サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸への小さな旅 | トップページ | 新穂高温泉・水明館佳留萱山荘 »

2014年9月14日 (日)

連休はキャンプから新穂高へ

9月の3連休は、リフレッシュの旅。

昨日は、職場関係の方にお誘いいただき、岐阜県山県市のキャンプ場へ。
昨年来、私の春と夏の恒例となりました。

連休はキャンプから新穂高へ


食材はみんなで持ち寄り、飲み物は各自の体力に合わせて、というスタイルで、格安に楽しめます。

連休はキャンプから新穂高へ

昼間から飲み食いし、夜まで炭火を囲んで楽しい一夜。
キャンプ場は盛況で、キャンプファイヤーや花火をやってる人達もいて、思い思いに楽しんでいた様子です。

天気は良く、夜も涼しく快適。
長袖や防寒着は無用でした。


朝も爽やかで、山から太陽が顔を見せるとたちまち汗ばむほどに。
撤収後、関市の人工温泉で汗を流して解散。
私はレンタカーを高山へ走らせます。


東海北陸道は、最初は快調だったものの、1車線になる白鳥の手前から渋滞し、抜けるのに小一時間。
高山市内も混雑していて、かなりの時間がかかったのは誤算。
さすがに連休中、といったところでしょうか。


高山からはバス旅で、新穂高を目指しました。
予定より1時間後のバスになり、おまけに昼食もとりそびれ、車中でパンをぼそぼそかじる羽目に。


新穂高周辺は駐車場からあぶれたクルマが路上駐車している数が半端じゃなく、酷い状況。
バスが通れずに迂回する箇所がある始末で、何とかして欲しいものです。


さて、新穂高ロープウェイは、11年ぶりの乗車。

こちらもご多分に漏れず盛況で、大急ぎで2本のロープウェイを乗り継ぎ、西穂高口まで往復しました。

連休はキャンプから新穂高へ

西穂高口駅の展望台からの眺めは、雲がかかっているものの、悪くはありません。

連休はキャンプから新穂高へ

連休はキャンプから新穂高へ

残念ながら時間がなく、滞在10分で引き返し。
2階建ての第2ロープウェイを、行きは2階、帰りは1階と乗り分けてみたのはせめてものアクセント。


今宵は、これまた11年ぶりの新穂高温泉泊。
宿は違いますが、温泉三昧の一夜を過ごすことになりそうです。

« 北陸への小さな旅 | トップページ | 新穂高温泉・水明館佳留萱山荘 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/57373088

この記事へのトラックバック一覧です: 連休はキャンプから新穂高へ:

« 北陸への小さな旅 | トップページ | 新穂高温泉・水明館佳留萱山荘 »