サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」 | トップページ | 名古屋音楽大学 第38回オーケストラ定期演奏会 »

2014年12月 6日 (土)

吉良ですが、なにか?

吉良ですが、なにか?


午後は下北沢の本多劇場で観劇。

タイトルと、三谷幸喜脚本、そして伊東四朗生誕?!77周年記念という副題で、これは絶対面白いと直感して観に行った次第。


下北沢で降りたのも、本多劇場も初。
下北沢は狭い路地に人や店が多く、小劇場もいくつかある、なかなか面白い場所。

本多劇場も小規模で、舞台と客席の距離が近く、演者を身近に感じることができる、いい劇場だと思いました。


吉良ですが、なにか?


さて内容ですが、モチーフは忠臣蔵にあり、伊東四朗が吉良上野介を演じています。

設定や話の展開はコメディで、キャストが豪華かつ全員はまり役でとにかく面白く、ラストは「そう来たか」という、納得のオチ。



カーテンコールでは伊東四朗が前日の観客のアンケートをいくつか紹介しながら話し、ちょっとしたトークショー。

アンケートに書かれた内容も面白いですが、伊東四朗の話しぶりもさすがで、最後まで楽しめた舞台でした。

なお、本人いわく、千秋楽は赤穂浪士討ち入りの日である12月14日ですが、この日は総選挙。そして開幕の日は解散の日という、「覚えやすい日程になりました」とのこと。


ちなみに協賛は伊東四朗がCMに出てるヤクルトと白子のりですが、そのせいかエコバッグはくれるし、帰りにはタフマン1本サービスされるしと、こちらも豪華でした。

吉良ですが、なにか?

« 石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」 | トップページ | 名古屋音楽大学 第38回オーケストラ定期演奏会 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/58195135

この記事へのトラックバック一覧です: 吉良ですが、なにか?:

« 石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」 | トップページ | 名古屋音楽大学 第38回オーケストラ定期演奏会 »