サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」 | トップページ | 歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 »

2014年11月15日 (土)

紫式部ダイアリー

紫式部ダイアリー


今夜は久々の観劇。
渋谷のPARCO劇場で「紫式部ダイアリー」を観ました。


今回の上京は、もともとこの芝居のチケットがとれたことから予定したものです。

三谷幸喜脚本で、斉藤由貴と長澤まさみの2人芝居という、観る前から楽しみな陣容。
(斉藤由貴は、私がたぶん最初に好きになったアイドルかもしれません。まあ、どうでもいいですが。)


斉藤由貴が清少納言を、長澤まさみが紫式部を演じますが、時代は平安時代ではなく、名前と設定だけは残して、女性作家2人の現代劇になっています。


2人の掛け合いは、時に激しくぶつかり、時に笑いを呼び、時にスリリングにと、見応えがあり、あっという間の1時間45分でした。
やはり三谷幸喜脚本は面白い。


斉藤由貴の舞台は「レ・ミゼラブル」や「君となら」で観たことがありますが、長澤まさみは初見。

ゆえに、長澤まさみの出来に注目していましたが、予想以上に良く、声も通るし、結構舞台向きかもしれません。
それを斉藤由貴が受け止めて渡り合い、いい舞台になっていたように思います。


↓公演のパンフ。なかなかシックな作り。
紫式部ダイアリー

« 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」 | トップページ | 歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部ダイアリー:

« 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」 | トップページ | 歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 »