らず、台風について学校で教わることもありませんでした。

思うに、私の親世代は伊勢湾台風の直接の体験者なので、改めて学校で取り上げる必要性を感じなかったのかもしれません。

現在は、授業の中で、体験者が児童に当時のことを語る機会を設けているそうです。

« 陸前高田市の震災遺構 | トップページ | 北陸への小さな旅 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NIPPONパノラマ大紀行:

« 陸前高田市の震災遺構 | トップページ | 北陸への小さな旅 »